本日 192 人 - 昨日 365 人 - 累計 721149 人
  • 記事検索

RSS

東京都世田谷区の水道水を通過させたゼオライトの測定

セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01を2018年8月からご使用のユーザー様のカートリッジの中身を取り出し測定を行いました。



今回、測定させて頂いたのは東京都世田谷区のユーザー様で洗濯機に取付けご使用されていたものです。その為に通水量は不明です。シャワーで使用するのと違い常温の水道水を通過させたデータとして参考に測定さっせて頂きました。

ただ、洗濯機へのお取付けで圧がかかりすぎ破損する事例が2件ありましたので現在は洗濯機用としての販売は製品保証が出来ない為に中止させて頂いております。
詳しくはこちらをお読み頂ければ幸いです。



CDSW-01img_c



フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライトと活性炭がまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっております。





(1)人工ゼオライト(2時間測定)


NZSetagaya0221-2h

表示データはCs-All 9.5Bq/kg 重量換算濃度は60.8Bq/kg(1kgあたり数値)
*Cs-134のピークも明確な事から福島第一原子力発電所事故由来のセシウムと
推定出来ます。
バックグラウンド(=BG)は無汚染の人工ゼオライト 50g 20時間測定。







(2)天然ゼオライトと活性炭(4時間測定)


Z50K30gSeta0221-4h

表示データは3.1Bq/kg 重量換算濃度は12.4Bq/kg(1kgあたりの数値)
バックグラウンド(=BG)は無汚染の天然ゼオライト 50gと活性炭30g 20時間測定。



カートリッジが吸着したセシウム総量は73.2Bq/kg

重量換算値につきまして

iFKR-ZIP-Aは1kgあたりのBq値をそもままま表示させる為には必要な試料の量は320gです。しかし必ずしもいつでも必要な試料の量(320g)であるとは限りません。そのため重量換算につきましては標準試料80gで検証を行っております。(試料の密度などの違いは考慮にいれておりませんので1kgあたりのセシウム値はあくまでも参考値です。)それぞれ320gのデータではないからです。


詳しくは換算値についてをご参照下さい。


いずれにしましてもこれからも長期にわたり汚染の推移を見守る必要があります。


ご自身が実際にお使いの水道水のセシウム濃度をまずは知る事が大変重要です。
そして同時に被ばく対策をする事は更に重要です。


是非、ご協力をお願い致します。


詳しくは全国の水道水セシウム測定プロジェクトを是非ご欄下さい。
送料無料など特典もあります。

是非、セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01
を取付けて頂き、被ばく対策をしながらあなたが実際にお使いの水道水の汚染の
推移を監視していきましょう。

飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な0ppm-RO浄水システムを是非、ご検討下さい☆
放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。


電気を使わない最新型のJPN-1を私も使用しております。
長期間ご使用の前提なら一押しです!
まず試してみたい方はレンタルもあります。

現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!


ペットボトル1


ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆

☎03-5629-6977

| 09:08 | 未分類