本日 319 人 - 昨日 461 人 - 累計 586222 人
  • 記事検索

RSS

栃木県大田原市の水道水のセシウム汚染

セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01を2017年8月末から約1年1ヶ月お使い頂いている栃木県大田原市のユーザー様のカートリッジの中身を取り出し測定を行いました。

今回測定させて頂いたのは栃木県大田原市のユーザー様です。
今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。

CDSW-01img_c

フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。

ユーザー様より頂きました2本のカートリッジのデータは以下のとうりです。


カートッジA 15,440L

(1)人口ゼオライト(約50g)が吸着したセシウム(2時間測定)


NZOt1007-2h
表記はCs-All 5.4Bq/kg
測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので6.4倍の34.56Bq/kg


(2)天然ゼオライト約50gと活性炭約30gが吸着したセシウム(2時間測定)

Z50K30gOt1007-2h
表記はCs-All 3.5Bq/kg
換算値は4倍の14Bq/kg
測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので、4倍が換算値です。

カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は48.56Bq/kg

カートッジB 67,500L

(1)人口ゼオライト(約50g)が吸着したセシウム(2時間測定)


NZTochigi10017-2h
表記はCs-All 14.9Bq/kg
測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので6.4倍の95.36Bq/kg


(2)天然ゼオライト約50gと活性炭約30gが吸着したセシウム(2時間測定)

Z50K30gTochigi1007-2h
表記はCs-All 9.1Bq/kg
換算値は4倍の36.4q/kg
測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので、4倍が換算値です。

カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は131.76Bq/kg

換算値について

今回のユーザー様は流量メーターは設置されておらず、通水量はユーザー様申告の値でおおまかなデータです。

カートリッジAはの1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)0.0031Bq

カートリッジBはの1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)0.0019Bq


予想どうり、水道水のセシウム汚染に関しては原発からの距離が近い栃木県のほうが汚染が軽微だった。
今回初めての測定なので前回の数値と比較しようがないが、最新の東京都と千葉県の水道水セシウムデータと比べると明らかに低い値。



福島第一原子力発電所からのおおよその距離と最新データを1Lあたりの汚染度で調べてみた。

栃木県大田原市は原発から約115km  1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)0.0031Bq

東京都葛飾区は原発から約220km   1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)0.0184Bq

千葉県千葉市稲毛区は原発から215km 1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)0.04Bq


栃木県大田原市の水道水中のセシウム汚染は原発から更に100km以上離れている東京や千葉の数値より一桁低い数値である事がわかった。
空間線量とは違い水道水の福島第一原子力発電所事故由来のセシウム汚染は首都圏に猛烈な汚染を7年半以上経過した現在も垂れ流し状態である。

緊急警告!首都圏の水道水中の福島第一原子力発電所事故由来のセシウム汚染が2倍に悪化



少し前の記事で警告したが、2011年3月11日に発令された『原子力緊急事態宣言』はまだ解除されておらず、今も大気中、海洋に汚染を垂れ流しの状態である事を考えると汚染がこれからも酷くなる可能性は高い。
チェルノブイリ事故では食材でセシウム1.2Bq/kg程度から健康被害が確認されている。現在の日本の食品基準値はセシウム100Bq/kgとキチガイ的な基準値になっている事をまず知るべきです。
セシウム100Bq/kgは原子力緊急事態宣言発令前は黄色いドラム缶に入れられ厳重に長期間管理しなければならない『低レベル放射性廃棄物』である事を多くの人が知らない。

水道水は最も重要なライフラインであり、飲料はもちろん料理など毎日大量に摂取します。
シャワーに設置した浄水器のカートリッジからそれぞれ大量の福島第一原子力発電所事故由来のセシウムが検出されている。



栃木県大田原市は原発から約115km  カートリッジに吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)131.76Bq/kg

東京都葛飾区は原発から約220km   1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)739.68Bq/Kg

