本日 91 人 - 昨日 559 人 - 累計 586553 人
  • 記事検索

RSS
福島第一原子力発電所由来の核汚染は深刻です。

その中でも最も大切なライフラインである水道水の首都圏の汚染の実態を知る事は大変重要です。
過去何度も記事にしましたがすべての方にもっと関心を持って頂きたいと願っております。

微量でもそこに福島第一原子力発電所由来の核汚染があり、例え微量でも毎日それを摂取し続ければ確実に被ばくするからです。
測定しているのは比較的測定が容易なセシウム(Cs-134+Cs-137)で原子炉内ではストロンチウムとほぼ1対1の比率で存在しますが、東京の水道水の1987年のデータではCs-137に対してSr-90が8倍になっている事も留意すべきです。

参考データ:http://geiger.grupo.jp/blog/1844418


ストロンチウム90の生物学的半減期は約50年、一度取り込むとほぼ一生涯排出されません。

*下記のグラフは原子力規制委員会と弊社測定の数値の比較です。

千葉県比較データ
葛飾区データ
*画像はクリックすると拡大します。


行政発表の数値を安全だと鵜呑みにせず、水道水の検出下限についてその数値を市民で検証する必要があります。

『全国の水道水セシウム測定プロジェクト』を2017年秋に立ち上げた最大の理由はすべての人にもっと関心を持って頂き行政により厳しい対応を迫る必要があるからです。
放射性物質は無味無臭で体内に取り込んでしまってもすぐに違和感はありません。
だから多くの人は無関心ですが、取り込めば確実に蓄積して被ばくし続けるという最も重要な観点が抜けています。
過去の公害訴訟など多くの事例があるにも関わらず多くの人が実際に無関心である事に危機感を覚えます。

気にする気にしないの問題ではありません。
そこに毒が存在し、それを摂取し続ければ確実に被ばくするのです。


実際に水道水に福島第一原子力発電所由来のセシウムがどれだけ存在するのかをまずは知る事が第一です。

その為には出来るだけ正確な数値を知る必要があります。
詳しくは下記URLをご参照頂きたいのですが、その為には流量計の設置が最も簡単です。


『全国の水道水セシウム測定プロジェクト』

IMG_1764

現在、設置して頂いている地域は下記のとうりです。

東京都葛飾区

東京都足立区

東京都文京区

千葉県千葉市

千葉県市原市

神奈川県横浜市

埼玉県さいたま市

埼玉県川口市

大阪府高槻市


正確な水量がわかればカートリッジに吸着したセシウム総量だけじゃなく、1Lあたりの数値の比較がより正確に出来ます。
メーターは流量がわかれば種類は問いませんが、私が使用しているメーターは比較的安価です。

取付方法などはこちらを参考にして下さい。
メーターを付ける事で正確な水の使用量がわかり、測定する事でその汚染度を知りカートリッジ交換も経済的に安全に行う事が出来ます。
是非、メーター設置をご検討下さい。

設置例

unnamed-2
DSC_0259
BnkycPSV
o0430076514136354860


全国の水道水のセシウム測定プロジェクトにつきまして

全国の水道水セシウム測定プロジェクト(結果報告1)


測定毎に下記のページに更新していきます。

CDSW-01各地の水道水のセシウム値


被ばく対策して頂く事はもちろん最も大切な事ですが、現実的にある首都圏の水道水中の福島第一原子力発電所由来のセシウム汚染の実態を知る事も大変重要だと考えます。


セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01


多くの人に水道水汚染の実態を知って頂き、行政に本気で対策してもらう事が最終的な目標です。
このまま無関心な人ばかりだと何も知らない子供達に待っているのは地獄だけです。
是非、ご協力下さい☆

ご質問等ございましたらお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-6977
| 14:14 | 未分類

