本日 361 人 - 昨日 653 人 - 累計 573815 人
  • 記事検索

RSS
セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01を2017年からご使用のユーザー様のカートリッジの中身を取り出し測定を行いました。



今回、測定させて頂いたのは茨城県龍ケ崎市のユーザー様です。



CDSW-01img_c



フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライトと活性炭がまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっております。

ユーザー様からの通水データは下記のとおりです。

2017年8月末に設置、取外し日は2018年11月7日で433日間のご使用です。
一日平均約10分程度のご使用との事ですので、約43,300Lを通過させた事になります。*ユーザー様の申告の数値であくまでも参考値となります。





(1)人工ゼオライト(1時間測定)

NZIbaRyu1109-1h

表示データはCs-All 128.6Bq/kg 重量換算濃度は823.04Bq/kg(1kgあたり数値)
バックグラウンド(=BG)は無汚染の人工ゼオライト 50g 20時間測定。






(2)天然ゼオライトと活性炭(2時間測定)



Z50K30gIbaRyu1109-2h
表示データは78.6Bq/kg 重量換算濃度は307.2Bq/kg(1kgあたりの数値)
バックグラウンド(=BG)は無汚染の天然ゼオライト 50gと活性炭30g 20時間測定。




重量換算値につきまして

iFKR-ZIP-Aは1kgあたりのBq値をそもままま表示させる為には必要な試料の量は320gです。しかし必ずしもいつでも必要な試料の量(320g)であるとは限りません。そのため重量換算につきましては標準試料80gで検証を行っております。(試料の密度などの違いは考慮にいれておりませんので1kgあたりのセシウム値はあくまでも参考値です。)それぞれ320gのデータではないからです。


詳しくは換算値についてをご参照下さい。

飲み水の最大100倍被ばくすると言う報告もありますので風呂やシャワーの水にも是非、対策をされる事をお薦め致します。
実際にビッツバーグ大学の水質科学の教授は、『シャワーやお風呂を通して、被曝する化学物質の量は、水道水を飲むより6〜100倍多い』と下記の『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』で警告しています。
*http://heart.bird.to/shower/report.html
是非、セシウム吸着に特化したシャワー浄水器をご検討下さい。


セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01

私は浴槽に貯めるお湯もこの浄水器からのお湯を使い、追い炊きで使用しています。

IMG_2905
セシウム、ストロンチウムなどで汚染された太平洋の海水の塩分濃度は3%です。
人体の塩分濃度は約0.85%なので、海に入ると肌から金属イオン等を排出する効果があります。逆に風呂の水の塩分濃度はほぼ0%なので全身の皮膚から汚染物質を吸収してしまうからです。毎日の蓄積を甘くみないほうが良いです。

地域により汚染度は異なります。下記のデータを参照して是非対策をして下さい。


CDSW-01各地の水道水セシウム値


RO(逆浸透膜)浄水器の場合は心臓部分であるメンブレンフィルターに原水を通して悪い水は排出し良い水だけを造るのでメンブレンフィルターにはセシウムなど放射性物質は吸着しません。
メンブレンフィルターは0.0001μのごく小さい孔が空いてそれ以上の大きさのセシウムやストロンチウム(0.0006μ)は排出します。
メンブレンフィルターメーカーは99%除去と明記しておりますが、除去出来ないわずか1%を吸着するのがオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターの役目です。
その除去出来なかったわずか1%をオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターで
吸着し、その効果を実証する為に下記のデータを蓄積致しました。

各地の水道水のセシウム値

除去出来なかったわずか1%を吸着する役目のオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターで東北、関東などほとんどの地区で福島第一原発事故由来のセシウムが検出されています。


特にセシウム汚染が深刻な地域ではオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターをお薦めしています。

74129d406e39570658ff4e01507a87172812e717w250ts_6403116

RO(逆浸透膜)浄水器は放射性物質以外の汚染物質をほとんど除去します。
インフルエンザウィールス、放射性物質より更に細かい粒子の水銀、クロム、カドミウム、ヒ素、ホルムアルデヒドなどの危険物質も高い除去率です。(*表参照)


除去

シーガルフォー浄水器のユーザー様がRO(逆浸透膜)浄水器タイプに変更されるケースが増えています。
長期間ご使用の前提であれば、一押しは私も使っている電気を使わない最新タイプのJPN-1がお得です!


