株式会社シーディークリエーション 放射能測定器販売、測定検査 http://cdcreation.grupo.jp/ 電話でのお問い合わせ ☎03-5629-6977 ja 株式会社シーディークリエーション 放射能測定器販売、測定検査 http://cdcreation.grupo.jp/ 栃木県大田原市の水道水のセシウム汚染 http://cdcreation.grupo.jp/blog/2322614 セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01を2017年8月末から約1年1ヶ月お使い頂いている栃木県大田原市のユーザー様のカートリッジの中身を取り出し測定を行いました。今回測定させて頂いたのは栃木県大田原市のユーザー様です。今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。ユーザー様より頂きました2本のカートリッジのデータは以下のとうりです。カートッジA15,440L(1)人口ゼオライト(約50g)が吸着したセシウム(2時間測定)表記はCs-All5.4Bq/kg測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので6.4倍の34.56Bq/kg(2)天然ゼオライト約50gと活性炭約30gが吸着したセシウム(2時間測定)表記はCs-All3.5Bq/kg換算値は4倍の14Bq/kg測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので、4倍が換算値です。カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は48.56Bq/kgカートッジB67,500L(1)人口ゼオライト(約50g)が吸着したセシウム(2時間測定)表記はCs-All14.9Bq/kg測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので6.4倍の95.36Bq/kg(2)天然ゼオライト約50gと活性炭約30gが吸着したセシウム(2時間測定)表記はCs-All9.1Bq/kg換算値は4倍の36.4q/kg測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので、4倍が換算値です。カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は131.76Bq/kg<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1533263">換算値について</a>今回のユーザー様は流量メーターは設置されておらず、通水量はユーザー様申告の値でおおまかなデータです。カートリッジAはの1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)0.0031BqカートリッジBはの1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)0.0019Bq予想どうり、水道水のセシウム汚染に関しては原発からの距離が近い栃木県のほうが汚染が軽微だった。今回初めての測定なので前回の数値と比較しようがないが、最新の東京都と千葉県の水道水セシウムデータと比べると明らかに低い値。福島第一原子力発電所からのおおよその距離と最新データを1Lあたりの汚染度で調べてみた。栃木県大田原市は原発から約115km1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)0.0031Bq東京都葛飾区は原発から約220km1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)0.0184Bq千葉県千葉市稲毛区は原発から215km1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)0.04Bq栃木県大田原市の水道水中のセシウム汚染は原発から更に100km以上離れている東京や千葉の数値より一桁低い数値である事がわかった。空間線量とは違い水道水の福島第一原子力発電所事故由来のセシウム汚染は首都圏に猛烈な汚染を7年半以上経過した現在も垂れ流し状態である。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2315680">緊急警告!首都圏の水道水中の福島第一原子力発電所事故由来のセシウム汚染が2倍に悪化</a>少し前の記事で警告したが、2011年3月11日に発令された『原子力緊急事態宣言』はまだ解除されておらず、今も大気中、海洋に汚染を垂れ流しの状態である事を考えると汚染がこれからも酷くなる可能性は高い。チェルノブイリ事故では食材でセシウム1.2Bq/kg程度から健康被害が確認されている。現在の日本の食品基準値はセシウム100Bq/kgとキチガイ的な基準値になっている事をまず知るべきです。セシウム100Bq/kgは原子力緊急事態宣言発令前は黄色いドラム缶に入れられ厳重に長期間管理しなければならない『低レベル放射性廃棄物』である事を多くの人が知らない。水道水は最も重要なライフラインであり、飲料はもちろん料理など毎日大量に摂取します。シャワーに設置した浄水器のカートリッジからそれぞれ大量の福島第一原子力発電所事故由来のセシウムが検出されている。栃木県大田原市は原発から約115kmカートリッジに吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)131.76Bq/kg東京都葛飾区は原発から約220km1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)739.68Bq/Kg千葉県千葉市稲毛区は原発から215km1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)1,401.36Bq/kg[MARK]セシウム100Bq/kgは黄色いドラム缶に入れられ厳重に長期間管理しなければならない『低レベル放射性廃棄物』です。