本日 861 人 - 昨日 546 人 - 累計 555158 人
  • 記事検索

RSS
先日、放射能測定検査で熊本県産干し椎茸(原木も熊本県産)の測定を16時間(C.精密検査)行いました。


検体の重量は82.7gで57,600秒の測定結果はこちらです。

ShitakeKumamoto612-16h
検体にはK-40が多く含まれる事から、ノーマルのバックグランドでは数値が過剰になってしまいますので無汚染のK-40が含まれたバックグランドを使用しています。

詳しくはK40が高い検体の測定例を参照下さい。


スペクトルを見ますとCs-137 662Kev近辺に明確なピークが見えます。
しかし測定結果は1Bq/kg以下の表示なので定量下限値未満。
測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gの為に重量換算で下限値は約3.9Bq/kgになります。
3.9Bq/kg定量下限値未満と結果報告をさせて頂きました。

後日、気になったので再度この検体を測定してみました。
iFKR-ZIP-Aのメーカー公表の測定下限値は10時間で1Bq/kg、その半分の0.5Bq/kgまで検出下限を下げるには理論上は40時間の測定が必要です。

下が同じ検体の40時間のスペクトルです。


ShitakKumamoto623-40h

やはりCs137 662Kev近辺には明確なピークがありCs-137の数値は0.9Bq/kgになっている事から検出と判断しました。重量換算から約3.5Bq/kg

Cs-134は明確なピークはなく表記もマイナスになっている事から福島第一原子力発電所由来のセシウムではない可能性が高いと思います。

iFKR-ZIP-A長時間測定すればする程、微量の汚染まで選別出来ます。

iFKR-ZIP-Aのメーカーである株式会社シンメトリックス(=SMTX社)の技術の結晶です。
SMTX社では放射能測定器はもちろん原発から放出されたほどんどの核種が
分析出来る蛍光X線分析器の開発も行っております。
放射能測定器と比べると高額ですが、例えば同一試料にPu239、Pu238、Sr-90などが含まれていた場合はそれぞれの分析が可能です。
試料の量は放射能測定器に比べるとわずかで分析可能です。
例えば、乳歯のストロンチウム分析、お米のカドミウム、ヒ素、水銀などの分析が出来る事は特筆すべきだと思います。


弊社が販売店をさせて頂いているメーカーの株式会社シンメトリックス社は世界最高水準の測定器の開発を行っております。株式会社シンメトリックス社(=SMTX社)の野中修二社長は研究機関の放射線測定器、放射能測定器、蛍光X線分析器などの開発に45年以上、携わってきた世界トップレベルの技術者で、蛍光X線分析装置はX線検出器からX線発生装置、MCA、分析プログラムまですべて自社で開発出来るのが最大の強みです。
ゲルマ二ウム半導体検出器における測定の指針、原案にも携わった方です。


その為、産総研、高エネルギー加速器研究機構など研究機関などへ納入実績もあり、放医研などで多くの国家プロジェクトにも携わった実績も特筆すべきです。
高度なアナログ回路設計、組立技術は多くの分野において最もボトムネックになっている分野であり、現実的に数十年技術革新は行われておりません。
フェムトアンペアを扱える卓越したアナログ回路技術を保有している事も特筆すべきです。


HP

取引先(敬称略):(独)産業技術総合研究所、(独)高エネルギー加速器研究機構、Spring-8、大手企業研究所 他 大学及び研究機関
関連会社:株式会社ラボラトリーイクイップメントコーポレーション、株式会社アイ・ピイ・アイ

詳しい説明をご希望の方はSMTX社の野中修二社長に是非、直接会って頂きたいと存じます。
東京の弊社よりメーカーまでご案内致しますのでお気軽にご連絡をお願い致します。

電話でのお問い合わせもお気軽にお願い致します。


担当:鈴木
☎03-5629-6977
| 11:34 | 未分類

水道水のセシウム除去に特化した セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01をご使用頂いている千葉県柏市にお住まいのユーザー様のご使用済みのカートリッジの中身を取り出し測定を行いました。

上部に入っている人工ゼオライト(50g)及び下部に入っている天然ゼオライト+活性炭(50g+30g)のそれぞれの測定を行いました。


カートリッジの内部構造は下記をご参照下さい。

CDSW-01img_c

フィルター1を通過したお湯は人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に天然ゼオライト、活性炭が入った2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。

今回測定させて頂いたユーザー様のご使用期間はH29.8.7〜H30.6.15日で一日のご使用量は約15分で150L、合計通水量は46,800L



(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム


人工ゼオライト約50gの測定を2018年6月25日に2時間行いました。

NZKashiwa625-2h
表示は Cs-All 31Bq/kg

換算値はCs-All 198.4Bq/kg

*放射能測定器のiFKR-ZIP-A基本検体量は320gですので、6.4倍が換算値です。


(2)天然ゼオライトと活性炭が吸着したセシウム

天然ゼオライト約50g+活性炭約30gの測定を2時間の測定を2018年6月25日に行いました。

Z50K30gKashiwa625-2h
表示は Cs-All 15.3Bq/kg

換算値はCs-All 61.2Bq/kg
*放射能測定器のiFKR-ZIP-Aは基本検体量は320gですので、4倍が換算値です。


カートリッジが吸着したセシウム総量はCs-All 259.6Bq/kg


換算値について


1Lあたりに換算すると0.0055Bqです。
ホットスポットで有名な柏市ですが、意外な事に千葉県千葉市の1Lあたりの0.0206Bq(流量が正確な最新データ、2018年4月27日)と比べると水道水のセシウム汚染は約4分の1程度です。