放射能測定検査の正確性は言うまでもなく、最も重要です。

SMTX社の世界最高レベルの測定器を使用していても定期的に校正、予め濃度がわかった試料で検証する事は大変重要です。

現在、放射能測定検査は測定時間などにより4種類(A.B.C.S.)となっており基本的にセシウム総量(Cs-134+Cs-137)の定量を行っております。
時間ごとに測定下限値は違いますので検体によりどの検査をしようか迷われる方も少なからずおります。

詳しくは放射能測定検査をご欄下さい。

それぞれの定量下限値ですが、A.簡易検査は6Bq/kg、B.一般検査は3Bq/kg、C.精密検査は1Bq/kgとなっていますが放射能測定は不確定要素が多く重量を測るようにピッタリとはいきません。
スペクトルを見て判断する必要があります。


使用機器はiFKR-ZIP-A、今年1月にCs-137とK-40の2点校正を行ったので正確性を確認する意味でも重要ですので検証を行いました。

参考記事:Cs-137とK-40の2点校正


今回使用した試料は実際にフクイチ由来のセシウムが含まれている2016年7月当時セシウム総量3Bq/kg。

IMG_2063

A.(1時間)B.(4時間)C.(16時間)で同じ試料の測定を行いました。


A.簡易検査(1時間)

3Bq1h0215

*数値的にはCs-Allでは近い数値であるものCs-134とCs-137の比率は逆になっておりこれでは正確な定量とは言えません。
しかしスペクトルを見るとCs-137 662Kev近辺にはピークがあります。
この場合、報告としまして6Bq/kg定量下限値未満ですが、Cs-137近辺にピークありと報告書に明記します。



B.一般検査(4時間)

3Bq4h0215
*4時間で検出下限値は3Bq/kgとしていますがそれ以下であってもCs-134とCs-137の比率的にもほぼ近い値が出てきました。
しかしスペクトルを見るとまだギザギザになっておりより明確なピークを検出させる為には時間的に不足している事がわかります。



C.精密検査(16時間)

3bq16h0215

*3Bq/kgから約一年半が経過しその分減衰しているので数値的にも真の値に近く、 Cs-134とCs-137の比率やスペクトルのピークもほぼ合っている事から今回の3種の測定で一番正確性がある事がスペクトルからわかります。

スペクトルはそれぞれクリックすると拡大します。

今回の試料は玄米、白米のミックスの為にK-40によるコンプトン散乱の影響はほぼありませんが、検体によりK-40が多く含まれる場合はその影響により数値が高くなるケースがありますので単純ではありません。

K-40によるコンプトン散乱の影響(K-40 2,000Bq/kg)

コンプトン散乱により縦方向の影響の他、横方向にずれるドリフトなど条件により様々な事象があります。

詳しくは測定情報をご参照下さい。

出来るだけ正確性がある測定を心がけております。
測定してみたい検体がありましたらお気軽ににまずはご相談下さい。

例えば外のガラスを拭き取ったタオルなどや、車を拭き取ったタオルなど実際にどの程度の汚染があるのかあなたのアイディア次第で見えなかったものが目に見えます。
数値で見て頂き、出来る被ばく対策をして頂く事が重要だと思います。

2017年12月東京都、ガラスを拭き取ったがタオルのセシウム、約120Bq/kg

放射能汚染は目に見えず無味無臭です。
しかし測定すれば数値でわかります。

是非、ご利用下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に!


☎03-5629-6977
| 18:40 | 未分類

ここ葛飾区の自宅トイレに約1年程前に設置したCDSW-01セシウム除去用シャワー浄水器のカートリッジの測定を行いました。

今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。

CDSW-01img_c

フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。

自宅トイレは2カ所ありますがリビングが2階にあるので2階のトイレのほうが使用頻度は多いですが一階に設置しています。いずれにしましても水量はまったくわかりません。
ちなみに2階トイレはウォシュレットは廃止しました。