[/MARK]それを毎日、飲料や料理、そしてシャワーや風呂などから浴び続ければ人体に悪影響がない筈がない。汚染水の中にはセシウムだけじゃなく、セシウムの300倍危険であると言われているストロンチウムなどの放射性物質が混入している事はほぼ間違いない。海洋に破棄され続けている汚染水は広大な海に深刻な汚染を日々蓄積させているが、人が海水浴などで海に入る場合を考えると海水は塩分濃度約3%で人体の塩分濃度は約0.85%なので人の肌などから不純物を排泄させる作用があるが、風呂やシャワーの塩分濃度はほぼ0%なのでそこに危険なセシウムなどの放射性物質があれば皮膚などから吸収してしまう事は避けれない。[蛍光]過去何度も紹介しているが『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』の記述をもう一度確認して欲しい。[/蛍光]*お湯に含まれる汚染物質の20%〜90%は、入浴中及びシャワー中に皮膚を通して、又は湯気を吸い込む事で、体内に吸収されています。ドリス・Jラップ女史ニューヨーク州立大学臨床小児科助教授医学博士*これらの人々はシャワーとお風呂から『飲料水の6倍〜100倍の有害物質』を浴びている。ニューサイエンティストイーアン・アンダーソン*シャワーやお風呂を通して、被曝する化学物質の量は、水道水を飲むより6倍〜100倍多い』サイエンスニューズ130号ジャネット・ラルフ『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』http://heart.bird.to/shower/report.html<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1713790">CDSW-01各地の水道水のセシウム値</a>50名近いユーザーの方からの回収して使用済みカートッジのセシウム測定データがありますが、通水量が正確な流量メーターを利用したデータはたった6例しかありません。大まかな通水量からのデータはユーザーの方にとりカートリッジ交換時期の大切な目安にはなりますが、やはり正確なデータを多く集めたいと考えております。*カートリッジにセシウム総量(Cs-134+Cs-137)が500Bq/kgを越えたものは吸着率が約60%程度低下する事がわかっていますので安心して安全にご使用頂く為には大まかな通水量のデータも大切です。交換時期の目安になる為に経済的に安心して使用して頂く事が大切だと考えているからです。しかし出来るだけ正確な全国の水道水中のセシウム濃度の推移を知る事は大変重要です。その為、<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1920608">全国の水道水セシウム測定プロジェクト</a>に詳しく書いてありますが、流量メーターの設置を一人でも多くの方にお願い出来れば幸いです。こちらは私が実際に使用しているメーターですが、調べた範囲では価格もリーズナブルで一番安いです。もちろん流量がわかればこのメーターに限りません。どうか重要なライフラインである水道水の福島第一原子力発電所事故由来のセシウム(Cs-134+Cs-137)汚染が深刻化している事を真剣に考え、そして出来る対策を一人でも多くの方にして頂きたいと切に願います。今、あなたが動かなければこの国の子供達に待っているのは地獄だけです。考えないようにしようとそこに水道水の福島第一原子力発電所事故由来のセシウム(Cs-134+Cs-137)汚染が実際にあるのですから、それを毎日摂取したり、風呂やシャワーで浴び続ければ近い将来後悔するのはあなた自身です。決して人ごとではありません。飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free737482">0ppm-RO浄水システム</a>を是非、ご検討下さい☆放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。*画像はクリックで拡大します。最近の一番人気は我が家でも最近導入しました最新型のJPN-1です。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1247337">新製品JPN-1</a>最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。(フィルター等の消耗品を除く)そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1421796">JPN-mini</a>初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)*翌々月から自動引落し、オプションは別。現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話でのお問い合わせもお気軽に☆担当:鈴木☎03-5629-6977 2018-10-09T13:05:00+09:00 セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01を2017年8月末から約1年1ヶ月お使い頂いている栃木県大田原市のユーザー様のカートリッジの中身を取り出し測定を行いました。今回測定させて頂いたのは栃木県大田原市のユーザー様です。今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。ユーザー様より頂きました2本のカートリッジのデータは以下のとうりです。