本日 54 人 - 昨日 596 人 - 累計 943071 人
  • 記事検索

  • 更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
RSS

セシウム性能確認用試料の測定

2016年7月30日作成時点でCs-137 0.842Bq/kg、Cs-134 0.157Bq/kgの試料の測定を行いました。

IMG_4552

Cs-137の半減期は30.1年、Cs-134の半減期は2.0652年。
作成した日より約1,350日経過した計算でCs-137 0.842Bq/kg、
Cs-134 0.045Bq/kgの試料です。


0.8Bq0410-40h

*BGは100時間測定。

Cs-137 662Kev近辺、Cs-134 696Kev近辺にも明確なピークが確認出来ます。

この結果を得る為には、定期的なメインテナンス、校正は絶対必要条件です。


2020年4月13日追記

放射能測定検査のC精密検査(測定下限値1Bq/kg、16時間)の同試料でのスペクトルです。

16hte0412 

*Cs-137 662Kev近辺には明確なピークがあるもののCs-134 796Kevのピークはずれています。
これではフクイチ由来のセシウムかどうかの判別は出来ませんが、参考になると思います。





Cs-137とK40の2点校正

そして信頼の出来る試料で性能確認をする事は更に重要です。

信頼の出来る泉源の重要性


しかし多くの放射能測定所は数ベクレルの試料での性能確認を行っておりません。実際にほとんど聞いた事がありません。
数ベクレルの試料での性能確認は微量の測定をする際には必須条件です。弊社では性能確認用セシウム(Cs-137 Cs-134)標準試料の販売も行っておりますので是非ご利用下さい。


性能確認用セシウム(Cs-137 Cs-134)標準試料

測定データの見方についてよくご質問を頂きますが、まず第一にスペクトルがないデータは信用出来ません。どんなに有名測定所が出したデータでも同じです。スペクトル分析において数値と共にスペクトルを載せる事は基本中の基本です。何故ならスペクトルがないデータは測定熟練者でもその信憑性を判断出来ないからです。
放射能測定を行えばNaIでもGeでも必ずスペクトルが表示されます。
それを見て検出か不検出かを判断するのでそれがないという事は第三者が判断出来ないと言う事です。


放射能測定検査ですが、検査結果を公表頂いた方限定でC精密検査は10%OFFとさせて頂きます。是非この機会にご利用下さい!



放射能測定検査

ご質問等ございましたらお気軽にご連絡を!!

電話でのお問い合わせもお気軽に!!!


担当:鈴木まで

☎03-5629-6977

| 10:59 | 未分類