IMG_2048
IMG_2044
IMG_2045


(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム


人工ゼオライト約50gの測定を1時間行いました。

T0209-1h

表示はCs-All 68.2Bq/kg

測定器iFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gなので換算値は6.4倍です。
換算値Cs-All 436.48Bq/kg

バックグラウンド(=BG)は無汚染の人工ゼオライト50gで72,000秒測定して取得した直近のものと比較。
バックグランドとは自然界や測定器そのものに、天然の放射性物質がありますので通常は検査室に検体を入れない空の状態と検体を入れた状態で比較して、正味の放射能濃度を計算する為に取得します。

(2)天然ゼオライトと活性炭が吸着したセシウム

そしてカートリッジの2つ目の部屋に入れたあった使用済みの天然ゼオライト50gと活性炭30gを1時間測定しました。

Z50K30gT0209-1h
表示はCs-All 34.2Bq/kg

換算値は4倍の136.8Bq/kg
*バックグラウンド(=BG)は無汚染の天然ゼオライト50gと活性炭30gを20時間測定して取得しました。

カートリッジが吸着した セシウム総量は573.28Bq/kgです。

*カートリッジはセシウム総量500Bq/kg程度を吸着した時点で約60%吸着率が下がるので実際には更に高い汚染度です。

首都圏のトイレでウォシュレットを使用される場合は対策を行ったほうが良いでしょう。
理由は直接、肛門の粘膜などにセシウムなど放射性物質が皮膚に浸透するからです。
余談ですがウォシュレットの普及と同時に大腸がんも増えています。
そもそも肛門のまわりには、腸内にばい菌が侵入しないように粘液が分泌され雑菌の侵入を防ぐので出来れば使用しないほうが良いのではないかと考えます。


CDSW-01 セシウム除去用シャワー浄水器は元々シャワー専用に開発した商品ですが、ユーザー様のアイディアでトイレや洗濯機などにも取付可能です。
トイレや洗濯機などになどに設置する場合は必ず水を止めて設置するなど注意が必要です。

葛飾区の自宅に取付けた洗濯機の1年使用したカートリッジの測定では
福島第一原子力発電所由来のセシウム651.2Bq/kg検出
しています。


SW-01wm

首都圏ではトイレ、洗濯機より優先してシャワーのお湯対策をしたほうが良いと思います。
毎日の風呂やシャワーのお湯がセシウム汚染されていては身体全体から皮膚から吸収してしまうからです。
身体の表面積から考えてもまずは風呂やシャワーの対策を優先させるべきだと考えます。


葛飾区の蛇口水の1987年6月のデータを調べて驚愕する事実がわかりました。
1987年はチェルノブイリ原発事故の翌年です。
原子炉内ではセシウムとストロンチウムは1対1の比率で存在すると言われていますが、ストロンチウム(Sr-90)の値はセシウム(Cs-137)の8倍もの値でした。

*参考記事 http://geiger.grupo.jp/blog/1844418

ストロンチウムはセシウムの300倍危険だと言われている核種で体内半減期は50年、つまり一度吸収するとほぼ生涯排出されません。
毎日の風呂やシャワーのお湯で呼吸器から肺に確実に吸収し、蓄積していくのは明らかです。
感情で否定してもそこに毒が存在する以上、確実に被ばくしますのでまだな方は是非対策をして下さい。


飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な0ppm-RO浄水システムを是非、ご検討下さい☆
放射性物質以外の危険物質の高い除去率にも着目して下さい。


RO除去

首都圏にお住まいの方にはオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターの設置をお薦めしております。
RO(逆浸透)方式の浄水器は放射性物質除去に特化しておりますが完全ではありません。

飲み水に関しましては放射能を測定するものではありませんが、TDSメーターと言う不純物濃度を測定する安価なメーターがございます。
そのメーターで0ppmの水を飲用される事をお薦めしております。
ご自身でお使いの水はTDSメーターで数値を管理する事が大切だと考えております。
最近の一番人気は我が家でも最近導入しました最新型のJPN-1です。


新製品 JPN-1

最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。
そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。
(フィルター等の消耗品を除く)


そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!