カートッジA15,440L(1)人口ゼオライト(約50g)が吸着したセシウム(2時間測定)表記はCs-All5.4Bq/kg測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので6.4倍の34.56Bq/kg(2)天然ゼオライト約50gと活性炭約30gが吸着したセシウム(2時間測定)表記はCs-All3.5Bq/kg換算値は4倍の14Bq/kg測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので、4倍が換算値です。カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は48.56Bq/kgカートッジB67,500L(1)人口ゼオライト(約50g)が吸着したセシウム(2時間測定)表記はCs-All14.9Bq/kg測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので6.4倍の95.36Bq/kg(2)天然ゼオライト約50gと活性炭約30gが吸着したセシウム(2時間測定)表記はCs-All9.1Bq/kg換算値は4倍の36.4q/kg測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので、4倍が換算値です。カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は131.76Bq/kg<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1533263">換算値について</a>今回のユーザー様は流量メーターは設置されておらず、通水量はユーザー様申告の値でおおまかなデータです。カートリッジAはの1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)0.0031BqカートリッジBはの1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)0.0019Bq予想どうり、水道水のセシウム汚染に関しては原発からの距離が近い栃木県のほうが汚染が軽微だった。今回初めての測定なので前回の数値と比較しようがないが、最新の東京都と千葉県の水道水セシウムデータと比べると明らかに低い値。福島第一原子力発電所からのおおよその距離と最新データを1Lあたりの汚染度で調べてみた。栃木県大田原市は原発から約115km1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)0.0031Bq東京都葛飾区は原発から約220km1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)0.0184Bq千葉県千葉市稲毛区は原発から215km1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)0.04Bq栃木県大田原市の水道水中のセシウム汚染は原発から更に100km以上離れている東京や千葉の数値より一桁低い数値である事がわかった。空間線量とは違い水道水の福島第一原子力発電所事故由来のセシウム汚染は首都圏に猛烈な汚染を7年半以上経過した現在も垂れ流し状態である。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2315680">緊急警告!首都圏の水道水中の福島第一原子力発電所事故由来のセシウム汚染が2倍に悪化</a>少し前の記事で警告したが、2011年3月11日に発令された『原子力緊急事態宣言』はまだ解除されておらず、今も大気中、海洋に汚染を垂れ流しの状態である事を考えると汚染がこれからも酷くなる可能性は高い。チェルノブイリ事故では食材でセシウム1.2Bq/kg程度から健康被害が確認されている。現在の日本の食品基準値はセシウム100Bq/kgとキチガイ的な基準値になっている事をまず知るべきです。セシウム100Bq/kgは原子力緊急事態宣言発令前は黄色いドラム缶に入れられ厳重に長期間管理しなければならない『低レベル放射性廃棄物』である事を多くの人が知らない。水道水は最も重要なライフラインであり、飲料はもちろん料理など毎日大量に摂取します。シャワーに設置した浄水器のカートリッジからそれぞれ大量の福島第一原子力発電所事故由来のセシウムが検出されている。栃木県大田原市は原発から約115kmカートリッジに吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)131.76Bq/kg東京都葛飾区は原発から約220km1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)739.68Bq/Kg千葉県千葉市稲毛区は原発から215km1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)1,401.36Bq/kg[MARK]セシウム100Bq/kgは黄色いドラム缶に入れられ厳重に長期間管理しなければならない『低レベル放射性廃棄物』です。[/MARK]それを毎日、飲料や料理、そしてシャワーや風呂などから浴び続ければ人体に悪影響がない筈がない。汚染水の中にはセシウムだけじゃなく、セシウムの300倍危険であると言われているストロンチウムなどの放射性物質が混入している事はほぼ間違いない。海洋に破棄され続けている汚染水は広大な海に深刻な汚染を日々蓄積させているが、人が海水浴などで海に入る場合を考えると海水は塩分濃度約3%で人体の塩分濃度は約0.85%なので人の肌などから不純物を排泄させる作用があるが、風呂やシャワーの塩分濃度はほぼ0%なのでそこに危険なセシウムなどの放射性物質があれば皮膚などから吸収してしまう事は避けれない。[蛍光]過去何度も紹介しているが『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』の記述をもう一度確認して欲しい。