本日 564 人 - 昨日 634 人 - 累計 642151 人
  • 記事検索

RSS

性能確認用セシウム(Cs-137、Cs-134)標準試料につきまして

多くの市民測定所などで採用されているNaIをご使用の複数の方からご質問を頂きましたのでこちらで説明させて頂きます。

『希望として5Bq/kgの標準試料の購入を検討しているが安いものではないので出来るだけ長い期間使用したい。
濃度も特注出来ると書いてありますが、どの程度の濃度のものを購入するのが良いのか教えて頂きたい』とのご質問でした。


NaI(Tl)でも測定器や測定環境などにより精度が違うので一概には言えませんが、今迄測定されてきてCs-134のピークがスペクトルでハッキリ確認出来るくらいのベクレル数より少し高めの濃度のものをお薦めさせて頂いております。

スペクトル例
2.7Bq-10h
*クリックすると拡大します。
Cs-134の796Kevがハッキリ見える程度の濃度(測定器により違います。)


ご存知のとうりセシウムは時間の経過と共に減衰しますのでその事も考慮しますと少し高めくらいの濃度のほうがよいと思います。
具体的な数値で示しますと10Bq/kg〜20Bq/kg程度が良いのではないかと存じます。
2013年と2014年に無料の試料貸出し企画2015年の無料貸出し企画などでこちらにはある程度のデータはありますが、
特に2015年の企画は公表はなしと言うお約束で複数の信頼のおける市民測定所様からご依頼を受けました。


測定器別にデータがあれば他の方にも参考にして頂きやすいと思いますのでもし測定器の種類、スペクトルデータを公表しても良いと言う方は期間限定で定価より15%OFFとさせて頂きますので是非この機会にご検討下さい。

15%OFFセール期間 2015年10月18日〜2015年10月末までにご予約頂いた方限定です。

NaI(CsI)用 マリネリ1L 30,000円(税抜)
25,500円(税抜)

NaI(CsI)用 マリネリ2L 60,000円(税抜)
51,000円(税抜)

Ge用(U8容器入り)100g 20,000円(税抜)→17,000円(税抜)

またGeをご使用の測定所様FKRシリーズユーザー様もまだ標準試料をご使用でない方も同じく、スペクトルデータを公表しても良いと言う方は期間限定で定価より15%OFFとさせて頂きます。

iFKR-ZIP(A)用 12,000円(税抜)→10,200円(税抜)

mFKR専用 10,000円(税抜)→8,500円(税抜)

*送料は別になります。

お支払い方法などの詳細はこちらをご欄下さい。

予めベクレル数がわかった標準試料で数値の信憑性を確認する事は大変重要です。
定期的に検証が出来るように低ベクレルの標準試料は是非この機会にご検討をお願い致します。


その他の測定情報はこちらをご参照下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に

☎03-5629-6977

| 09:33 | 未分類
前の記事
次の記事