本日 34 人 - 昨日 512 人 - 累計 377175 人 ショッピングカート サイトマップ
  • 記事検索

RSS
0PPM-RO浄水システムをご使用頂いている松戸市のお客様が約1年使用したDIフィルターを回収してカットし中身のイオン交換樹脂を320g取り出し、iFKR-ZIP-Aでセシウム検査を行いました。

現在、販売されている浄水器でセシウム、ストロンチウム、ウラン系、ヨウ素などの放射性物質を除去出来るのはRO(逆浸透)方式の浄水器のみです。

DIフィルターはメンブレンフィルターと違い中身のイオン交換樹脂にセシウムを吸着させて除去します。
DIフィルターはオプションを追加頂くとTDSメーター値で0ppmになり安全性を更に高めます。
*オプション設定なしの場合はTDSメーター値はおおむね4~6ppm程度、地域により異なります。

画像

セシウム総量(Cs-134、Cs-137)で4.9Bq/kgでした。
交換時TDSメーター値7ppm


RO(逆浸透)の心臓部分であるメンブレンフィルターは99%除去タイプを使用しておりますが除去率は100%ではありません。
除去出来なかった約1%のセシウムを更に除去する為にDIフィルターがオプション設定されております。
その除去出来なかった約1%のセシウムをDIフィルターをカットし中身のイオン交換樹脂を320g取り出し測定した数値です。
交換時のTDSメーター値によりバラツキはありますが各地で測定したほぼすべてのDIフィルターから福島第一原発事故由来のセシウムが検出されています。
横浜、TDSメーター値2ppmはND

各地の水道水中のセシウム値

DIフィルターのおおよその交換時期の目安はTDSメーターで4〜6ppm程度が適当ではないかと考えます。

TDSメーターは放射能を測定するものではありませんが不純物の測定は大変参考になると思います。

東北、関東地区では特にDIフィルターは必需品だと思います。
オプションのDIフィルターを選択して頂いたお客様には2015年2月末日までTDSメーターを無料でプレゼント致します。
買い取り、レンタルに関わらず期間内に設置して頂いたお客様が対象です。
この機会に是非、ご検討をお願い致します。

0PPM-RO浄水システム
| 14:55 | 未分類

0PPM-RO浄水システムをご使用頂いている横浜市のお客様が約1年使用したDIフィルターを回収してカットし中身のイオン交換樹脂を320g取り出し、iFKR-ZIP-Aでセシウム検査を行いました。

画像

セシウム総量(Cs-134、Cs-137)で定量下限値未満(1Bq/kg)でした。
(交換時TDSメーター値2ppm)


RO(逆浸透)の心臓部分であるメンブレンフィルターは99%除去タイプを使用しておりますが除去率は100%ではありません。
除去出来なかった約1%のセシウムを更に除去する為にDIフィルターがオプション設定されております。
その除去出来なかった約1%のセシウムをDIフィルターをカットし中身のイオン交換樹脂を320g取り出し測定した数値です。
交換時のTDSメーター値によりバラツキはありますが各地で測定したすべてのDIフィルターから福島第一原発事故由来のセシウムが検出されていますが今回の横浜のお客様の交換時のTDSメータ値は2ppmで1Bq/kg未満だったのは初めてです。

各地の水道水中のセシウム値


現在、販売されている浄水器でセシウム、ストロンチウム、ウラン系、ヨウ素などの放射性物質を除去出来るのはRO(逆浸透)方式の浄水器のみです。

DIフィルターはメンブレンフィルターと違い中身のイオン交換樹脂にセシウムを吸着させて除去します。
DIフィルターはオプションを追加頂くとTDSメーター値で0ppmになり安全性を更に高めます。
*オプション設定なしの場合はTDSメーター値はおおむね4~6ppm程度、地域により異なります。

