本日 140 人 - 昨日 454 人 - 累計 764771 人
  • 記事検索

RSS

ゼオライトに吸着させた水道水の測定(3)

水道水に含まれる福島第一原子力発電所事故由来のセシウム除去の為に浴槽に貯める水をほぼ毎日、ペットボトルに入れたゼオライトを通過させています。

IM_1

1回目は10回×240L計2,400Lの水道水を通過させたものを測定。

2016年1月7日 表示Cs-All 1.9Bq/kg、参考換算値 7.6Bq/kg

2回目は更に10回の計20回通水させ4,800Lの水道水を通過させたゼオライト80gを測定。

2016年1月16日 表示Cs-All 5.4Bq/kg、参考換算値 21.6Bq/kg


そして今回、3回目の測定では更に10回計30回×240Lの水道水を通過させたゼオライト80gを測定。

ZeoP80g30d0125-4h
*クリックすると拡大します。

表記 Cs-All 8.2Bq/kg、参考換算値32.8Bq/kg

1回目、2回目よりCs-137のピークもハッキリ明確に出ていますので、確実に使用しているゼオライトには除去効果があります。
ゼオライトにセシウムが吸着しなくなるまでは少しでも被ばくを回避する為に使い続けるつもりです。

シャワーヘッドに入れたゼオライトでも確実に除去効果が出ています。

参考記事、Cs-All 1,434Bq/kg検出


更にセシウムの除去をする為にシャワーホースの根元にも簡易的フィルターケースにフィルターを半分にカットして、余ったスペースに不織布の袋に入れたゼオライトを投入しています。

IM_2

フィルターケースのサイズは約203m/m×50m/mΦ(金具含む)、フィルターは50μプレフィルター、ステンレス製シャワーホース、ゼオライト100gです。(ゼオライトは不織布の袋に約50g弱入ります。)

IM_3



*取付水栓ネジ径G1/2
取付可能水栓メーカー INAX(スイッチシャワー/バランス釜以外)、MYM、KAKUDAI、SANEI、Youko(2001年以降製造品)

付属アダプターで接続出来るタイプ
TOTO(大ホース)W24山20、LIXIL(INAXとサンウェーブとトステムの合弁会社)、KVK M22×2


取付径が合わない場合がある為にこれに下のアダプターセットと不織布の布袋をセットしてモニター用特別価格にて数量、地域限定でテスト販売したいと思っております。

IM_4

セシウム汚染が予想される東北、関東地区の水道水ユーザー様限定とさせて頂きます。
特に金町浄水場からの蛇口水、茨城県の霞ヶ浦からの蛇口水をご使用の方はお薦め致します。
3ヶ月以上6ヶ月程度までご使用頂き、ゼオライトを交換時に通水したゼオライトをお送り頂ける方、数値の公表をして頂ける方に限定させて頂きます。
シャワーは通常、1分間で流量10リットル程になりますので一日の流水量の目安にして頂ければと思います。
例:家族4人で一人平均5分間の使用をすると仮定しますと1日の使用量は約200リットル。

出来るだけ詳細のデータを公表して頂きたく思いますが、最低限ご使用の水道水の浄水場まで公表して頂ける方に限らせて頂きます。
測定は無料です。

ご注意! 45℃以上のお湯でのご使用はプラケースの変形や破損の恐れがある為に出来ません。


モニター価格 7,800円(税抜、送料別)

数に限りがありますので品切れの際はご容赦お願い致します。


詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。


お電話での問い合わせもお気軽に!


☎03-5629-6977

| 17:34 | 未分類