JPN-mini

初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)
*翌々月から自動引落し、オプションは別。

現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!


ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-6977
| 16:02 | 未分類

ここ東京都葛飾区で水道水中のセシウム汚染のデータを取得する為、流量計を
設置して定期的に測定を行っております。

前回記事は40,000Lの測定でこちらをご参照下さい。

今回メーター表示110,000L(カートリッジ交換jから50,000L)になったので昨日、セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01のカートリッジを取り出し乾燥させて本日測定を行うべくカートリッジの中身の人工ゼオライトを取り出そうとしました。
ところが問題が発覚しました。
前回交換時に中身のスポンジフィルターをちゃんとセットしなかった為か
人工ゼオライトの大部分が流されてしまいその量が半分以下に減っていました。


IMG_2039

天然ゼオライトと活性炭はほぼ大丈夫でしたので一応どちらも測定してみました。

量が半分以下になってしまった人工ゼオライトのスペクトル

NZ50KL0207-1h
表記 Cs-All 22.6Bq/kg

やはり量が半分以下なので前回より低い数値でした。

天然ゼオライト約50g+活性炭約30g

Z50K30g50KL0207-2h
表記 Cs-All 19.6Bq/kg

いずれにしましてもこれでは継続して正しい検証が行えないので本日よりメーター表示110,000Lから新しいカートリッジに変えやり直す事にしました。

IMG_2041

頻繁に測定すると人工ゼオライトが軽く流されてしまう恐れがある為に次回測定は
メーターで160,000L(実質50,000L)で行う予定です。


セシウム除去用シャワー浄水器に採用している人工ゼオライトは水道水中の微量のセシウム除去はもちろんの事、定量にも有効だと思います。


原発から流出した核種はセシウムだけではありません。
その300倍危険だと言われているストロンチウムは原子炉内ではセシウムと1:1の比率で存在します。
例え微量でも毎日皮膚から浸透し呼吸器から肺に吸収してしまう事を真剣に考え、そして対策して欲しいと思います。
ストロンチウム除去効果も期待出来ます!

まずはご自身が毎日お使いの水のセシウム汚染度を知る事は大変重要だと思います。

セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01で被ばく対策をして是非無料測定をご利用下さい。

使い終わったカートリッジをお送り頂き、通水量を教えて頂き地域を公表して頂ければカートリッジ交換時に初回無料測定をさせて頂きます。
より精確な水量を知る為に流量計を設置頂いた方は2回目の交換時も無料で測定を行います。
詳しくは下記をご欄下さい。


全国の水道水セシウム測定プロジェクト

各地の水道水のセシウム値はこちらからご確認下さい!


*参考 シャワーの害に関するアメリカからのレポート:http://heart.bird.to/shower/report.html

水道水のセシウム除去に特化したセシウム除去用シャワー浄水器


ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆

☎03-5629-6977
| 15:30 | 未分類

セシウム除去用シャワー浄水器をご使用頂いている東京都文京区のユーザー様分の測定を行いました。


今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。

CDSW-01img_c

フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。

ユーザー様から情報は以下になります。


使用期間 2017年7月11日〜2018年1月31日(205日)

流量計を2017年9月2日に設置頂きました。


DSC_0259

2017年9月2日〜2018年1月31日までの流量は51,528L
一日平均339L×205日で69,495Lです。


(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム


人工ゼオライト約50gの測定を2時間行いました。

NZBunkyoku0205-2h

表示はCs-All 20.3/kg
*Cs-137 662Kev、Cs-134 796Kev近辺のピークはハッキリ見えます。

測定器iFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gなので換算値は6.4倍です。
換算値Cs-All 129.92Bq/kg

*バックグラウンド(=BG)は無汚染の人工ゼオライト50gで72,000秒測定して取得した直近のものと比較。
バックグランドとは自然界や測定器そのものに、天然の放射性物質がありますので通常は検査室に検体を入れない空の状態と検体を入れた状態で比較して、正味の放射能濃度を計算する為に取得します。

