本日 185 人 - 昨日 244 人 - 累計 326746 人 ショッピングカート サイトマップ
  • 記事検索

RSS

適正な測定時間の検証

2015年02月20日
放射能測定を行う上で適正な測定時間を決める事は、大変大切なことですが、とても難しいことでもあります。
測定の回数を重ねることで、少しずつ『コツ』を掴めてきたような気がします。

測定する場所によりバックグランドの違いもありますので、実際に測定することが大切ですが、ご参考までに、弊社での測定例をご紹介致します。


下記は同じ3Bq/kgの試料を1時間、2時間、3時間、4時間と測定を行った結果です。

画像
Cs-All/4.2Bq/kg

画像
Cs-All/3.3Bq/kg

画像
Cs-All/3.1Bq/kg

画像
Cs-All/3Bq/kg

*備考:測定日2015.2.18 天候:雨 室温18.1℃ 湿度42%

更に続けて同じ試料、100,000秒測定を行った結果です。

画像
Cs-All/2.7Bq/kgでした。
スペクトルに注目して欲しいのですが、長時間測定した事でROIの領域が少しずれています。
茶色がバックグランドで赤が検体ですが選ばれてない領域が明確にあります。
わかりやすいように本来選ばれるべき領域を黄色に塗りつぶしてみたのが下の画像です。


画像

本来のROIの領域を選びなおしてReCalicを行ったのが下の画像です。

画像
Cs-All/3Bq/kg

長時間測定などで数値が矮小化した場合などはROIの領域がずれる場合がありますので、その時はROI領域を再設定しReCalicを行うとより真の値に近い値に修正出来ます。


測定の信憑性を評価する上で最も大切な事はCs-137の単一線源のみでの検証では不十分です。
実際に測定する検体には殆どK40などの自然由来の核種が含まれていますので、実際に測定する検体の条件に近い試料での確認は非常に大切です。

Ge(Li)用 性能確認試料3Bq/kg無料貸出中ですので
是非、この機会にご利用下さい。

下記で販売もしておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

性能確認用セシウム(Cs-137、Cs-134)試料

放射能の測定は不確定要素を出来るだけ排除する事が重要と考えます。

下記に測定情報もまとめてありますので是非、ご欄下さい。

測定情報他
| 07:59 | 未分類

放射能測定器の購入をご検討の方

2015年02月17日
平素お世話になります。

iFKR-ZIP-Proのプロトタイプは実機をご欄頂けます。
iFKR-ZIP-Proの予約販売を先日、開始しましたが何人かのお客様に実際に来て頂きました。
内部被ばくを研究されている方々も来てくださり共に有意義な時間を過ごしました。
やはり、実際に見て頂くのが一番だと思いました。
Proでは同時計数法(コインシデンスモード)を採用しCs-134だけがスペクトルとして検出されるモードが追加されています。
その理由は原発由来のセシウム汚染の判定は、中国などの核実験由来のセシウムや土壌等ではBi-214等の妨害γ線によって従来の測定器では誤検出の恐れがあります。
Proでは2個の検出器を使用することにより同時計数法で正確なスペクトルが見えるようになりました。

微分非直線性が良いスペクトルの例なども実際にゲルマなどのデータと比較して見て頂く事が可能です。


FKRシリーズをご購入のお客様は企業様、市民測定所様、個人の方も多いです。

放射能測定器の購入をご検討の方がやはり一番気にされているのは測定下限値です。
(株)シンメトリックス社公表の測定下限値は実際にK40なども含まれた低ベクレルの試料などで確認したデータである事ある事に注目して下さい。

検出下限値について

FKRシリーズそれぞれの下限値(実測値)セシウム合計(Cs-137、Cs-134)

mFKR3Bq/kg

iFKR-ZIP-A1Bq/kg

iFKR-ZIP-Pro0.5Bq/kg


2番目に気にされることが多い検体量はそれぞれ


mFKR200g

iFKR-ZIP-A320g

iFKR-ZIP-Pro100g


多くの測定所では検体量が500g~2kgとなっております。
ゲルマなどを用いたほとんどの測定所では日本アイソトープ協会の、標準線源U8容器で校正をしているGe(Li)が一般的なのでU8容器入りの100gの測定が可能ですが長時間(基本50,000秒以上)が必要な事を考えますと、検体量が少なくすむ事は大きなアドバンテージだと思います。

