本日 426 人 - 昨日 369 人 - 累計 768596 人
  • 記事検索

RSS

1.3gのゼオライトから837ベクレルのセシウム検出

今年の8月に水道水を吸着させたゼオライトからセシウム1,434Bq/kg検出の記事を書きましたが少量でもかなりセシウムを吸着してくれる能力がある事がわかったので、少しでもセシウムを除去出来ればと思い9月初旬にゼオライトを投入しました。
しかし最近、ゼオライトが内部で詰まってしまいシャワー水の出がランダムになり使いずらく家族からなんとかして欲しいと再三言われていました。
そこでシャワーヘッドから取り出してみる事にしました。

しかし昨日取り出してみたところ内部に詰まってしまってたった7粒のゼオライトしか取り出せませんでした。

No.1

重量はNetでわずか1.3g

IMG_4968

この量ではさすがにすぐにピークは出ませんでしたので一昼夜測定してみる事にしました。

結局、16時間の測定を行いました。


Zeo1220-1.3g-16h

表記 Cs-All 3.4Bq/kg でピークもハッキリ出ています。

基本検体量は320gなので246倍です。

参考換算値 Cs-All 836.4Bq/kg

9月初旬から約110日経過していますので、一日に換算すると約7.6Bq/kgのセシウムを浴びずに済んだ事になります。
吸着率はわかりませんがこの量でこれだけ吸着してくれれば効果はそれなりにあります。

首都圏にお住まいの方でシャワーの水に何の対策もされてない方は試してみる価値はあるのではないでしょうか。

使用した測定器はiFKR-ZIP-Aですが、わずか1.3gの検体量でもある程度の汚染があれば測定可能です。

更に必要検体量が少ないiFKR-ZIP-Proは基本検体量はZIPの3分の1以下のわずか100gですので3倍以上効率が上がります。
より少ない試料の量で測定、様々な検体を測定可能になります。

ZIP-Pro 放射能測定器 器機仕様

最良の放射能測定器の条件について

イオン交換樹脂吸着法(前処理)による微量放射能測定の可能性について

詳しくはお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に!


☎03-5629-6977

| 09:27 | 未分類