DIフィルターのおおよその交換時期の目安はTDSメーターで4〜6ppm程度が適当ではないかと考えます。

TDSメーターは放射能を測定するものではありませんが不純物の測定は大変参考になると思います。

東北、関東地区では特にDIフィルターは必需品だと思います。
オプションのDIフィルターを選択して頂いたお客様には2015年2月末日までTDSメーターを無料でプレゼント致します。
買い取り、レンタルに関わらず期間内に設置して頂いたお客様が対象です。
この機会に是非、ご検討をお願い致します。


0PPM-RO浄水システム
| 11:29 | 未分類

昨日、今日と放射線量測定検査を行いましたが本日測定した一部を抜粋してお知らせ致します。


HORIBA Radiで1mの空間線量は10回の測定の平均で0.072μSv/h

画像


iFKR-254で1mの空間線量は10回の平均値で0.069μSv/h
HORIBA RadiもiFKR-254もγ線のみの測定です。
地表に置いてそれぞれの測定を行いました。

画像

10回の平均値

HORIBA Radi 0.097μSv/h

iFKR-254 0.075μSv/h


そしてLND7317で約12分間の測定値

画像

75.6cpm、0.21μSv/h

*γ線+β線の合計値


iFKR-254はγ線の測定ですが秘密兵器のFindモードがあります。
地表を1,000秒測定後にFindモードを押すとCs-137/799カウントとセシウムが優位に検出されました。

画像

そして測定場所から採取した土246.2gをiFKR-ZIP-Aで測定を行いました。

画像
表示:Cs-137/145.7Bq/kg、Cs-134/47.7Bq/kg

セシウム総量を換算すると約1.3倍ですので約251.3Bq/kg検出です。


γ線のみの測定で核種の同定が出来ない測定器では例え0.1μSv/h以下であったとしても安心は出来ません。
Radiのようなγ線しか測定出来ない簡易型の測定器では結局何を測定しているのかがわかりませんので土壌などの検査をもっと普及させる必要があります。

放射能測定検査

| 17:18 | 未分類

現在、公表されているGe(Li)ゲルマ二ウム半導体検出器におけるセシウム測定のデータの信憑性を確認する為に『性能確認用セシウム(Cs-137、Cs-134)3Bq/kg試料の無料貸し出しを開始しました。

特にゲルマは数千ベクレルの校正用線源で校正されいるので微量の線源がなかった為に測定値の信憑性を確認する手段がなかったからです。

日本アイソトープ協会の、標準線源U8容器で校正をしているGe(Li)が一般的なのでU8容器入り(100g)をご用意致しました。

1.約3Bq/kg玄米試料

2.?Bq/kgの玄米試料

基本的にGe(Li)で測定を行っている方には無料で上記セットで貸し出しを致します。
条件はそれぞれの試料の50,000秒以上の測定でスペクトル表を添付して頂ける方で貸し出し期間は1週間でご予約制です。
往復の送料のみはご負担下さい。
詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。


販売も行っておりますのでご使用の測定器の性能確認に是非ご利用下さい。
| 20:47 | 未分類

0PPM-RO浄水システムをご使用頂いている東京都渋谷区のお客様が約1年使用したDIフィルターをカットし中身のイオン交換樹脂を320g取り出し、iFKR-ZIP-Aでセシウム検査を行いました。

画像
セシウム総量(Cs-134、Cs-137)で3.5Bq/kgです。



RO(逆浸透)の心臓部分であるメンブレンフィルターは99%除去タイプを使用しておりますが除去率は100%ではありません。
除去出来なかった約1%のセシウムを更に除去する為にDIフィルターがオプション設定されております。
その除去出来なかった約1%のセシウムをDIフィルターをカットし中身のイオン交換樹脂を320g取り出し測定した数値です。

画像
交換時TDSメーター値7ppm

交換時のTDSメーター値によりバラツキはありますが都内では測定したすべてのDIフィルターから福島第一原発事故由来のセシウムが検出されています。
現在、オプション設定されているDIフィルターは都内では必須と考えます。