そしてもう一つ大きなアドバンテージはユーザー様専用の会員制のメーリングリストサービスで測定に関するご質問などもこちらでお気軽に行えます。測定が初めての方も是非、お問い合わせ下さい。

iFKR-ZIP-Proは現在、特別値引き中です。

詳しくはこちらをご欄下さい。


平日にお休みじゃない方は土日はもちろん、祝日なども予めご予約頂ければ喜んでメーカーまでご案内させて頂きます。
まずはご相談下さい。

電話でのご相談もお気軽に!

☎03-5629-6977
| 08:17 | 未分類

iFKR-ZIP-Pro 販売予約開始のお知らせ

2015年02月06日
上位機種のiFKR-ZIP-Proも予約販売を開始致しました。
事前にプロトタイプを見て頂ける方には特別販売価格にてご提供致します。
従来の測定器の検体量は1kg〜2kg程度ですがiFKR-ZIP-Proの最大の特徴は
わずか100gの試料で測定出来る事です。
実測したスペクトルを実際に見て頂き納得して頂くのが一番だと思いますので
つくば市までの交通費として80,000円の値引きを致します。


3,500,000円(税込3,780,000円)→税込3,700,000円

是非、この機会にご検討をお願い致します。

詳しくはiFKR-ZIP-Proをご欄下さい。

試料の量が少ない測定例としまして下記テストを行いました。

iFKR-ZIP(A)もmFKRも試料室が2つあります。
iFKR-ZIP(A)は基本検体量は320g、mFKRは200gとなっておりそれぞれの試料室に160g×2=320g、100g×2=200gが基本の検体量です。
検体量は基本量であるべきですがどうしても検体量が大幅に不足する事があります。
極端な例ですが検体量が半分の時に片側の試料室だけに検体を入れそれぞれテストを行いました。

まずはmFKRですが100g、2.5Bq/kgの玄米の試料を入れ実験を行いました。

*試料はmFKR用の5Bq/kg(100g×2=200g)を方側に100g、1袋のみ入れ、16時間測定したデータです。

画像
Cs-All 2.9Bq/kg
Cs-134 0.7Bq/kg
Cs-137 2.2Bq/kg



そしてiFKR-ZIP-Aは160g、0.5Bq/kgの試料を入れ100,000秒の測定を行いました。

画像
Cs-All 0.4Bq/kg
Cs-134 0.1Bq/kg
Cs-137 0.3Bq/kg


iFKR-ZIP-AもmFKRも検出器で2つの試料室に入った検体で挟む事により検出効率を高めた仕様になっていますが片側だけでも測定時間を長くする事でほぼ近い値が出てきます。

長時間測定出来る条件は微分非直線性がよいMCAの使用が大前提です。

iFKR-ZIP-Aは条件により試料160gでも検出下限値は0.5Bq/kg程度までmFKRは試料100gでも検出下限値は2.5Bq/kg程度は可能です。
いずれもメーカー公表値より条件が良ければ測定下限値を下げる事が出来ます。

iFKR-ZIP-AmFKRもご検討頂ければ幸いです。

土日、祝日もメーカーまでご案内させて頂いておりますので是非、お問い合わせ下さい。

お電話での問い合わせもお気軽に☆

☎03-5629-6977
| 17:45 | 未分類

iFKR-ZIP-Proについて

2015年02月05日
iFKR-ZIP-Proプロトタイプが完成致しましたので昨日、実際に見に行ってきました。
ご興味がある方は是非、つくば市の(株)シンメトリックス社へお越し頂き実際に、ご欄になって頂ければと存じます。

詳しい仕様等を説明させて頂きます。

iFKR-ZIP-Pro

弊社は単に測定器の販売だけではなく、実際にご希望の検体を納得いかれる精度で測定して頂けるように全力でサポート致します。



お問い合わせはお気軽にご連絡下さい☆

お電話でのお問い合わせもお気軽に!

☎03-5629-6977


| 21:15 | 未分類