[/蛍光]*お湯に含まれる汚染物質の20%〜90%は、入浴中及びシャワー中に皮膚を通して、又は湯気を吸い込む事で、体内に吸収されています。ドリス・Jラップ女史ニューヨーク州立大学臨床小児科助教授医学博士*これらの人々はシャワーとお風呂から『飲料水の6倍〜100倍の有害物質』を浴びている。ニューサイエンティストイーアン・アンダーソン*シャワーやお風呂を通して、被曝する化学物質の量は、水道水を飲むより6倍〜100倍多い』サイエンスニューズ130号ジャネット・ラルフ『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』http://heart.bird.to/shower/report.html<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1713790">CDSW-01各地の水道水のセシウム値</a>50名近いユーザーの方からの回収して使用済みカートッジのセシウム測定データがありますが、通水量が正確な流量メーターを利用したデータはたった6例しかありません。大まかな通水量からのデータはユーザーの方にとりカートリッジ交換時期の大切な目安にはなりますが、やはり正確なデータを多く集めたいと考えております。*カートリッジにセシウム総量(Cs-134+Cs-137)が500Bq/kgを越えたものは吸着率が約60%程度低下する事がわかっていますので安心して安全にご使用頂く為には大まかな通水量のデータも大切です。交換時期の目安になる為に経済的に安心して使用して頂く事が大切だと考えているからです。しかし出来るだけ正確な全国の水道水中のセシウム濃度の推移を知る事は大変重要です。その為、<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1920608">全国の水道水セシウム測定プロジェクト</a>に詳しく書いてありますが、流量メーターの設置を一人でも多くの方にお願い出来れば幸いです。こちらは私が実際に使用しているメーターですが、調べた範囲では価格もリーズナブルで一番安いです。もちろん流量がわかればこのメーターに限りません。どうか重要なライフラインである水道水の福島第一原子力発電所事故由来のセシウム(Cs-134+Cs-137)汚染が深刻化している事を真剣に考え、そして出来る対策を一人でも多くの方にして頂きたいと切に願います。今、あなたが動かなければこの国の子供達に待っているのは地獄だけです。考えないようにしようとそこに水道水の福島第一原子力発電所事故由来のセシウム(Cs-134+Cs-137)汚染が実際にあるのですから、それを毎日摂取したり、風呂やシャワーで浴び続ければ近い将来後悔するのはあなた自身です。決して人ごとではありません。飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free737482">0ppm-RO浄水システム</a>を是非、ご検討下さい☆放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。*画像はクリックで拡大します。最近の一番人気は我が家でも最近導入しました最新型のJPN-1です。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1247337">新製品JPN-1</a>最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。(フィルター等の消耗品を除く)そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1421796">JPN-mini</a>初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)*翌々月から自動引落し、オプションは別。現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話でのお問い合わせもお気軽に☆担当:鈴木☎03-5629-6977 埼玉県所沢市の水道水のセシウム汚染 http://cdcreation.grupo.jp/blog/2318958 セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01を2017年8月末から約1年1ヶ月お使い頂いているユーザー様のカートリッジの中身を取り出し測定を行いました。今回測定させて頂いたのは埼玉県所沢市のユーザー様です。今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。ユーザー様の使用データは以下のとうりです。ご使用期間2017年8月末計約395日シャワーや浴槽でご使用で約204,500Lとの事です。(1)人口ゼオライト(約50g)が吸着したセシウム(2時間測定)表記はCs-All19.4Bq/kg測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので6.4倍の124.16Bq/kg(2)天然ゼオライト約50gと活性炭約30gが吸着したセシウム(2時間測定)表記はCs-All17.7Bq/kg換算値は4倍の70.8Bq/kg測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので、4倍が換算値です。カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は194.96Bq/kg<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1533263">換算値について</a>今回のユーザー様は流量メーターは設置されておらず、通水量はユーザー様申告の値でおおまかなデータです。流量メーターを取付け頂ければ面倒もなく正確な水量を知る事が出来ます。測定データもより正確になります。