本日 127 人 - 昨日 467 人 - 累計 936791 人
  • 記事検索

  • 更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
RSS

東京都墨田区の水道水を通過させたフィルターのセシウム測定

今回、測定させて頂いたセシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01のユーザー様は東京都墨田区にお住まいです。
ユーザー様からご報告頂きました通水量は以下のとおりです。

使用期間 2019年3月12日から2020年3月6日まで、一日約200L平均のご使用でおおまかな通水量は72,200Lです。



iFKR-ZIP-Aで7,200秒の測定を行いました。

SWSumidaku309-2h


表示 Cs-134 4.9Bq/kg、Cs-137 68.4Bq/kg Cs-134+Cs-137=73.3Bq/kg
フィルター(人工ゼオライト及び天然ゼオライト、活性炭の130g)の重量換算値は2.46倍の180.31Bq/kg(Cs-134+Cs-137)
重量130gで23.4Bq
通水量約72,200L



使用放射能測定器:iFKR-ZIP-A
測定時間:7,200秒
測定者:鈴木優彰
測定日:2020年3月9日
BG(=バックグラウンド)は無汚染の人工ゼオライト約50gと天然ゼオライト約50gと活性炭約30gで24時間取得しました。


出てきた数値のセシウムは除去出来ているのは間違えありませんが、通水量もおおまかで、あくまでも数値は参考値として考えて下さい。数値は大幅に過小の可能性もあります。


CDSW-01フィルター測定値(各地の水道水を通水) 


放射能測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320g(2つの部屋に別れているのでそれぞれ160g)です。
その基本検体量に満たない場合は重量換算で1kgあたりのベクレル値を出しています。
つまり本来320g必要である検体量が今回は130gなので表記の数値に2.46倍すると1kgあたりの数値が出てきます。
この重量換算値につきましては実際に濃度がわかった試料で検証をしております。


詳しくは換算値について

シャワーの害に関するアメリカからのレポートの一部を抜粋致します。
*お湯に含まれる汚染物質の20%〜90%は、入浴中及びシャワー中に皮膚を通して、又は湯気を吸い込む事で、体内に吸収されています。
著者 IS THIS YOUR CHILD ドリス・Jラップ女史ニューヨーク州立大学臨床小児科助教医学博士

全文は『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』をお読み下さい。

マルチピュアとCDSW-01浄水器、セシウム除去テスト

飲み水にはRO浄水器をお薦め致します!シーガルフォー浄水器やマルチピュアユーザー様がRO(逆浸透膜)浄水器タイプに変更されるケースが増えています。
長期間ご使用の前提であれば、一押しは私も使っている電気を使わない最新タイプのJPN-1がお得です!


ROct_JPN-1-c




試しに使ってみたい方、DIYが得意な方には同じく電気を使わないRO-mini浄水器をお薦め致します!お使いの蛇口から分岐するタイプです。蛇口の形が四角いものは取付けで出来ませんのでご注意下さい。



詳しくは↓をご欄下さい(クリックするとページにとびます。)

0PPM-RO浄水システム

放射能測定は現状を把握する為に、大変重要です。

セシウム検査もお気軽にご相談下さい!

食品はもちろん、尿検査など水分の測定も可能です。


放射能測定検査


電話でのお問い合わせもお気軽に!!

☎03-5629-6977

| 15:13 | 未分類