参考記事セシウム総量1,097.12Bq/kg

ただ汚染の推移を見守る事は大切です。特に夏場は水源の貯水率が減るとセシウム濃度が最大8倍になる事が過去の測定例で、ありましたので注意が必要です。



1Lあたりの数値は低く思えるかもしれませんが、毎日皮膚から浸透し、湯気で呼吸器から肺に吸収し蓄積していく事を考慮する必要があります。
風呂やシャワーから被ばくする量は『飲み水の最大6倍〜100倍』という深刻なレポートもあります。
そしてチェルノブイリ事故1年後の蛇口水からセシウムの8倍ものストロンチウムが検出されたからです。


参考記事 ; http://geiger.grupo.jp/blog/1844418

しかしほとんどの人がその事実を知らない事が最大の問題です。
そこにセシウムやストロンチウムがあれば、毎日確実に湯気で呼吸器から肺に吸収し蓄積します。
特にストロンチウム90は生物学的半減期は50年、カルシウムのように骨に吸収し蓄積します。
ストロンチウム90は一度骨に吸収されるとほぼ生涯排出されません。
微量でも福島第一原子力発電所由来の汚染がある場合は特に注意する必要があります。

多くの方はまわりがそこまで気にしてないので根拠なく否定し真剣に考えないとのだと思います。
あるいは国の飲み水の基準値以下といつ事で安心しているのかもしれません。
毎日使用する水道水に福島第一原子力発電所由来の汚染があれば一日の量は微量でも確実に被ばくします。
日々蓄積していく事が最大の問題です。
放射能汚染にこれなら安全と言う閾値がない事を真剣に考えて下さい。
出来るだけリスクは排除すべきです。


CDSW-01の使用済みカートリッジを測定した地域のセシウム値を下記にまとめてありますので参考にして下さい。

CDSW-01各地のセシウム値


CDSW-01は特殊な人工ゼオライトを採用しています。
天然ゼオライトを採用した浄水器に比べ約2.6倍もの吸着率である事が当社実験でわかっています。
実験結果は下記をご参照下さい。


セシウム除去用シャワー浄水器の比較


CDSW-01採用の人工ゼオライトはセシウムの粒子より少し大きな孔があいており、選択的に吸着したセシウムを逃しずらい構造になっています。
粒子の大きさがセシウムとほぼ同じストロンチウム除去も期待出来る事は特筆すべきです。

地域により汚染度は違いますので測定して見なければ安全に使用して頂ける正確な交換時期をお知らせする事は困難です。
あくまでも目安としまして東京の水道水を基準に言いますと東北、関東地方の方は30,000L以上〜50,000L程度で交換を行って頂き、
使い終わったカートリッジをこちらにお送り頂ければ無料で測定を行いますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
同じ浄水場からの蛇口水でもあっても浄水場からの距離などにより汚染度は違います。
ご自身でお使いの蛇口水の汚染度を知る事は安全なカートリッジ交換時期を知る為にも大切だと思います。
まずはお気軽にご相談下さい。

詳しくは全国の水道水セシウム測定プロジェクトを是非ご欄下さい。
送料無料など特典もございます。


飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な0ppm-RO浄水システムを是非、ご検討下さい☆
放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。





ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-6977
| 17:34 | 未分類

CDSW-01 セシウム除去用シャワー浄水器をご使用頂いている山形県寒河江市のユーザー様分の測定を行いました。


今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。

CDSW-01img_c

フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。

ユーザー様からご申告の通水量は約216,000Lです。
首都圏などと比べ汚染度は低いものと判断しそれぞれ16時間の測定を行いました。


(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム


人工ゼオライト約50gの測定を16時間行いました。

NZYamagataF620-16h
表示はCs-All −0.3Bq/kg
*スペクトルを見てCs-137 662Kev近辺のピークもない事からND定量下限値未満と判断しました。


*バックグラウンド(=BG)は無汚染の人工ゼオライト50gで72,000秒測定して取得した直近のものと比較。

バックグランドとは自然界や測定器そのものに、天然の放射性物質がありますので通常は検査室に検体を入れない空の状態と検体を入れた状態で比較して、正味の放射能濃度を計算する為に取得します。

(2)天然ゼオライトと活性炭が吸着したセシウム

そしてカートリッジの2つ目の部屋に入れたあった使用済みの天然ゼオライト50gと活性炭30gをやはり16時間測定しました。

Z50K30gYamagataF621-16h
表示はCs-All 0.7Bq/kg

*バックグラウンド(=BG)は無汚染の天然ゼオライト50gと活性炭30gを20時間測定して取得しました。
こちらもCs-137近辺には明確なピークはなく662Kev近辺には多くの天然核種もある為にこのスペクトルでは検出とは言えません。

今回は通水量は通水量もある程度ありNDでした。
数日前に測定した同じ山形県寒河江市のデータもNDだった事から寒河江市の水道水汚染はかなり少ないと推測出来ます。

参考記事

ここのとろこ福島県と隣接する東北地方の宮城県と山形県のカートリッジ測定を
行いましたが、いずれも福島県から距離が離れている東京、千葉などの関東と比べて水道水に関してはセシウム汚染が少ない事がわかりました。