練馬区の水道水、5.6Bq/kg
葛飾区の水道水、4.2Bq/kg
中央区の水道水、12Bq/kg

現在、販売されている浄水器でセシウム、ストロンチウム、ウラン系、ヨウ素などの放射性物質を除去出来るのはRO(逆浸透)方式の浄水器のみです。

DIフィルターはメンブレンフィルターと違い中身のイオン交換樹脂にセシウムを吸着させて除去します。
DIフィルターはオプションを追加頂くとTDSメーター値で0ppmになり安全性を更に高めます。
*オプション設定なしの場合はTDSメーター値はおおむね4~6ppm程度、地域により異なります。

DIフィルターのおおよその交換時期の目安はTDSメーターで4〜6ppm程度が適当ではないかと考えます。

0PPM-RO浄水システム


次回は横浜市のお客様のDIフィルター測定結果をお知らせ致します。
| 17:34 | 未分類

0PPM-RO浄水システムをご使用頂いている東京都練馬区のお客様が約1年使用したDIフィルターを昨日、回収してカットし中身のイオン交換樹脂を320g取り出し、iFKR-ZIP-Aでセシウム検査を行いました。

4時間の測定です。
画像
セシウム総量(Cs-134、Cs-137)で5.6Bq/kgです。
*画像をクリックすると拡大します。

RO(逆浸透)の心臓部分であるメンブレンフィルターは99%除去タイプを使用しておりますが除去率は100%ではありません。
除去出来なかった約1%のセシウムを更に除去する為にDIフィルターがオプション設定されております。

その除去出来なかった約1%のセシウムをDIフィルターをカットし中身のイオン交換樹脂を320g取り出し測定した数値です。

画像
交換時TDSメーター値12ppm


逆浸透のしくみ

画像
*画像をクリックすると拡大します。

DIフィルターはメンブレンフィルターと違い中身のイオン交換樹脂にセシウムを吸着させて除去します。

DIフィルターはオプションを追加頂くとTDSメーター値で0ppmになり安全性を更に高めます。
*都内水道水はおおむね80〜150ppm前後でオプション設定なしの場合はTDSメーター値はおおむね4~6ppm程度、地域により異なります。
除去率が悪い浄水器は70〜80ppmあります。

DIフィルターのおおよその交換時期の目安はTDSメーターで4〜6ppm程度が適当ではないかと思います。

0PPM-RO浄水システム
| 11:15 | 未分類

検体量について

2015年01月05日
放射能測定検査をいつもご利用頂きありがとうございます。

iFKR-ZIP-Aは検出効率を最大限生かす為に検査室が2つあります。
iFKR-ZIP-Aは基本的に320gの検体量が検査には必要です。

しかし検体により密度が違う為に検査室のサイズが決まっているので必ずしも必要量を確保出来ない事やそもそも検体自体の量が揃わないケースも多々あります。

そこで仮に検体量が半分程度しかなかった場合を想定して検査室の片側のみに160gの検体を入れ測定を行ってみました。

試料は1Bq/kgの試料を半分の160gです。

画像
Cs-137/0.6Bq/kg

ほぼ近い数値が出ていますがCs-134は検出、出来ませんでした。
例えばダストなど極端に軽い検体などは換算して参考値としてお知らせしております。
iFKR-ZIP(A)の例ですが仮に80gのダストを測定して得た数値がセシウム総量(Cs-134、Cs-137)で10Bq/kgでしたら重量換算で単純に4倍して40Bq/kgが参考値になります。

出来るだけ精密な測定を行う為に検体量は出来るだけ320gに近い重量をご用意頂きたくお願い致します。
その他の注意事項は測定Q&Aをご参照下さい。
| 19:54 | 未分類

旧年中はお世話になりありがとうございました。


下は葛飾区の水道水320ccをiFKR-ZIP-Aで40時間測定したスペクトルです。

画像

0PPM-RO浄水システムは明日より取付を開始致します。

本年もどうぞ宜しくお願い致します☆
| 09:11 | 未分類