本日 426 人 - 昨日 369 人 - 累計 768596 人
  • 記事検索

RSS

測定器の校正の重要性について

放射能測定器は定期的に校正が必要です。

具体的にはメーカーによるCs-137とK-40の2点校正が正しく行われている事が重要です。
メーカーである(株)シンメトリックス社では一年に一度の校正をお奨めしております。

弊社は特に放射能測定検査でほぼ一年フル稼働なので、少なくても半年に一度はこの2点校正が必要かどうかをチェック致します。

iFKR-ZIP-A例に具体的にチェック方法を説明致します。


1)Cs-137 662Kev と K-40 1460Kev のエネルギーピークの差を確認する。
*出荷時はこの差は798Kevで調整しておりますが、使用している間に少しずつずれてきます。

2)テスト方法:片側の試料室にCs-137(1,000Bq/kg程度の単一線源)ともう片方の試料室に付属の炭酸カリウムを入れて1時間の測定を行いエネルギーピークの差を見る。

1回目 
2点校正

本来、1460Kev-662Kev=798Kevが正しい差ですが、K-40 1468Kev Cs-137 664Kevとその差は804Kevになっています。
その差は6chずれています。
2Kchで測定していますので10chずれても誤差は0.5%ですが、特に微量の定量を行う場合はプラマイ3ch程度に調整する必要があります。

Cs-137とK-40の2点校正も参考にして下さい。

ゲイン調整(横軸)とゼロ調整(縦軸)を調整し、再度チェックを行ったのが下のスペクトルです。

2点校正20150617

K-40 1459Kev- Cs-137 661Kev その差は798Kevでピッタリ合わせました。
差はあっていますが、2点校正が終わったら通常どうり、K-40のエネルギーキャリブレーションを行ってBGを取得して、微小線源などを使用して実際に正しい数値が出るかどうか確認を行って通常の測定を行って下さい。

*GAINとZEROを何度もやり直しながら調整しなければならず、根気が必要です。
実際に初めてトライした時は2日間かかりましたが慣れてきたので今回は半日程度で合いました。
注意:弊社は販売店なので自社で調整致しましたが、ユーザー様はゼロ調整はいじらないで下さい。
ずれていた場合はメーカーにて校正をお願い致します。


出来るだけ正しい測定を行う上で、この2点校正が何故重要かと言う事を簡単に説明致します。
測定器が示した数値をただ鵜呑みにして、それを公表する事の危険性については何度も記事で書いてきましたので、ここではその事については触れません。
*まだお読みでない方は下記を参照して下さい。

放射能測定について
こちらの記事も参照して下さい。



簡単に説明しますと測定には様々な不確定要素がありますが、その大きな要因にK-40によるコンプトン散乱の影響(縦軸)と温度ドリフト(横軸)があり、それぞれずれが生じます。
正しい校正がなされていればK-40による縦軸のずれはK-40の値にBG(=バックグランド)を合わせる事であるていど回避できます。
しかし、温度ドリフトによる横軸のずれは、そもそも2点校正が狂っていると温度ドリフトによるずれかどうかをスペクトルをみても判断出来ません。

*K-40によるコンプトン散乱の影響とドリフト例については下記に書いてあります。
詳しくはこちらをご参照下さい。

その他にもBi214など自然核種による影響等にも注意する必要があります。
だから正しく校正がなされた放射能測定器である事が、特に微量の汚染を定量する場合には大前提になります。
逆に言うと正しく校正されていない測定器では何を測定しているかわからなくなります。

その他にもスペクトルを見て判断出来る大切な情報など、注意すべき点が沢山あります。
メーカーである(株)シンメトリックス社に100回以上通って教えて頂いた事は大変勉強になっております。

まだまだ勉強中の身ですが、出来るだけ正しい測定を普及させる為に、事故後に数年かけて私が覚えた測定のノウハウはお伝えする事は可能です。
現状ではスペクトル分析についての詳しい書籍は皆無です。

現在測定を行っている方もこれから測定に挑戦される方も(株)シンメトリックス社製のFKRシリーズをお奨め致します。

mFKR
測定下限値 3.0Bq/kg(メーカー公表実測値) 86万円(税抜) 

iFKR-ZIP-A
測定下限値 1.0Bq/kg (メーカー公表実測値)198万円(税抜)


iFKR-ZIP-Pro 測定下限値 0.1Bq/kg 350万円(税抜)

現在、(株)シンメトリックス社製の放射能測定器のユーザー様向けに会員制のメーリングリストサービスを行っております。
測定器の操作方法に関する疑問、測定値についての疑問などを24時間いつでもお気軽にご質問頂けます。
測定が初めての方もお気軽にお問い合わせ下さい。

(株)シンメトリックス社に見学ご希望の方もお問い合わせ下さい。
ご予約頂ければ土日も対応致します。



お電話での問い合わせもお気軽に

担当: 鈴木優彰   
☎03-5629-6977

| 13:10 | 未分類