東京都の最新のデータでは前回の数値と比べると約145%でまったく同じ通水量で同じ場所にも関わらず大幅に汚染は進行しています。

カートリッジ別Cs値
40,000Lでカートリッジが吸着したセシウム値の比較

1.2017.5.5〜2017.8.22 (109日)Cs-All 516.72Bq/Kg

2.2017.9.26〜2018.1.14(111日)Cs-All 268.72Bq/kg

3.2018.2.7〜20.18.5.18(101日)Cs-All 367.68Bq/kg


それぞれ1Lあたりに換算すると

1.2017.5.5〜2017.8.22 (109日)0.0129Bq/L

2.2017.9.26〜2018.1.14(111日)0.0067Bq/L

3.2018.2.7〜20.18.5.18(101日)0.0091Bq/L


Bq.L


水道水は大切なライフラインです。
汚染の進行の推移を把握する事は大変重要です。
水がめである貯水池、ダム湖などの底に沈殿している粒子状のセシウムがバクテリアなどに分解されいつ水溶性になるのかは検証し続けなければわかりません。
現にチェルノブイリ事故13年後に川の汚染度が急激に高くなった事例があります。

全国の水道水セシウム測定プロジェクトを立ち上げた最大の理由は行政による測定が決定的に不足しているからです。

また東京都水道局の測定は測定下限値が高い為に検査したという既成事実を作る為の測定であり、都民の命を守る為の測定ではありません。
原子力規制委員会は平成28年度以降、毎年6月に環境放射能水準調査と同一の地点において、蛇口水を採取、測定しデータを公表しています。
東京都は同じ葛飾区のデータを公表していますのでグラフで比較してみました。

葛飾区水道水2018
作成:川根 眞也様

例え微量でも毎日、猛毒であるセシウムを摂取し続ければ人体に蓄積していきます。
子供でも考えればわかる事です。
東京都だけの問題ではありません。

今年測定した通水量が明確な千葉県千葉市の水道水のセシウム汚染は更に深刻です。


32,487Lでカートリッジに吸着した福島第一原子力発電所事故由来のセシウム総量は668.64Bq/kgにも達します。
1Lあたりに換算すると0.0206Bqのセシウム汚染です。


蛇口水千葉県比較

参考記事


水道水には確実に猛毒である福島第一原子力発電所事故由来のセシウムが含まれているので浴槽に貯めるお湯もシャワー浄水器を通したものを追い炊きして使用しています。
例えば一日平均浴槽とシャワーで500Lのお湯を使用すると1Lあたりの汚染が例え0.02ベクレルでも一日あたりセシウム10ベクレル/キロの汚染水を浴びる計算になります。
1年で3,650ベクレル、3年浴び続けれあ10,950ベクレルにもなります。


『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』:http://heart.bird.to/shower/report.html

『汚染物質の20%~90%は、入浴中及びシャワー中に皮膚を通して、又は湯気を吸い込む事で、体内に吸収されています。』という恐ろしい記述もあります。
毎日の風呂やシャワーで仮に90%が人体に吸収される事が本当なら、3年浴びれば9,855ベクレル。
4人家族だと仮定すると一人約2,500ベクレルものセシウムが人体に吸収されてしまう事になります。
しばらくは何ともないかもしれませんが、汚染水を浴び続ければ人体に蓄積される猛毒のセシウムがその人の致死量に達する事は容易に想像がつきます。
だから例え微量でも毎日摂取する事は出来る限り避けなければならないと警告し続けてきました。


ご自身が実際にお使いの水道水のセシウム濃度をまずは知る事が大変重要です。
そして同時に被ばく対策をする事は更に重要です。

是非、ご協力をお願い致します。


詳しくは全国の水道水セシウム測定プロジェクトを是非ご欄下さい。
送料無料など特典もございます。


飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な0ppm-RO浄水システムを是非、ご検討下さい☆
放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。


現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!


ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-6977
| 08:34 | 未分類

CDSW-01 セシウム除去用シャワー浄水器をご使用頂いている山形県西村山郡のユーザー様分の測定を行いました。


今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。

CDSW-01img_c

フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。

ユーザー様からご申告の通水量は約180,000Lです。
首都圏などと比べ汚染度は低いものと判断しそれぞれ16時間の測定を行いました。


(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム


人工ゼオライト約50gの測定を16時間行いました。

NZYamagataK619-16h
表示はCs-All 2Bq/kg
*Cs-137 662Kev近辺、Cs-134 796Kev近辺のピークがあります。

参考換算値は6.4倍の12.8Bq/kgです。

*バックグラウンド(=BG)は無汚染の人工ゼオライト50gで72,000秒測定して取得した直近のものと比較。

バックグランドとは自然界や測定器そのものに、天然の放射性物質がありますので通常は検査室に検体を入れない空の状態と検体を入れた状態で比較して、正味の放射能濃度を計算する為に取得します。

(2)天然ゼオライトと活性炭が吸着したセシウム

そしてカートリッジの2つ目の部屋に入れたあった使用済みの天然ゼオライト50gと活性炭30gをやはり16時間測定しました。

Z50K30gYamagataK620-16h
表示はCs-All 0.3Bq/kg

*バックグラウンド(=BG)は無汚染の天然ゼオライト50gと活性炭30gを20時間測定して取得しました。
こちらはCs-137近辺には明確なピークはなくNDです。