ROct_JPN-1-c


とりあえず試しに使ってみたい方には同じく電気を使わないJPN-miniのレンタルをお薦めしております。


JPN-mini

詳しくは↓をご欄下さい(クリックするとページにとびます。)

0PPM-RO浄水システム



RO(逆浸透膜)浄水器タイプで気をつけなければならないのは心臓部分である肝心のメンブレンフィルターの偽物が出回っているらしいです。プロでも判別が難しいような認証シールまでそっくりなものがあるようですのですので安いフィルターは特に注意が必要との事です。
せっかくセシウム除去出来ると思い導入したRO(逆浸透膜)浄水器がセシウムなど放射性物質を除去出来なければ意味がありません。
確実なのはオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターを測定して数値で確かめる事です。


各地の水道水のセシウム値


放射能測定は現状を把握する為に、大変重要です。

セシウム検査もお気軽にご相談下さい!

食品はもちろん、尿検査など水分の測定も可能です。


放射能測定検査


電話でのお問い合わせもお気軽に!!


☎03-5629-6977
| 06:54 | 未分類

セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01を2018年6月からご使用のユーザー様のカートリッジの中身を取り出し測定を行いました。



今回、測定させて頂いたのは千葉県船橋市のユーザー様で、水道水中にセシウムが入っている事自体が半信半疑という事でわざわざご使用済みカートリッジをご持参頂きカートッジ上部に入っている人工ゼオライトを取り出し実際に測定するところを見て頂きました



CDSW-01img_c



フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライトと活性炭がまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっております。

ユーザー様からの通水データは下記のとおりです。

2018年6月23日設置、取外し日は2018年10月26日で125日間のご使用です。
一日平均約15分程度のご使用との事ですので、約18,750Lを通過させた事になります。*ユーザー様の申告の数値であくまでも参考値となります。





(1)人工ゼオライト(1時間測定)

NZFun1027-1h

表示データはCs-All 53.9Bq/kg 重量換算濃度は344.96Bq/kg(1kgあたり数値)
バックグラウンド(=BG)は無汚染の人工ゼオライト 50g 20時間測定。





(2)天然ゼオライトと活性炭(2時間測定)



Z50K30gFu1027-2h
表示データは39.8Bq/kg 重量換算濃度は159.2Bq/kg(1kgあたりの数値)
バックグラウンド(=BG)は無汚染の天然ゼオライト 50gと活性炭30g 20時間測定。



重量換算値につきまして

iFKR-ZIP-Aは1kgあたりのBq値をそもままま表示させる為には必要な試料の量は320gです。しかし必ずしもいつでも必要な試料の量(320g)であるとは限りません。そのため重量換算につきましては標準試料80gで検証を行っております。(試料の密度などの違いは考慮にいれておりませんので1kgあたりのセシウム値はあくまでも参考値です。)それぞれ320gのデータではないからです。



詳しくは換算値についてをご参照下さい。



下記にも記載しましたが、イオン交換樹脂吸着法前処理によるここ葛飾区の水道水測定でイオン交換樹脂の場合は実際にセシウム濃度がわかった試料で検証しており約96%だとわかっておりますが、この浄水器のカートリッジの内容物である、人工ゼオライト、天然ゼオライト、活性炭はその検証を行っておりません。

その為に残念ながら何%の収率と言う事は言えません。

その為に表示の数値はあくまでも暫定参考値です。


測定値の表示につきまして(重要)


セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01はシャワー浄水器でシャワー用に開発された商品です。

