本日 122 人 - 昨日 312 人 - 累計 316506 人 ショッピングカート サイトマップ
  • 記事検索

RSS

換算値について

放射能検査済食品で使用しているSMTX社のiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gです。
それ以下の重量の検体の場合は、参考換算値として表記しております。

換算値の正確性を検証する為に国立開発法人 産業総合技術研究所で開発された玄米(放射性セシウム分析用)約80gでの測定を行いました。


画像

測定日 2016年10月10日~2016年10月11日(10時間)

画像
*スペクトルはクリックすると拡大します*

国立開発法人 産業総合技術研究所で開発された玄米(放射性セシウム分析用)約80gは2013年5月1日時点でCs134 28.0Bq/kg、Cs137 54.2Bq/kg、Cs134+Cs137 82.2Bq/kgとなっておりますが、2016年10月9日時点ではそれぞれ下記の数値が理論値です。


Cs134 8.81Bq/kg Cs137 50.08Bq/kg Cs134+Cs137 58.89Bq/kg

2016年10月11日(測定終了日)の実測値は以下のとうりです。

重量4倍換算値は以下のとうりです。

Cs134 7.6Bq/kg Cs137 50.8Bq/kg Cs134+Cs137 58.4Bq/kg

*測定者 (株)シーディークリエーション 鈴木優彰


iFKR-ZIP-Proの基本検体量はわずか100gです。
微量放射能測定は、試料の量が多いと、コンプトン散乱、自己吸収、遮蔽体からの散乱線等で正確な測定は困難です。
Ge半導体検出器でもマリネリ容器で微量な放射能測定は困難なのはその理由です。
U8(100cc)容器を使用して長時間測定する理由は測定試料からのBG対策です。
NaI(Tl)は、温度特性、エネルギー直線性が悪いので長時間測定するとピークが平になってしまいます。


詳しくはiFKR-ZIP-Proの有効利用についてをご参照下さい。


土日、祝日もメーカーまでご案内させて頂いておりますので是非、お問い合わせ下さい。

お電話での問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-697

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
| 11:44 | 未分類

前の記事 次の記事