カートリッジに吸着したセシウム総量は12.8Bq/kg。
1Lあたりに換算すると0.00071Bq。
吸着率は100%と言う事はあり得ませんので実際より数値は低いのであくまでも参考値です。

換算値について

H29.6月分の原子力規制委員会公表値は山形県は山形市だけですが、Cs137が0.0011Bq/L検出されています。
同じ山形県内でもセシウム汚染度にはかなりバラツキがあると推測します。

最も大切なライフラインである水道水の汚染の実態を知る事は大変重要です。
過去何度も記事にしましたがすべての方にもっと関心を持って頂きたいと願っております。
微量でもそこに福島第一原子力発電所由来の核汚染があり、毎日それを摂取し続ければ確実に被ばくし人体に深刻な影響があるからです。
測定しているのは比較的測定が容易なセシウム(Cs-134+Cs-137)で原子炉内ではストロンチウムとほぼ1対1の比率で
存在しますが、東京の水道水の1987年のデータではCs-137に対してSr-90が8倍になっている事も留意すべきです。


参考データ

ストロンチウム90の生物学的半減期は約50年、一度取り込むとほぼ一生涯排出されません。
だから行政発表の数値を安全だと鵜呑みにせず、水道水の検出下限についてついて真剣に考え、対策する必要があります。


『全国の水道水セシウム測定プロジェクト』を2017年秋に立ち上げた最大の理由はすべての人にもっと関心を持って頂き行政により厳しい対応を迫る必要があります。
実際に行政の方々も国の指針に従うだけで、汚染の深刻さを知りません。


全国の水道水のセシウム測定プロジェクトにつきまして

全国の水道水セシウム測定プロジェクト(結果報告1)


測定毎に下記のページに更新していきます。

CDSW-01各地の水道水のセシウム値


被ばく対策して頂く事はもちろん最も大切な事ですが、現実的にある首都圏の水道水中の福島第一原子力発電所由来のセシウム汚染の実態を知る事も大変重要だと考えます。


セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01


多くの人に水道水汚染の実態を知って頂き、行政に本気で対策してもらう事為にも多くの人が声を上げる必要があります。
それにはまず汚染の実態を知らなければなりません。
例えそれが深刻なデータであっても正確に全国民が知る必要があります。

飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な0ppm-RO浄水システムを是非、ご検討下さい☆
放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。



首都圏にお住まいの方にはオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターの設置をお薦めしております。
RO(逆浸透)方式の浄水器は放射性物質除去に特化しておりますが完全ではありません。

飲み水に関しましては放射能を測定するものではありませんが、TDSメーターと言う不純物濃度を測定する安価なメーターがございます。
そのメーターで0ppmの水を飲用される事をお薦めしております。
ご自身でお使いの水はTDSメーターで数値を管理する事が大切だと考えております。
最近の一番人気は我が家でも最近導入しました最新型のJPN-1です。


新製品 JPN-1

最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。
そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。
(フィルター等の消耗品を除く)

そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!


JPN-mini

初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)
*翌々月から自動引落し、オプションは別。

現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!


ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-6977
| 09:34 | 未分類

奥秩父に源を発する埼玉県及び東京都を流れ東京湾に注ぐ一級河川の荒川(葛飾区堀切)の汚泥を採取し、それを測定した。
多くの人がそこで釣りを楽しみ、釣った魚を食べる人も多い。
実際にハゼ、テナガエビ、ウナギなどを食べている知人がいる。

東京湾の河口から約10km程度の汚泥のセシウム汚染はどの程度なのだろうかと思っていたがなかなか測定する機会がなくようやく採取し測定をしてみた。

採取した汚泥は干潮で普段は川底のものを採取。
堀切橋

IMG_2434
重量 334g (Net)


OdeiArakawa618-10h
Cs134 7.5Bq/kg、Cs137 39.1Bq/kg、Cs-All 46.6Bq/kg

Cs134のピークも明確な事から福島第一原子力発電所由来のセシウムと推測出来る。

東京湾河口域の汚泥から比べると汚染度は低く感じられるかもしれないが、中流域の汚泥にも蓄積している事は確実。

今後の汚染の推移を調べる為にまた時期をみて測定してみたいと思う。


それにしてもここ東京都葛飾区の水道水の汚染は深刻である。
シャワー浄水器CDSW-01を設置し、40,000L通水(101日間)でカートリッジに吸着したセシウム総量は367.68Bq/kg

IMG_1688

7年間で荒川中流域に蓄積した汚泥のセシウム値と比較するとその水道水の汚染は約8倍。
最新の測定では前回の測定と比べて145%。汚染は大幅に進行している。

参考記事 東京都葛飾区の水道水中のセシウム汚染の推移


荒川の水は濁っている事が多く、ウエイクボードなど川の中に入っている人も頻繁にみかけるが、それらの人々よりこの地区に住む人達は毎日の風呂やシャワーなどでそれ以上のセシウムを皮膚などから浴びて吸収している事など思いもよらないだろう。
過去何度も書いてきたが、セシウム100Bq/kgは黄色いドラム缶に入れられ、長期間厳重に管理されてきた『低レベル放射性廃棄物』