流量メーターを設置したより正確な東京都と千葉県の最新のデータは原発事故由来のセシウムが2倍もの数値に悪化しています。人ごとではありません。ご注意下さい。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2315680">緊急警告!首都圏の水道水中の福島第一原発事故由来のセシウム汚染が2倍に悪化</a>最も大切なライフラインである水道水の首都圏の汚染の実態を知る事は大変重要です。過去何度も記事にしましたがすべての方にもっと関心を持って頂きたいと願っております。微量でもそこに福島第一原子力発電所由来の核汚染があり、毎日それを摂取し続ければ確実に被ばくし人体に深刻な影響があるからです。測定しているのは比較的測定が容易なセシウム(Cs-134+Cs-137)で原子炉内ではストロンチウムとほぼ1対1の比率で存在しますが、東京の水道水の1987年のデータではCs-137に対してSr-90が8倍になっている事も留意すべきです。<ahref="http://geiger.grupo.jp/blog/1844418">参考データ</a>ストロンチウム90の生物学的半減期は約50年、一度取り込むとほぼ一生涯排出されません。だから行政発表の数値を安全だと鵜呑みにせず、<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1991154">水道水の検出下限について</a>ついて真剣に考え、対策する必要があります。セシウムの毒性は青酸カリの2,000倍だと言われています。致死量は2,000分の1と言う事です。毎日摂取していてもしばらくは何ともないかもしれませんが日々の蓄積すればやがて致死量に達します。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1920608">『全国の水道水セシウム測定プロジェクト』</a>を2017年秋に立ち上げた最大の理由はすべての人にもっと関心を持って頂き行政により厳しい対応を迫る必要があります。実際に行政の方々も国の指針に従うだけで、汚染の深刻さを知りません。被ばく対策して頂く事はもちろん最も大切な事ですが、現実的にある首都圏の水道水中の福島第一原子力発電所由来のセシウム汚染の実態を知る事も大変重要だと考えます。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01</a>多くの人に水道水汚染の実態を知って頂き、行政に本気で対策してもらう事為にも多くの人が声を上げる必要があります。まずは大切なライフラインである水道水対策を強化する必要があります。それにはまず汚染の実態を知らなければなりません。例えそれが深刻なデータであっても正確に全国民が知る権利があります。東京都水道局では安全で美味しい水として東京の水道水を使用した『東京水』と言うブランドでペットボトルとして販売を行い安全性をアピールしています。何万人にもアンケートを取り、ミネラルウォーターと味比べをしています。↓クリック!<ahref="https://www.youtube.com/watch?v=myqOGYSynos">[蛍光]☆外国人×利き水☆水道水VSミネラルウォーター[/蛍光]</a>飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free737482">0ppm-RO浄水システム</a>を是非、ご検討下さい☆放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。*画像はクリックで拡大します。首都圏にお住まいの方にはオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターの設置をお薦めしております。RO(逆浸透)方式の浄水器は放射性物質除去に特化しておりますが完全ではありません。飲み水に関しましては放射能を測定するものではありませんが、TDSメーターと言う不純物濃度を測定する安価なメーターがございます。そのメーターで0ppmの水を飲用される事をお薦めしております。ご自身でお使いの水はTDSメーターで数値を管理する事が大切だと考えております。最近の一番人気は我が家でも最近導入しました最新型のJPN-1です。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1247337">新製品JPN-1</a>最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。(フィルター等の消耗品を除く)そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1421796">JPN-mini</a>初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)*翌々月から自動引落し、オプションは別。現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話でのお問い合わせもお気軽に☆担当:鈴木☎03-5629-6977 2018-10-05T15:44:00+09:00 セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01を2017年8月末から約1年1ヶ月お使い頂いているユーザー様のカートリッジの中身を取り出し測定を行いました。今回測定させて頂いたのは埼玉県所沢市のユーザー様です。今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。ユーザー様の使用データは以下のとうりです。ご使用期間2017年8月末計約395日シャワーや浴槽でご使用で約204,500Lとの事です。