その為、飲用に使用したり他の用途でのご使用にはご注意下さい。
シャワー専用としてご使用頂けますようお願い致します。
また他の用途に使用されますと本体破損の恐れもございますのでご注意頂きたくお願い致します。


CDSW-01セシウム除去用シャワー浄水器につきまして重要なお知らせ

飲料、料理に使われる水などはより安全性が高い0ppm-RO浄水システムをお薦めさせて頂いております。
0PPM-RO浄水システムは最も大切なライフラインである水を浄化するいわば命綱です。
そしてその心臓部分であるメンブレンフィルターの性能を確認する事は大変重要だと考えます。

長期間ご使用の前提であれば、一押しは私も使っている電気を使わない最新タイプのJPN-1がお得です!


ROct_JPN-1-c


とりあえず試しに使ってみたい方には同じく電気を使わないJPN-miniのレンタルをお薦めしております。


JPN-mini

詳しくは↓をご欄下さい(クリックするとページにとびます。)

0PPM-RO浄水システム



RO(逆浸透膜)浄水器タイプで気をつけなければならないのは心臓部分である肝心のメンブレンフィルターの偽物が出回っているらしいです。プロでも判別が難しいような認証シールまでそっくりなものがあるようですのですので安いフィルターは特に注意が必要との事です。
せっかくセシウム除去出来ると思い導入したRO(逆浸透膜)浄水器がセシウムなど放射性物質を除去出来なければ意味がありません。
確実なのはオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターを測定して数値で確かめる事です。


各地の水道水のセシウム値


放射能測定は現状を把握する為に、大変重要です。

セシウム検査もお気軽にご相談下さい!

食品はもちろん、尿検査など水分の測定も可能です。


放射能測定検査


電話でのお問い合わせもお気軽に!!

☎03-5629-6977
| 18:18 | 未分類

ホームページ上で公表しております水道水中のセシウム値に関しまして
専門家の方より、貴重なご意見を頂きました。

ご指摘どおり水道水の正確な測定では、水道水の温度や流水速度、また人工ゼオライトや天然ゼオライト、活性炭の収率が不可欠である事を理解致しました。

1Lあたりの水道水のセシウム値も表示させて頂いてきましたが、吸着素材への
吸着率は、直接濃度がわかった試料で検証はしておりません。
その為に人工ゼオライト、天然ゼオライト等の正しい収率もわかりません。
水温による収率の違い、流れる速度による収率な違いなどとても大変な作業と設備が必要となる為、現状ではそこまで検証する事は出来ません。

その為に今後、1Lあたりの表記は控えるようにしたいと存じます。

カートリッジの内容物である人工ゼオライトや天然ゼオライト、活性炭は収率の検証を行っておりません。
それに加えましてカートリッジがセシウムをある程度吸着した時点で大幅に吸着量が減りますので表記の数値が大幅に過小の数値となる事も懸念されます。

上記のような状況及びメーカー指定の試料重量(320g)では無い事を含めまして私の測定値はあくまでも、参考値としてご利用頂ければ幸いです。

これからも大切なライフラインである生活水を、より安全に使う為にその対策を模索し、測定を続けてまいる所存でございます。


忌憚の無いご意見、ご指摘を今後とも宜しくお願い致します。
| 10:16 | 未分類

0PPM-RO浄水システムですが、2011年からずっと電気ポンプで圧を送る基本的に現行のY5Pと同じ機種の浄水器を使用していましたが、2017年10月11日に最新型の電気を使用しないタイプのJPN-1を導入しました。ここ葛飾区は福島事故由来のセシウム汚染が酷い事からオプションのDIフィルターを設置しております。

そして約1年が経過しましので2018年10月18日に交換しその性能を確かめる為にDIフィルターの測定を本日行いました。
設置時のTDSメーター値は0ppmですが、交換時のTDSメーター値は7ppmでした。