放射能汚染問題の一番恐ろしいところは目に見えず無味無臭であると言う事。
水道水はほぼ透明、皮膚の汚れを落す為に人々は日々、シャワーやお風呂に入る。
しかしその毎日浴びている見た目はキレイな水道水中に福島第一原子力発電所由来のセシウムがある事を今一度、自覚する必要がある。


お湯に含まれる汚染物質の20%〜90%は、入浴中及びシャワー中に皮膚を通して、又は湯気を吸い込む事で、体内に吸収されています。
著者 IS THIS YOUR CHILD  ドリス・Jラップ女史ニューヨーク州立大学臨床小児科助教授医学博士


これらの人々はシャワーとお風呂から『飲料水の6倍〜100倍の有害物質』を浴びている。
ニューサイエンティスト イーアン・アンダーソン


『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』
http://heart.bird.to/shower/report.html


セシウム汚染は目には見えないが、測定すれば数値はわかります。
セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01各地の水道水中のセシウム値

風呂やシャワーまで気にしていたら切りがないと感情で否定せずに、現実を見て是非出来る対策をして欲しいと思います。

手軽に低価格で出来る対策もあります。
材料させ揃えばわずか5分で対策出来ます!


image1 (

風呂とシャワーの水対策


ご自身が実際にお使いの水道水のセシウム濃度をまずは知る事が大変重要です。
そして同時に被ばく対策をする事は更に重要です。
それはセシウムの300倍危険と言われているストロンチウムなど他の原発から放出された核種を考慮する必要があるからです。

是非、ご協力をお願い致します。


詳しくは全国の水道水セシウム測定プロジェクトを是非ご欄下さい。
送料無料など特典もございます。


飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な0ppm-RO浄水システムを是非、ご検討下さい☆
放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。

現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!


ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-6977
| 10:42 | 未分類

CDSW-01 セシウム除去用シャワー浄水器をご使用頂いている山形県寒河江市のユーザー様分の測定を行いました。


今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。

CDSW-01img_c

フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。

ユーザー様からご申告の通水量は約216,000Lです。
首都圏などと比べ汚染度は低いものと判断しそれぞれ16時間の測定を行いました。


(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム


人工ゼオライト約50gの測定を16時間行いました。

NZYamagataT616-16h
表示はCs-All −0.2Bq/kg
*スペクトルを見てCs-137 662Kev近辺のピークもない事からND定量下限値未満と判断しました。
662Kev近辺には多くの天然核種もある為にこのスペクトルでは検出とは言えません。


*バックグラウンド(=BG)は無汚染の人工ゼオライト50gで72,000秒測定して取得した直近のものと比較。

バックグランドとは自然界や測定器そのものに、天然の放射性物質がありますので通常は検査室に検体を入れない空の状態と検体を入れた状態で比較して、正味の放射能濃度を計算する為に取得します。

(2)天然ゼオライトと活性炭が吸着したセシウム

そしてカートリッジの2つ目の部屋に入れたあった使用済みの天然ゼオライト50gと活性炭30gをやはり16時間測定しました。

Z50K30gYamagataT617-16h
表示はCs-All 0.3Bq/kg

*バックグラウンド(=BG)は無汚染の天然ゼオライト50gと活性炭30gを20時間測定して取得しました。
こちらもCs-137近辺には明確なピークはなくNDです。

今回は通水量は通水量もある程度ありNDでしたので今迄測定した範囲では最も
汚染が少ないと思います。


初回カートリッジ交換時に無料測定をご利用頂ければ、交換時期の目安をご自身で決めて頂けます。
また、多くの人に水道水に福島第一原発事故由来のセシウムの汚染度を知って頂き対策して頂く事は無用な被ばく回避の観点からも非常に重要だと考えます。

全国の水道水セシウム測定プロジェクト


セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01を設置して頂きそれを無料で測定させて頂きます。
取付は簡単で、被ばく回避も同時に出来ます。
是非、ご協力下さい。

CDSW-01 各地の水道水中のセシウム値


飲み水はもちろんの事ですが、毎日顔を洗う風呂やシャワーの水にも対策が必要なレベルの汚染。
お米や野菜を洗う水、洗濯用の水なども出来ればセシウム除去した水を使ったほうが良いでしょう。
その中でも特にお風呂やシャワーの水の対策を最優先して行う必要があります。

理由はお湯に含まれる汚染物質の20%〜90%は、入浴中に皮膚を通して、又は湯気を吸い込む事で体内に吸収されています。
最大飲料水の100倍の有害物質を浴びていると言う記述もあるからです。
*シャワーの害に関するアメリカからのレポート http://heart.bird.to/shower/report.html


葛飾区の蛇口水の1987年6月のデータを調べて驚愕する事実がわかりました。
1987年はチェルノブイリ原発事故の翌年です。
原子炉内ではセシウムとストロンチウムは1対1の比率で存在すると言われていますが、ストロンチウム(Sr-90)の値はセシウム(Cs-137)の8倍もの値でした。

*参考記事 http://geiger.grupo.jp/blog/1844418

ストロンチウムはセシウムの300倍危険だと言われている核種で体内半減期は50年、つまり一度吸収するとほぼ生涯排出されません。
毎日の風呂やシャワーのお湯で呼吸器から肺に確実に吸収し、蓄積していくのは明らかです。
感情で否定してもそこに毒が存在する以上、確実に被ばくしますのでまだな方は是非対策をして下さい。