(1)人口ゼオライト(約50g)が吸着したセシウム(2時間測定)表記はCs-All19.4Bq/kg測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので6.4倍の124.16Bq/kg(2)天然ゼオライト約50gと活性炭約30gが吸着したセシウム(2時間測定)表記はCs-All17.7Bq/kg換算値は4倍の70.8Bq/kg測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので、4倍が換算値です。カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は194.96Bq/kg<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1533263">換算値について</a>今回のユーザー様は流量メーターは設置されておらず、通水量はユーザー様申告の値でおおまかなデータです。流量メーターを取付け頂ければ面倒もなく正確な水量を知る事が出来ます。測定データもより正確になります。流量メーターを設置したより正確な東京都と千葉県の最新のデータは原発事故由来のセシウムが2倍もの数値に悪化しています。人ごとではありません。ご注意下さい。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2315680">緊急警告!首都圏の水道水中の福島第一原発事故由来のセシウム汚染が2倍に悪化</a>最も大切なライフラインである水道水の首都圏の汚染の実態を知る事は大変重要です。過去何度も記事にしましたがすべての方にもっと関心を持って頂きたいと願っております。微量でもそこに福島第一原子力発電所由来の核汚染があり、毎日それを摂取し続ければ確実に被ばくし人体に深刻な影響があるからです。測定しているのは比較的測定が容易なセシウム(Cs-134+Cs-137)で原子炉内ではストロンチウムとほぼ1対1の比率で存在しますが、東京の水道水の1987年のデータではCs-137に対してSr-90が8倍になっている事も留意すべきです。<ahref="http://geiger.grupo.jp/blog/1844418">参考データ</a>ストロンチウム90の生物学的半減期は約50年、一度取り込むとほぼ一生涯排出されません。だから行政発表の数値を安全だと鵜呑みにせず、<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1991154">水道水の検出下限について</a>ついて真剣に考え、対策する必要があります。セシウムの毒性は青酸カリの2,000倍だと言われています。致死量は2,000分の1と言う事です。毎日摂取していてもしばらくは何ともないかもしれませんが日々の蓄積すればやがて致死量に達します。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1920608">『全国の水道水セシウム測定プロジェクト』</a>を2017年秋に立ち上げた最大の理由はすべての人にもっと関心を持って頂き行政により厳しい対応を迫る必要があります。実際に行政の方々も国の指針に従うだけで、汚染の深刻さを知りません。被ばく対策して頂く事はもちろん最も大切な事ですが、現実的にある首都圏の水道水中の福島第一原子力発電所由来のセシウム汚染の実態を知る事も大変重要だと考えます。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01</a>多くの人に水道水汚染の実態を知って頂き、行政に本気で対策してもらう事為にも多くの人が声を上げる必要があります。まずは大切なライフラインである水道水対策を強化する必要があります。それにはまず汚染の実態を知らなければなりません。例えそれが深刻なデータであっても正確に全国民が知る権利があります。東京都水道局では安全で美味しい水として東京の水道水を使用した『東京水』と言うブランドでペットボトルとして販売を行い安全性をアピールしています。何万人にもアンケートを取り、ミネラルウォーターと味比べをしています。↓クリック!<ahref="https://www.youtube.com/watch?v=myqOGYSynos">[蛍光]☆外国人×利き水☆水道水VSミネラルウォーター[/蛍光]</a>飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free737482">0ppm-RO浄水システム</a>を是非、ご検討下さい☆放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。*画像はクリックで拡大します。首都圏にお住まいの方にはオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターの設置をお薦めしております。RO(逆浸透)方式の浄水器は放射性物質除去に特化しておりますが完全ではありません。飲み水に関しましては放射能を測定するものではありませんが、TDSメーターと言う不純物濃度を測定する安価なメーターがございます。そのメーターで0ppmの水を飲用される事をお薦めしております。ご自身でお使いの水はTDSメーターで数値を管理する事が大切だと考えております。最近の一番人気は我が家でも最近導入しました最新型のJPN-1です。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1247337">新製品JPN-1</a>最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。(フィルター等の消耗品を除く)そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1421796">JPN-mini</a>初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)*翌々月から自動引落し、オプションは別。