本日 306 人 - 昨日 468 人 - 累計 558720 人
  • 記事検索

RSS
セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01は元々シャワー用に開発された製品ですが、洗濯機用とトイレなどに設置してご使用頂いている方もいらっしゃいます。
実際に私も使用しております。


洗濯機とトイレでご使用のお客様、2名様から水漏れがするとの報告を頂き現物を仕入先に送り調べてもらいました。
IMG_2778
突起物の付け根あたりにクラックがあります。

その結果、シャワーの場合は圧力的に問題がないのですが、洗濯機とトイレの場合はフィルターの先でのバルブ開閉で圧が急にかかりフタの上部にクラックが入りそこから水が漏れる事がある事がわかりました。

元々の設計がシャワー専用の為に洗濯機用とトイレ用でご使用頂きますと特に水道水の圧力が強い地区では水漏れの可能性があります。



その為、洗濯機用とトイレ用としての販売を一時見合わせさせて頂きます。
HPに記載されている洗濯機用オプションパーツの販売も見合わせさせて頂きます。
大変申し訳ございませんが何卒ご了承をお願い致します。

本来のシャワー浄水器としての販売は当然問題がありません。

既に洗濯機、トイレでご使用中の方は万が一の水漏れをを考えて蛇口を全開ではなく出来るだけ水量を少なめにしてご使用頂きたくお願い致します。
それでもご心配な方は水漏れセンサーなどで対策をお願い致します。

センサーリーク検出

安価で販売しております。
ユーザーの方は上記センサーで対策して頂ければカートリッジ交換時にその分の費用を負担させて頂きます。

水が漏れるような場合はお手数ですがご連絡をお願い致します。


ご質問等ございましたらご連絡をお願い致します。

今後共宜しくお願い申し上げます。

追記:シャワー浄水器以外の用途でのご使用は本体の製品保証が出来ませんのでシャワー用のみのご使用をお願い致します。

電話でのお問い合わせもお気軽にお願い致します。

☎03-5629-6977
| 14:56 | 未分類

水道水のセシウム除去に特化した セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01をご使用頂いている千葉県千葉市稲毛区にお住まいのユーザー様がお送り頂いたご使用済みのカートリッジの中身を取り出し測定を行いました。

上部に入っている人工ゼオライト(50g)及び下部に入っている天然ゼオライト+活性炭(50g+30g)のそれぞれの測定を行いました。


カートリッジの内部構造は下記をご参照下さい。

CDSW-01img_c

フィルター1を通過したお湯は人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に天然ゼオライト、活性炭が入った2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。

今回測定させて頂いたユーザー様は流量メーターを設置して頂いているユーザー様で通水量は約34,618Lです。(表示67,105L、交換時4月24日32,487L)
交換日は2018年9月16日です。

20180916流量

正確なデータは大切ですので、メーター設置がまだの方は取付けをご検討頂ければ幸いです。
出来るだけ多くの皆様と多くの情報を共有したいと存じます。


詳しくは全国の水道水セシウム測定プロジェクトを是非ご欄下さい。



(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム


人工ゼオライト約50gの測定を2018年9月25日に2時間行いました。

NZChiba925-2h
表示は Cs-All 141.9Bq/kg

換算値はCs-All 908.16Bq/kg

*放射能測定器のiFKR-ZIP-A基本検体量は320gですので、6.4倍が換算値です。


(2)天然ゼオライトと活性炭が吸着したセシウム

天然ゼオライト約50g+活性炭約30gの測定を2時間の測定を2018年9月25日に行いました。

Z50K30gChiba925-2h

表示は Cs-All 123.3Bq/kg

換算値はCs-All 493.2Bq/kg
*放射能測定器のiFKR-ZIP-Aは基本検体量は320gですので、4倍が換算値です。


カートリッジが吸着したセシウム総量はCs-All 1,401.36Bq/kg


換算値について


1Lあたりに換算すると0.04Bqです。

こちらのユーザー様の前回数値は1Lあたりで0.0206Bqですので汚染は倍程度に
深刻化しています。



前回記事

前回の記事で緊急報告させて頂きましたが東京都葛飾区の水道水中のセシウム汚染は前回測定時と比べ倍以上に推移していました。

緊急報告、葛飾区の水道水セシウム汚染は前回の倍以上に推移

今回はまったく同水量ではありませんが、千葉県千葉市の水道水中の福島第一原子力発電所由来のセシウム汚染が深刻化している事は大変憂うべき事態です。
東京都葛飾区とは水源が違うにも関わらず同じように倍近くにセシウム汚染が深刻化している事態を重く受け止め対策を強化すべきです。

約5ヶ月使用したシャワー浄水器CDSW-01のカートリッジで1,400Bq/kg以上のセシウムが吸着していると言う事は実際にはこの数倍の汚染である可能性も高いからです。
カートリッジにセシウム500Bq/kg程度吸着した時点から吸着率が約6割も減少する事が過去の事例からもわかっている為です。
何度も書きますが、今年は公園で水を飲む子供達を多くみかけました。

飲み水はもちろんですが、風呂とシャワーの水にも気をつけなければならない理由は海水の塩分濃度は約3%で人間の塩分濃度は約0.85%です。人が海に入った場合、海水のが塩分濃度は高いので身体の不純物を排出する作用があります。しかし風呂は塩分濃度がほぼ0%なのでも人間の身体に逆に不純物などを吸収してしまう作用があります。
身体の表面積は大きいのでその影響は測り知れません。



『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』で多くの学者なども警告しているように『シャワーやお風呂を通して、被曝する化学物質の量、あ水道水を飲むより6倍〜100倍多い』との記述もあります。