子供達にはもう時間がありません。


対策したくても費用の問題で対策出来ない方も大勢いると思います。
今、貧困層が増えているのは偶然ではありません。
費用も格安で簡単に誰でも5分で自作出来る対策も提案させて頂きます。
特に小さいお子さんは大人より格段に被ばくの影響を受けやすいので是非対策をお願い致します。
自作簡易フィルターの作り方を詳しく説明しています。
出来ればシャワーを使用せずに浴槽を追い炊きしたお湯を使用したほうが良いです。

風呂とシャワーの水対策

セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01に対しての効果は40%程ですが、何も対策しないより遥かに安心出来ます。

飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素など除去可能な0ppm-RO浄水システムを是非、
ご検討下さい☆

首都圏にお住まいの方にはオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターの設置をお薦めしております。
RO(逆浸透)方式の浄水器は放射性物質除去に特化しておりますが完全ではありません。

飲み水に関しましては放射能を測定するものではありませんが、TDSメーターと言う不純物濃度を測定する安価なメーターがございます。
そのメーターで0ppmの水を飲用される事をお薦めしております。
ご自身でお使いの水はTDSメーターで数値を管理する事が大切だと考えております。


ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-6977
| 16:33 | 未分類

セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01をお使い頂いているユーザー様のカートリッジの中身を取り出し測定を行いました。

今回測定させて頂いたのは昨日の記事と同じ宮城県仙台市の別のユーザー様です。
今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。


CDSW-01img_c

フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。

ユーザー様よりご申告のデータは以下のとうりです。

2017年6月よりご使用、一日の平均使用量は400Lで約350日、合計140,000Lです。



(1)人口ゼオライト(約50g)が吸着したセシウム(2時間測定)


NZSendaiT615-2h
表記はCs-All 21.2Bq/kg
測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので6.4倍の参考換算値は135.68Bq/kg



(2)天然ゼオライト約50gと活性炭約30gが吸着したセシウム(2時間測定)

Z50K30gSendaiT615-2h
表記はCs-All 12.1Bq/kg
換算値は4倍の48.4Bq/kg

測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので、4倍が換算値です。

カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は184.08Bq/kg


換算値について

1Lあたりに換算すると0.0013Bqです。

前回の同じ仙台市の水量が半分にも関わらず汚染はそれ程変わりません。
ただお使いの水量はユーザー様自己申告となっておりますので誤差はあるかと
思います。

換算値の検証はこちらをご参照下さい。

原発から流出した核種はセシウムだけではありません。
その300倍危険だと言われているストロンチウムは原子炉内ではセシウムと1:1の比率で存在します。
毎日大量に呼吸器から肺に吸収してしまう事を真剣に考え、そして対策して欲しいと思います。

*参考 シャワーの害に関するアメリカからのレポート:http://heart.bird.to/shower/report.html

水道水のセシウム除去に特化したセシウム除去用シャワー浄水器

ご自身が実際にお使いの水道水のセシウム濃度をまずは知る事が大変重要です。
そして同時に被ばく対策をする事は更に重要です。

是非、ご協力をお願い致します。


詳しくは全国の水道水セシウム測定プロジェクトを是非ご欄下さい。
送料無料など特典もございます。


飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な0ppm-RO浄水システムを是非、ご検討下さい☆

放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。

現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!


ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。


電話でのお問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-6977
| 07:01 | 未分類

セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01をお使い頂いているユーザー様のカートリッジの中身を取り出し測定を行いました。

今回測定させて頂いたのは宮城県仙台市のユーザー様です。
今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。


CDSW-01img_c

フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。

ユーザー様よりご申告のデータは以下のとうりです。

2017年6月よりご使用、一日の平均使用量は800Lで約350日、合計280,000Lです。



(1)人口ゼオライト(約50g)が吸着したセシウム(2時間測定)


NZSendaiM615-2h
表記はCs-All 24.3Bq/kg
測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので6.4倍の参考換算値は155.52Bq/kg



(2)天然ゼオライト約50gと活性炭約30gが吸着したセシウム(2時間測定)

Z50K30gSendaiM615-2h
表記はCs-All 16Bq/kg
換算値は4倍の64Bq/kg

測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので、4倍が換算値です。

カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は219.52Bq/kg


換算値について

1Lあたりに換算すると0.00078Bqです。

今迄、カートリッジがセシウム総量(Cs-137+Cs-134)が500Bq/kgを越えた地域は以下のとうりです。


東京都葛飾区 50,000Lでセシウム総量(Cs-137+Cs-134)571.84Bq/kg

千葉県船橋市 約52,500Lでセシウム総量(Cs-137+Cs-134)1,128Bq/kg


千葉県千葉市 約55,000Lでセシウム総量(Cs-137+Cs-134)1,097.12Bq/kg

そして今回の茨城県結城市です。


最も大切なライフラインである水道水の首都圏の汚染の実態を知る事は大変重要です。
過去何度も記事にしましたがすべての方にもっと関心を持って頂きたいと願っております。
微量でもそこに福島第一原子力発電所由来の核汚染があり、毎日それを摂取し続ければ確実に被ばくし人体に深刻な影響があるからです。
測定しているのは比較的測定が容易なセシウム(Cs-134+Cs-137)で原子炉内ではストロンチウムとほぼ1対1の比率で
存在しますが、東京の水道水の1987年のデータではCs-137に対してSr-90が8倍になっている事も留意すべきです。