JPN-1.10.18


以前使っていたのは電気を使い水圧をかけるタイプの浄水器の心臓部分であるメンブレンフィルターはダウ・ケミカル社のフィルムテックブランドです。
かなり定評が良いフィルターで高性能ですが、それでも不純物の除去率は98~99%程度です。
このフィルター使用時のDIフィルターの測定では毎年多少の差はありますが,
中身を取り出したイオン交換樹脂の値はおむねCs-All で4~6Bq/kgでした。
この数値はあくまでもメンブレンフィルターで除去出来なかった残りの1~2%の値と言う意味です。

下記のデータはダウ・ケミカル社のフィルムテック仕様のDIフィルターの中身のイオン交換樹脂を測定した各地のセシウム値です。

各地のセシウム値

RO(逆浸透膜)方式の浄水器はその他のシステムの浄水器と大きな違いは、フィルターで不純物などを吸収して浄化するシステムではなく、簡単に説明しますと汚染された物質を排水しキレイな水だけをタンクに貯める方式です。そしてメンブレンフィルターで除去出来なかった1~2%を除去するのがオプションのDIフィルターの
役目です。
つまりメンブレンフィルター自体が汚染を吸収するわけではありませんが、メンブレンフィルターの性能が良いと当然、DIフィルター(イオン交換樹脂)を測定した時に数値は低くなる筈です。


放射性物質を除去出来るとうたっている米国製マルチピュアやシーガルフォーはフィルターに汚染物質を吸着するシステムで基本的な構造が違います。


米国製マルチピュア浄水器のカートリッジ測定



*当然セシウム汚染濃度は時期などにより異なる為に単純比較は出来ませんが目安にはなると思います。
メンブレンフィルター自体にセシウムが吸着するわけではないのでメンブレンの性能の目安を知る唯一の方法だと思います。

RO(逆浸透膜)方式の詳しい説明はこちらをご参照下さい。

ただ先月の葛飾区の測定データでは、ゼオライト等に吸着したセシウム値は倍の以上になっています。


参考記事はこちら

実は私がJPN-1で約1年使っていたメンブレンフィルターはJPN-1仕様書記載のメンブレンより更に性能が高いと定評がある最新型のものに変えてあります。
その為に先述したように時期により汚染度が違う為に単純比較は出来ませんがDIフィルターのセシウムがどの程度の
数値になっているかを知りたいが為に測定を行いました。

前置きが長くなりましたが、下記がDIフィルター(米国OMUNIPURE社)のイオン交換樹脂を320g取り出し測定したスペクトルです。


DIKatushika1027-16h

Cs-All 4.4Bq/kg

Cs-137 662Kev、Cs-134 796Kev近辺に明確なピークがあります。


前述したように時期が違うので単純比較は出来ませんが、最近の汚染度の増加を考えるとダウケミカル社のフィルムテックブランドメンブレンフィルターと遜色ない性能であると言えます。

0PPM-RO浄水システムは最も大切なライフラインである水を浄化するいわば命綱です。
そしてその心臓部分であるメンブレンフィルターの性能を確認する事は大変重要だと考えます。

長期間ご使用の前提であれば、一押しは私も使っている電気を使わない最新タイプのJPN-1がお得です!

ROct_JPN-1-c


とりあえず試しに使ってみたい方には同じく電気を使わないJPN-miniのレンタルをお薦めしております。


JPN-mini

詳しくは↓をご欄下さい(クリックするとページにとびます。)

0PPM-RO浄水システム



RO(逆浸透膜)浄水器タイプで気をつけなければならないのは心臓部分である肝心のメンブレンフィルターの偽物が出回っているらしいです。プロでも判別が難しいような認証シールまでそっくりなものがあるようですのですので安いフィルターは特に注意が必要との事です。
せっかくセシウム除去出来ると思い導入したRO(逆浸透膜)浄水器がセシウムなど放射性物質を除去出来なければ意味がありません。
確実なのはオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターを測定して数値で確かめる事です。


各地の水道水のセシウム値


放射能測定は現状を把握する為に、大変重要です。

セシウム検査もお気軽にご相談下さい!