参照『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』http://heart.bird.to/shower/report.html
リスクは出来るだけ避けるべきです。放射能汚染にこれなら安全と言う閾値はないからです。
例え、微量でもそこに福島第一原子力発電所由来のセシウム汚染がある以上、カートリッジには吸着して人体には吸着しないと言う保証はどこにもありません。

首都圏で飲み水を気にされている方は一定数いますが、風呂やシャワーの水まで気にされている方はほぼいないに等しい。
飲み水は気にしても風呂やシャワーまで気にしていたらきりがないと感情で物ごとを判断する方が多いからだと思います。
真剣に考え出来る対策をして欲しいと願います。

いつも一番の被害者は何も知るすべがない小さな子供達です。
大人が真剣に考え対策をしないと取り返しがつかなくなります。


今迄測定した『CDSW-01各地の水道水のセシウム値』
をご欄頂き現在お住まいの地域のセシウム汚染度を知る事は大変重要だと思います。

image1 (
誰でも簡単に安価で出来るセルフフィルターの作り方も書いてあります。
放射能汚染問題だけは感情で判断せず、冷静に考えて一人でも多くの方に対策をして頂く事を切に望みます。


詳しくは全国の水道水セシウム測定プロジェクトを是非ご欄下さい。
送料無料など特典もあります。

是非、セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01
を取付けて頂き、被ばく対策をしながらあなたが実際にお使いの水道水の汚染の
推移を監視していきましょう。

飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な0ppm-RO浄水システムを是非、ご検討下さい☆
放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。


ROct_JPN-1-c

電気を使わない最新型のJPN-1かJPN-12WPをご購入の方にもれなくPikariお試しセットをプレゼント中です! 2018年9月末日迄
現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!



ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-6977
| 18:19 | 未分類

セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01を継続的に使用し、定期的に東京都葛飾区の水道水中のセシウム濃度の推移をチェックしています。


水量を正確に測るために、流量計を設置しています。
カートリッジ交換後に40,000Lを通水させたので測定を行いました。


IMG_2821
*表示は190,000Lになっていますが、前回カートリッジ交換時は150,000Lです。


使用期間:2018年5月19日~2018年9月16日


(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム

人工ゼオライト約50gの測定を2時間行いました。


NZKs40000L917-2h
表示 Cs-All 74.3Bq/kg
換算値 475.52Bq/kg

(2)天然ゼオライト約50g及び活性炭約30gが吸着したセシウム

 
2時間の測定


Z50K30gKs40000L917-2h
表示 Cs-All 66Bq/kg
換算値 264Bq/kg

カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は739.52Bq/kg


換算値について

前回の測定は2018年2月7日~2018年5月18日で、同じく40,000Lでカートリッジが吸着したセシウム総量は367.68Bq/kg

参考記事

前回の数値と比べると2倍以上もフクイチ由来のセシウム汚染は深刻化しています。

まったく同じ通水量で同じ場所にも関わらず汚染は大幅に進行しています。
1Lあたりに換算すると0.0184Bqです。
1Lに換算するとたいした汚染ではないと勘違いされるかもしれませんが、毎日の蓄積が問題です。知らずに飲み続けたり、風呂やシャワーで汚染水を浴び続けたりすれば蓄積されます。4ヶ月程度使った浄水器のフィルターで約740Bq/kgもの福島第一原子力発電所由来の猛毒のセシウムが蓄積しています。
カートリッジのフィルターに蓄積して人体に蓄積しない筈がありません。
是非、一人でも多くの方に真剣に考えてもらいたい。
今年の夏は暑かったせいか公園などで水を飲む子供達を沢山見かけました。
大人が真剣に考え対策しないと何も知らない子供達は今後も摂取し続けます。
東京都だけの問題ではありません。
通水量が明確な千葉県千葉市の水道水のセシウム汚染は更に深刻です。


32,487Lでカートリッジに吸着した福島第一原子力発電所事故由来のセシウム総量は668.64Bq/kgにも達します。
1Lあたりに換算すると0.0206Bqのセシウム汚染です。


蛇口水千葉県比較

参考記事

事故から時間が経過して多くの人は汚染は少なくなるものだと思い込んでいます。
水道水の汚染に関しては少なくても2回連続で前回より汚染が悪化している現実を
真剣に考えて欲しい。
青酸カリの2,000倍の毒性と言われているセシウムだけじゃなく、そのセシウムの
300倍危険だと言われているストロンチウムなど他の物質も考慮すべきです。
測定下限値以下だから安全は明らかに間違いです。そもそもその測定下限値が高く設定されていてはお話になりません。例え微量でもそこに福島第一原子力発電所事故由来の放射性物質が存在すると言う事を真剣に考えて下さい。
あたり前の話しですが、これなら安全と言う閾値は残念ながらありません。


ご自身が実際にお使いの水道水のセシウム濃度をまずは知る事が大変重要です。
そして同時に被ばく対策をする事は更に重要です。


是非、ご協力をお願い致します。


詳しくは全国の水道水セシウム測定プロジェクトを是非ご欄下さい。
送料無料など特典もあります。

是非、セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01
を取付けて頂き、被ばく対策をしながらあなたが実際にお使いの水道水の汚染の
推移を監視していきましょう。

飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な0ppm-RO浄水システムを是非、ご検討下さい☆
放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。


電気を使わない最新型のJPN-1かJPN-12WPをご購入の方にもれなくPikariお試しセットをプレゼント中です! 2018年9月末日迄
現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!



ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆

☎03-5629-6977
| 07:43 | 未分類