現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話でのお問い合わせもお気軽に☆担当:鈴木☎03-5629-6977 緊急警告!首都圏の水道水中の福島第一原発事故由来のセシウム汚染が2倍に悪化 http://cdcreation.grupo.jp/blog/2315680 水道水は最も重要なライフラインです。その為、各地の水道水中のセシウムの測定を継続して行っております。今回測定した水道水、2系統のいずれも福島第一原子力発電所事故由来のセシウム(Cs-134+Cs-137)汚染が約2倍に急激に悪化している事態は深刻です。しかし多くの方がこの事実を知らない事を大変危惧しております。2011年3月11日に発令された『原子力緊急事態宣言』はいまだ解除されておらず、その為に国のセシウムの基準値も事故から7年以上経過した現在も緊急事態時のままである事をまず知るべきです。関東の水道水のセシウム汚染が深刻化しているにも関わらず、公園では小さな子供達が普通に水道水を飲み続けている光景をこの夏は何度目にした事でしょうか。その度、悲しい気持ちになり、何故多くの大人達はもっと現実を見て子供達の未来を真剣に考え対策しないのかと自分自身もその無力さに悔しい思いをしてまいりました。そして先月測定したデータを見て愕然としました。流量メーターを付けた水量が正確なデータで前回測定時と比較して2つの地域のセシウム汚染濃度がそれぞれ2倍に悪化している事がわかったからです。(1)東京都葛飾区の水道水のセシウム汚染推移<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2300835">緊急報告、葛飾区の水道水セシウム汚染は前回の場合以上に悪化</a>カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)通水量40,000L2018.2.7〜2018.5.18セシウム総量(Cs-134+Cs-137)367.68Bq/Kg通水量40,000L2018.5.18〜2018.9.16セシウム総量(Cs-134+Cs-137)739.52Bq/Kg1Lあたりのセシウム値(Cs-134+Cs-137)通水量40,000L2018.2.7〜2018.5.181Lあたりのセシウム値(Cs-134+Cs-137)0.0091Bq通水量40,000L2018.5.18〜2018.9.161Lあたりのセシウム値(Cs-134+Cs-137)0.0184Bq(2)千葉県千葉市の水道水のセシウム汚染推移<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2308447">緊急報告(2)千葉県千葉市の水道水セシウム汚染は前回の倍に悪化</a>カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)通水量32,487L(2018年4月27日測定)セシウム総量(Cs-134+Cs-137)668.64Bq/Kg通水量34,618L(2018年9月25日測定)セシウム総量(Cs-134+Cs-137)1,401.36Bq/Kg通水量32,487L(2018年4月27日測定)1Lあたりのセシウム値(Cs-134+Cs-137)0.0206Bq通水量34,618L(2018年9月25日測定)1Lあたりのセシウム値(Cs-134+Cs-137)0.04Bq水道水の測定は前処理に大変時間がかかる為に測定データが決定的に不足しています。今回、たまたま測定した2地域でセシウム汚染が倍になっていましが測定していない地域がほとんどである事は本当に憂うべき事態だと思います。水に含まれたセシウムを測定する場合、特定のセシウムを吸着しやすい物質に吸着させそれを測定する必要があります。セシウムを吸着しやすいイオン交換樹脂を何種類も試し一番効率的に吸着するイオン交換樹脂を選択し『イオン交換樹脂吸着法による前処理』で水のセシウム測定を行ってきました。具体的には2Lのペットボトルにイオン交換樹脂を320g投入し、そこに1.5Lの蛇口水を入れ、ボトルをTDSメーターで0ppmになる撹拌させる為に振る必要があります。この方法だと1.5Lの水を処理するのに最低2~3分かかります。100Lを処理する為には同じ動作を67回も繰り返す必要がありました。それでも吸着率は100%にはならずイオン交換樹脂吸着法による前処理の吸着率は実際は96%でした。参考記事<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1061121">イオン交換樹脂吸着率(3)2015年10月6日</a>この時の葛飾区の水道水のセシウム汚染は1Lあたり、0.0129Bq。参考記事<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1057566">水道水中のセシウム精密測定(2)2015年10月2日)</a>測定時期が違う為に単純比較は出来ませんが、2017年9月26日にセシウムを選択的に吸着する人工ゼオライトに吸着させ、測定した1Lあたりのセシウム値は0.011Bq同時期の行政発表の値からしますと約131%の除去率。実際には100%以上の除去率はありえませんのでほぼ99%程度は除去出来る驚異的な吸着率です。参考記事<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1908503">人工ゼオライトによる測定2017年9月26日</a>人工ゼオライトを採用した<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01</a>の専用カートリッジの内部構造はおおまかに言うとカートリッジ内は2つの部屋に別れています。最初に人工ゼオライトに水が通過し、次に天然ゼオライトと活性炭に水を通過させる構造になっています。[蛍光]人工ゼオライトはセシウムの粒子より少しだけ大きな孔があいており、セシウムを選択的に吸着する特殊なゼオライトです。