食品はもちろん、尿検査など水分の測定も可能です。


放射能測定検査


電話でのお問い合わせもお気軽に!!

☎03-5629-6977
| 08:17 | 未分類

世界No.1の浄水性能とうたっているマルチピュア浄水器のユーザー様から
ご使用済みカートリッジの測定のご依頼を頂きました。

実はこちらのユーザー様は千葉県千葉市稲毛区にお住まいのCDSW-01セシウム除去用シャワー浄水器のユーザー様で全国の水道水セシウム測定プロジェクトにもご参加頂いており流量メーターを設置されている下記の記事のユーザー様です。

緊急報告(2)千葉県千葉市の水道水中のセシウム値は前回の倍に推移

*カートリッジに吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)で34,618L、1,401.36Bq/kg
1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は0.04Bqですがカートリッジはセシウム500Bq/kgを吸着した時点で約6割吸着率が落ちるので実際には倍以上である可能性が非常に高いです。



放射性物質は除去出来ると明記されている事からマルチピュア浄水器を使い続けていらっしゃいますが、実際にセシウム(Cs-134+Cs-137)がどの程度除去出来るのかを確かめる為にご依頼頂きました。


マルチピュア浄水器は同じ米国製のシーガルフォー浄水器と同じく、RO(逆浸透膜)ではないタイプですが、放射性物質除去をアピールしている2大メーカーなので実際に福島第一原子力発電所事故由来のセシウム(Cs-134+Cs-137)
が最低でも0.04Bq/L以上含まれている水道水に対しての効果は私も知りたいところでしたので無償で測定をさせて頂きました。



届きましたフィルターのサイズは直径約113mmΦ×約253mmhで1本のみです。

IMG_2895

まずはそれをカットしました。

IMG_2897

粒子状の粒が入っていると予想していましたが活性炭の固まりのような状態でした。このままでは検査袋(10cm×14cm×2枚)に入らないので更にスライスして検査袋に328.1g入れました。

IMG_2899

このままでは厚みで検査室に入らないので更に細かく砕いて16時間の測定を行いました。


MPF1017-16h

16時間の長時間測定をした理由はフィルターの内容物によりK40などによるコンプトン散乱の影響などで正確な測定が出来ない可能性を考えての事でしたがセシウムを吸着しているのであれば明確なピークが出る筈と予想していました。
(ろ過材の主成分は圧縮成形活性炭、セルローズ繊維、ポリエチレン樹脂)

しかし邪魔する核種はほとんどなく、まったくと言っていい程、福島第一原子力発電所事故由来のセシウム(Cs-134+Cs-137)は吸着していない事がわかりました。
やはりRO(逆浸透膜)浄水器以外のフィルターに吸着させるタイプの浄水器ではセシウムなど放射性物質は除去出来てもごく僅かです。

福島第一原子力発電所事故由来のセシウム(Cs-134+Cs-137)除去に関しましては米国製の高価なRO(逆浸透)タイプではない浄水器に比べ、セシウム除去に特化したCDSW-01シャワー浄水器のカートリッジのセシウム吸着率は驚異的とも言えます。
実際のこのユーザー様の水道水を34,618L通過させた使用済みカートリッジは1,400Bq/kg以上のセシウムを吸着しました。浄水器が高価だから吸着するという事ではありません。


2018年10月19日追記

フィルター部分の白い膜(セルロース繊維)にセシウムが吸着している可能性を
考えその部分の測定を行いました。


IMG_2927

検体は50gですので16時間の測定を行ったのが下記のスペクトルです。

MPF2-1019-16H

Cs-137 662kev、Cs-134 796Kev近辺にわずかなピークは見えますが、定量下限値未満です。
測定器のiFKR-ZIP-Aの必要検体量は320gですので
検出下限値は6.4Bq/kgです。