(2)天然ゼオライトと活性炭が吸着したセシウム

そしてカートリッジの2つ目の部屋に入れたあった使用済みの天然ゼオライト50gと活性炭30gを2時間測定しました。

Z50K30gBunkyoku0205-2h
表示はCs-All 11.6Bq/kg

換算値は4倍の46.4Bq/kg
*バックグラウンド(=BG)は無汚染の天然ゼオライト50gと活性炭30gを20時間測定して取得しました。

カートリッジが吸着した セシウム総量は176.32Bq/kgです。

1LあたりのCs-Allの換算値は0.0025Bq/kgです。
都内では比較的数値は低いほうだと思います。
しかし福島第一原子力発電所事故由来のセシウムが存在するのでセシウムの300倍危険なストロンチウムなど他の核種も想定し対策する必要があります。


初回カートリッジ交換時に無料測定をご利用頂ければ、交換時期の目安をご自身で決めて頂けます。
また、多くの人に水道水に福島第一原発事故由来のセシウムの汚染度を知って頂き対策して頂く事は無用な被ばく回避の観点からも非常に重要だと考えます。


全国の水道水セシウム測定プロジェクト




セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01を設置して頂きそれを無料で測定させて頂きます。
取付は簡単で、被ばく回避も同時に出来ます。
是非、あなたもご協力下さい。

CDSW-01 各地の水道水中のセシウム値


飲み水はもちろんの事ですが、毎日顔を洗う風呂やシャワーの水も首都圏では対策が必要なレベルの汚染。
お米や野菜を洗う水、洗濯用の水なども出来ればセシウム除去した水を使ったほうが良いでしょう。
その中でも特にお風呂やシャワーの水の対策を最優先して行う必要があります。

理由はお湯に含まれる汚染物質の20%〜90%は、入浴中に皮膚を通して、又は湯気を吸い込む事で体内に吸収されています。
最大飲料水の100倍の有害物質を浴びていると言う記述もあるからです。
*シャワーの害に関するアメリカからのレポート 
http://heart.bird.to/shower/report.html

葛飾区の蛇口水の1987年6月のデータを調べて驚愕する事実がわかりました。
1987年はチェルノブイリ原発事故の翌年です。
原子炉内ではセシウムとストロンチウムは1対1の比率で存在すると言われていますが、ストロンチウム(Sr-90)の値は
セシウム(Cs-137)の8倍もの値でした。


*参考記事 http://geiger.grupo.jp/blog/1844418

ストロンチウムはセシウムの300倍危険だと言われている核種で体内半減期は50年、つまり一度吸収するとほぼ生涯排出されません。
毎日の風呂やシャワーのお湯で皮膚や呼吸器から肺に吸収し、蓄積していくのは明らかです。
感情で否定してもそこに毒が存在する以上、確実に被ばくしますのでまだな方は是非対策をして下さい。

子供達にはもう時間がありません。

飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な0ppm-RO浄水システムを是非、ご検討下さい☆
放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。


RO除去

首都圏にお住まいの方にはオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターの設置をお薦めしております。
RO(逆浸透)方式の浄水器は放射性物質除去に特化しておりますが完全ではありません。

飲み水に関しましては放射能を測定するものではありませんが、TDSメーターと言う不純物濃度を測定する安価なメーターがございます。
そのメーターで0ppmの水を飲用される事をお薦めしております。
ご自身でお使いの水はTDSメーターで数値を管理する事が大切だと考えております。
最近の一番人気は我が家でも去年秋に導入しました最新型のJPN-1です。

新製品 JPN-1

最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。
そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。
(フィルター等の消耗品を除く)


そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!

JPN-mini

初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)
*翌々月から自動引落し、オプションは別。

現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!


ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-6977
| 16:59 | 未分類