千葉県千葉市稲毛区は原発から215km 1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)1,401.36Bq/kg



セシウム100Bq/kgは黄色いドラム缶に入れられ厳重に長期間管理しなければならない『低レベル放射性廃棄物』です。


それを毎日、飲料や料理、そしてシャワーや風呂などから浴び続ければ人体に悪影響がない筈がない。
汚染水の中にはセシウムだけじゃなく、セシウムの300倍危険であると言われているストロンチウムなどの放射性物質が混入している事はほぼ間違いない。

海洋に破棄され続けている汚染水は広大な海に深刻な汚染を日々蓄積させているが、人が海水浴などで海に入る場合を考えると海水は塩分濃度約3%で人体の塩分濃度は約0.85%なので人の肌などから不純物を排泄させる作用があるが、風呂やシャワーの塩分濃度はほぼ0%なのでそこに危険なセシウムなどの放射性物質があれば皮膚などから吸収してしまう事は避けれない。


過去何度も紹介しているが『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』の記述をもう一度確認して欲しい。

*お湯に含まれる汚染物質の20%〜90%は、入浴中及びシャワー中に皮膚を通して、又は湯気を吸い込む事で、体内に吸収されています。
 ドリス・Jラップ女史ニューヨーク州立大学臨床小児科助教授医学博士

*これらの人々はシャワーとお風呂から『飲料水の6倍〜100倍の有害物質』を浴びている。ニューサイエンティスト イーアン・アンダーソン

*シャワーやお風呂を通して、被曝する化学物質の量は、水道水を飲むより6倍〜100倍多い』
サイエンスニューズ 130号 ジャネット・ラルフ

『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』http://heart.bird.to/shower/report.html


CDSW-01各地の水道水のセシウム値

50名近いユーザーの方からの回収して使用済みカートッジのセシウム測定データがありますが、通水量が正確な流量メーターを利用したデータはたった6例しかありません。

大まかな通水量からのデータはユーザーの方にとりカートリッジ交換時期の大切な目安にはなりますが、やはり正確なデータを多く集めたいと考えております。

*カートリッジにセシウム総量(Cs-134+Cs-137)が500Bq/kgを越えたものは吸着率が約60%程度低下する事がわかっていますので安心して安全にご使用頂く為には大まかな通水量のデータも大切です。
交換時期の目安になる為に経済的に安心して使用して頂く事が大切だと考えているからです。


しかし出来るだけ正確な全国の水道水中のセシウム濃度の推移を知る事は大変重要です。


その為、全国の水道水セシウム測定プロジェクト
に詳しく書いてありますが、流量メーターの設置を一人でも多くの方にお願い出来れば幸いです。

IMG_1764

こちらは私が実際に使用しているメーターですが、調べた範囲では価格もリーズナブルで一番安いです。
もちろん流量がわかればこのメーターに限りません。


どうか重要なライフラインである水道水の福島第一原子力発電所事故由来のセシウム(Cs-134+Cs-137)汚染が深刻化している事を真剣に考え、そして出来る対策を一人でも多くの方にして頂きたいと切に願います。


今、あなたが動かなければこの国の子供達に待っているのは地獄だけです。
考えないようにしようとそこに水道水の福島第一原子力発電所事故由来のセシウム(Cs-134+Cs-137)汚染が実際にあるのですから、それを毎日摂取したり、風呂やシャワーで浴び続ければ近い将来後悔するのはあなた自身です。
決して人ごとではありません。


飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な0ppm-RO浄水システムを是非、ご検討下さい☆
放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。

RO除去
*画像はクリックで拡大します。


最近の一番人気は我が家でも最近導入しました最新型のJPN-1です。

新製品 JPN-1

最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。
そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。
(フィルター等の消耗品を除く)


そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!

JPN-mini

初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)
*翌々月から自動引落し、オプションは別。


現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!


ペットボトル1

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆

担当:鈴木 ☎03-5629-6977

| 13:05 | 未分類
前の記事
次の記事