換算値について

まったく同じ蛇口水のこのユーザー様の水道水をセシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01で34,618L通過させた使用済みカートリッジは1,400Bq/kg以上のセシウムを吸着した事を考えると6.4Bq/kg未満吸着している可能性はありますがほとんど効果は認められませんでした。



飲み水の最大100倍被ばくすると言う報告もありますので風呂やシャワーの水にも是非、対策をされる事をお薦め致します。
実際にビッツバーグ大学の水質科学の教授は、『シャワーやお風呂を通して、被曝する化学物質の量は、水道水を飲むより6〜100倍多い』と下記の『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』で警告しています。
*http://heart.bird.to/shower/report.html
是非、セシウム吸着に特化したシャワー浄水器をご検討下さい。


セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01

私は浴槽に貯めるお湯もこの浄水器からのお湯を使い、追い炊きで使用しています。

IMG_2905
セシウム、ストロンチウムなどで汚染された太平洋の海水の塩分濃度は3%です。
人体の塩分濃度は約0.85%なので、海に入ると肌から金属イオン等を排出する効果があります。逆に風呂の水の塩分濃度はほぼ0%なので全身の皮膚から汚染物質を吸収してしまうからです。毎日の蓄積を甘くみないほうが良いです。

地域により汚染度は異なります。下記のデータを参照して是非対策をして下さい。


CDSW-01各地の水道水セシウム値


RO(逆浸透膜)浄水器の場合は心臓部分であるメンブレンフィルターに原水を通して悪い水は排出し良い水だけを造るのでメンブレンフィルターにはセシウムなど放射性物質は吸着しません。
メンブレンフィルターは0.0001μのごく小さい孔が空いてそれ以上の大きさのセシウムやストロンチウム(0.0006μ)は排出します。
メンブレンフィルターメーカーは99%除去と明記しておりますが、除去出来ないわずか1%を吸着するのがオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターの役目です。
その除去出来なかったわずか1%をオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターで
吸着し、その効果を実証する為に下記のデータを蓄積致しました。

各地の水道水のセシウム値

除去出来なかったわずか1%を吸着する役目のオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターで東北、関東などほとんどの地区で福島第一原発事故由来のセシウムが検出されています。


特にセシウム汚染が深刻な地域ではオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターをお薦めしています。

74129d406e39570658ff4e01507a87172812e717w250ts_6403116

RO(逆浸透膜)浄水器は放射性物質以外の汚染物質をほとんど除去します。
インフルエンザウィールス、放射性物質より更に細かい粒子の水銀、クロム、カドミウム、ヒ素、ホルムアルデヒドなどの危険物質も高い除去率です。(*表参照)


除去

シーガルフォー浄水器のユーザー様がRO(逆浸透膜)浄水器タイプに変更されるケースが増えています。
長期間ご使用の前提であれば、一押しは私も使っている電気を使わない最新タイプのJPN-1がお得です!


ROct_JPN-1-c


とりあえず試しに使ってみたい方には同じく電気を使わないJPN-miniのレンタルをお薦めしております。


JPN-mini

詳しくは↓をご欄下さい(クリックするとページにとびます。)

0PPM-RO浄水システム



RO(逆浸透膜)浄水器タイプで気をつけなければならないのは心臓部分である肝心のメンブレンフィルターの偽物が出回っているらしいです。プロでも判別が難しいような認証シールまでそっくりなものがあるようですのですので安いフィルターは特に注意が必要との事です。
せっかくセシウム除去出来ると思い導入したRO(逆浸透膜)浄水器がセシウムなど放射性物質を除去出来なければ意味がありません。
確実なのはオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターを測定して数値で確かめる事です。


各地の水道水のセシウム値


放射能測定は現状を把握する為に、大変重要です。

セシウム検査もお気軽にご相談下さい!

食品はもちろん、尿検査など水分の測定も可能です。


放射能測定検査


電話でのお問い合わせもお気軽に!!


☎03-5629-6977
| 10:42 | 未分類