本日 92 人 - 昨日 384 人 - 累計 481732 人

Cs-137とK-40の2点校正

  1. HOME >
  2. Cs-137とK-40の2点校正
Cs-137のピーク662Kev、K-40のピーク1460Kevですからその差は798Kevでメーカー出荷時には調整しております。

ユーザー様におこなって頂くのはK-40の校正(エネルギーキャリブレーション)のみです。
しかし長い間ご使用頂くと少しずつですがその差にズレが生じます。

iFKR-ZIP-A、mFKRは試料室が2つありますので片方に付属の炭酸カリウムを入れもう片方にCs-137が1,000Bq/kg程度ある試料を入れチェックします。

下は1時間の測定結果ですがCs-137のピークが649KevでK-40のピークが1463Kevになっており、その差は814Kevです。

Calib_1.jpg

先にも述べましたが本来はCs-137のピーク662Kev、K-40のピーク1460Kevですからその差798Kevです。
2Kchで測定していますので10chずれても誤差は0.5%ですが特に微量の定量を行う時はプラマイ3ch程度に調整する必要があります。
ちなみに500chで測定すれば10chのずれでも誤差は2%の4倍になってしまいます。

調整を何度か繰り返し行い合わせたのが下のデータです。

Calib_2.jpg

Cs-137/661KevでK-40/1462Kevでその差は801なのでOKです。