参考データ

ストロンチウム90の生物学的半減期は約50年、一度取り込むとほぼ一生涯排出されません。
だから行政発表の数値を安全だと鵜呑みにせず、水道水の検出下限についてついて真剣に考え、対策する必要があります。

『全国の水道水セシウム測定プロジェクト』を2017年秋に立ち上げた最大の理由はすべての人にもっと関心を持って頂き行政により厳しい対応を迫る必要があります。
実際に行政の方々も国の指針に従うだけで、汚染の深刻さを知りません。


全国の水道水のセシウム測定プロジェクトにつきまして

全国の水道水セシウム測定プロジェクト(結果報告1)


測定毎に下記のページに更新していきます。

CDSW-01各地の水道水のセシウム値


被ばく対策して頂く事はもちろん最も大切な事ですが、現実的にある首都圏の水道水中の福島第一原子力発電所由来のセシウム汚染の実態を知る事も大変重要だと考えます。


セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01


多くの人に水道水汚染の実態を知って頂き、行政に本気で対策してもらう事為にも多くの人が声を上げる必要があります。
それにはまず汚染の実態を知らなければなりません。
例えそれが深刻なデータであっても正確に全国民が知る必要があります。

飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な0ppm-RO浄水システムを是非、ご検討下さい☆
放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。



首都圏にお住まいの方にはオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターの設置をお薦めしております。
RO(逆浸透)方式の浄水器は放射性物質除去に特化しておりますが完全ではありません。

飲み水に関しましては放射能を測定するものではありませんが、TDSメーターと言う不純物濃度を測定する安価なメーターがございます。
そのメーターで0ppmの水を飲用される事をお薦めしております。
ご自身でお使いの水はTDSメーターで数値を管理する事が大切だと考えております。
最近の一番人気は我が家でも最近導入しました最新型のJPN-1です。


新製品 JPN-1

最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。
そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。
(フィルター等の消耗品を除く)

そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!


JPN-mini

初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)
*翌々月から自動引落し、オプションは別。

現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!


ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-6977
| 18:18 | 未分類

今月はセシウム測定強化月間ですが、今週は16時間検査を4検体おこなった中でK40を多く含む大豆の検体がありました。


下記スペクトルは熊本産の大豆をノーマルバックグラウンド(=BG)と比較したものです。

DaizuKumaNMBG

まずは薄い茶色の部分に注目して下さい。
こちらがの通常のBGです。そして赤が検体。
茶色のBGの線より赤の検体がかなり持上がっている事がわかると思います。
緑が茶色のBGと赤の検体の差ですがギザギザになっていますが、赤色の縦棒のCs-137の662Kev(1Kchで330)近辺に明確なピークはありません。

Cs-All で8.9Bq/kgと表示されていますが、このままでは正確な測定は出来ません。
K40の数値が315.4Bq/kgになっているのでそれより少し低いK40が含まれた無汚染のBGを取得する必要があります。
BGは通常20時間かけて取得します。
調整していき約300Bq/kg程度K40が含まれたBGを20時間かけて取得しました。
そしてそのBGと熊本産の大豆を比較したのが下のスペクトルです。


Daizukma612-16h

今度は茶色のBGと赤の検体がほとんど重なっている事がわかります。
Cs-137 662Kev近辺にもピークはありません。
検体量は規定の320g程度ですので測定下限値は1Bq/kgで定量下限値未満です。

このようにK40を多く含む検体はそれに合わせた無汚染のBGを別途用意する必要がありますので注意が必要です。

食材は出来れば測定下限値1Bq/kgでの検査を推奨しております。
今月は1Bq/kgの測定下限値のC.精密検査は20%OFFです。
是非ご利用下さい。


詳しくはこちらをご欄下さい。



| 08:17 | 未分類

弊社は株式会社シンメトリックス社(=SMTX社)のスペクトルサーベイメーター(iFKR-254/iFKR-508)、放射能測定器(iFKR-ZIP-AmFKRiFKR-ZIP-Pro
などの販売をさせて頂いておりますが、蛍光X線分析器につきましては今回初めてご紹介させて頂きます。

弊社が販売店をさせて頂いているメーカーの株式会社シンメトリックス社は世界最高水準の測定器の開発を行っております。株式会社シンメトリックス社(=SMTX社)の野中修二社長は研究機関の放射線測定器、放射能測定器、蛍光X線分析器などの開発に45年以上、携わってきた世界トップレベルの技術者で、蛍光X線分析装置はX線検出器からX線発生装置、MCA、分析プログラムまですべて自社で開発出来るのが最大の強みです。
ゲルマ二ウム半導体検出器における測定の指針、原案にも携わった方です。


その為、産総研、高エネルギー加速器研究機構など研究機関などへ納入実績もあり、放医研などで多くの国家プロジェクトにも携わった実績も特筆すべきです。
高度なアナログ回路設計、組立技術は多くの分野において最もボトムネックになっている分野であり、現実的に数十年技術革新は行われておりません。
フェムトアンペアを扱える卓越したアナログ回路技術を保有している事も特筆すべきです。

会社概要

株式会社シンメトリックス 
設立 2005年12月26日
資本金 10,000,000円
代表者 野中修二
所在地 〒300-0521 茨城県稲敷市月出里608-3
TEL029-886-8362
FAX029-886-8364


HP


取引先(敬称略):(独)産業技術総合研究所、(独)高エネルギー加速器研究機構、Spring-8、大手企業研究所 他 大学及び研究機関
関連会社:株式会社ラボラトリーイクイップメントコーポレーション、株式会社アイ・ピイ・アイ


紹介させて頂く蛍光X線分析器の概要

蛍光X線分析器の特徴

1.前処理、測定が容易で誰でも分析が出来る。

2.測定時間が放射能測定に比べ迅速。600秒~1,800秒程度
(試料に含まれる核種の量により異なる。)


3.広い範囲の元素分析が可能(リチウムより重い重金属の分析が可能)
*トリチウムは不可だが原発から放出された核種はほとんど分析可能。

4.装置が小型、軽量 高さ30cm程度のA3用紙サイズ、重量20~30kg

5.非破壊分析 (検査室は30×30×30mm程度、試料の量は10g~50g程度)

6.薬品を使用せず環境に優しい。

7.分析の精度(放射能測定と同程度、例:ZIPは長時間測定でCs-137 1Bq/kg+-0.1Bq/kg程度)


8.分析はppmからベクレル換算が可能。分析核種は半減期が長い程有利。

9.同一試料に例えばPu239、Pu238、Sr-90、Csなど含まれていた場合はそれぞれの分析可能(Cs-134、Cs-137の分別は出来ずCsとして検出)

10.原発から放出された核種はトリチウム以外ほとんどの核種が分析可能。


11.様々な用途で分析が出来る。
例:乳歯のストロンチウム分析、お米のカドミウム、ヒ素、水銀などの分析、金属アレルギー物質を特定する為の金属の分析など医療関係、金の含有量を調べるなど。


大手企業の現在発売されている蛍光X線分析器(波長分析型)は6,000万円以上1億円程度が相場です。

現在、SMTX社が手がけている蛍光X線分析器はそれらと比べ、精度は2桁高い事、価格が半額以下である事が最大のメリット。

参考資料.pdf

X線検出器、X線発生装置、MCAなどがほぼ完成しているので開発期間が8ヶ月程度で費用も2,500万円(税別)
(1台限定価格、2台目以降は部品のコストに応じて価格が上がります。)


ご注文時に半金の1,250万円(税別)完成引き渡し時に残金となります。

詳しい説明をご希望の方はSMTX社の野中修二社長に是非、直接会って頂きたいと存じます。
東京の弊社よりメーカーまでご案内致しますのでお気軽にご連絡をお願い致します。

電話でのお問い合わせもお気軽にお願い致します。


担当:鈴木
☎03-5629-6977
| 14:06 | 未分類

人類史上最悪な福島第一原子力発電所爆発から早くも7年と3ヶ月近く経過し、2011.3.11に発令された原子力緊急事態宣言はまだ解除されていないにも関わらず多く人々は放射能汚染問題を忘れているように感じます。

さまざまな放射性物質が現在も放出され続け、福島第一原子力発電所の廃炉のメドすら立ってない現状にも関わらず放射能測定は決して十分とは言えません。
日本全国少なからず汚染されてない地域はほとんどありません。


原子力緊急事態宣言発令中の現在の食材のセシウムの基準値はなんと事故前は黄色いドラム缶に入れられ、『低レベル放射性廃棄物』として厳重に長期間管理されてい100Bq/kg(ベクレル/キロ)です。
事故前の食材は1Bq/kg(ベクレル/キロ)を超えるものはほとんどありませんでした。


現在、放射能測定検査は測定時間により検出下限値が異なります。
長時間測定すればする程、検出下限値は低くなります。

測定下限値が1Bq/kgのC.検査は16時間の測定が必要です。

今月中はC.精密検査(測定下限値1Bq/kg、16時間)は通常価格5,000円から20%OFFさせて頂き4,000円とさせて頂きます。

是非、この機会に気になる食材の測定を検討頂ければ幸いです。
食材に限らず、尿など他の検体も対象です。


放射能測定検査


放射線量測定には信頼のLND社(米国)製GM管を採用したコンパクトなガイガーカウンターも今月中は値引き対象ですので、この機会に是非ご検討下さい。
LND712W.jpg


LND-712 通常価格22,000円→ 特別価格20,000円

LND-7317  通常価格43,000円→ 特別価格40,000円


γ線しか測定出来ない測定器では例えばSr-90(ストロンチウム90)はβ線しか放出しないので測定出来ません。

Sr-90(β線)に反応するLND712(動画)


LND712/LND7317


大切なライフラインである水道水の測定も重要です。

全国の水道水セシウム測定プロジェクト進行中!です!


通水量を正確に測定したデータはまだまだ不足しています。

2018年6月現在で1都2県のデータしかありません。


2018蛇口水

是非こちらもご協力をお願い致します。

詳しくは全国の水道水測定プロジェクトを是非ご検討下さい!

メールでのお問い合わせは24時間!
電話でのお問い合わせもお気軽に!


☎03-5629-6977
| 10:20 | 未分類