ゼオライトは種類も多くいろいろなゼオライトを試しましたがこれだけセシウムを選択的に吸着する人工ゼオライトは他にありませんでした。高価ですが、この人工ゼオライトを採用した最大の理由はセシウムの吸着率が最も高く、粒子がほぼ同サイズのストロンチウムの吸着も期待出来るからです。実はセシウムより危惧しているのはストロンチウム汚染です。チェルノブイリ事故1年後のここ葛飾区の水道水はCs-137に対してSr-90は8倍もの値になっていた驚愕の事実があるからです。[/蛍光]<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01</a>を実際に使用して頂いて無用な被ばくを避ける目的はもちろんですが、この高い吸着率は水道水中のセシウムを測定する上でも大きなアドバンテージになります。今迄、沢山の時間を費やして前述の『イオン交換樹脂吸着法による前処理』で水道水の測定を行ってきました。例えば100Lの水道水に吸着させる為には2、3分の作業を67回、時間にして撹拌作業だけで134分~201分。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01</a>を利用すれば1分間に約10Lの水が処理が出来ますのでたった10分です。これ程効率良く、しかも被ばく対策にもなる為に多くの方に利用頂き、様々な地域の水道水中のセシウムの測定を実際に行ってきました。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1713790">CDSW-01各地の水道水のセシウム値</a>50名近いユーザーの方からの回収して使用済みカートッジのセシウム測定データがありますが、通水量が正確な流量メーターを利用したデータはたった6例しかありません。大まかな通水量からのデータはユーザーの方にとりカートリッジ交換時期の大切な目安にはなりますが、やはり正確なデータを多く集めたいと考えております。*カートリッジにセシウム総量(Cs-134+Cs-137)が500Bq/kgを越えたものは吸着率が約60%程度低下する事がわかっていますので安心して安全にご使用頂く為には大まかな通水量のデータも大切です。交換時期の目安になる為に経済的に安心して使用して頂く事が大切だと考えているからです。しかし出来るだけ正確な全国の水道水中のセシウム濃度の推移を知る事は大変重要です。その為、<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1920608">全国の水道水セシウム測定プロジェクト</a>に詳しく書いてありますが、流量メーターの設置を一人でも多くの方にお願い出来れば幸いです。こちらは私が実際に使用しているメーターですが、調べた範囲では価格もリーズナブルで一番安いです。もちろん流量がわかればこのメーターに限りません。どうか重要なライフラインである水道水の福島第一原子力発電所事故由来のセシウム(Cs-134+Cs-137)汚染が深刻化している事を真剣に考え、そして出来る対策を一人でも多くの方にして頂きたいと切に願っております。今、あなたが動かなければこの国の子供達に待っているのは地獄だけです。考えないようにしようとそこに水道水の福島第一原子力発電所事故由来のセシウム(Cs-134+Cs-137)汚染が実際にあるのですから、それを毎日摂取したり、風呂やシャワーで浴び続ければ近い将来後悔するのはあなた自身です。決して人ごとではありません。飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free737482">0ppm-RO浄水システム</a>を是非、ご検討下さい☆放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。*画像はクリックで拡大します。最近の一番人気は我が家でも最近導入しました最新型のJPN-1です。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1247337">新製品JPN-1</a>最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。(フィルター等の消耗品を除く)そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1421796">JPN-mini</a>初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)*翌々月から自動引落し、オプションは別。現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話でのお問い合わせもお気軽に☆担当:鈴木☎03-5629-6977 2018-10-02T16:05:00+09:00 水道水は最も重要なライフラインです。その為、各地の水道水中のセシウムの測定を継続して行っております。今回測定した水道水、2系統のいずれも福島第一原子力発電所事故由来のセシウム(Cs-134+Cs-137)汚染が約2倍に急激に悪化している事態は深刻です。しかし多くの方がこの事実を知らない事を大変危惧しております。2011年3月11日に発令された『原子力緊急事態宣言』はいまだ解除されておらず、その為に国のセシウムの基準値も事故から7年以上経過した現在も緊急事態時のままである事をまず知るべきです。関東の水道水のセシウム汚染が深刻化しているにも関わらず、公園では小さな子供達が普通に水道水を飲み続けている光景をこの夏は何度目にした事でしょうか。その度、悲しい気持ちになり、何故多くの大人達はもっと現実を見て子供達の未来を真剣に考え対策しないのかと自分自身もその無力さに悔しい思いをしてまいりました。そして先月測定したデータを見て愕然としました。流量メーターを付けた水量が正確なデータで前回測定時と比較して2つの地域のセシウム汚染濃度がそれぞれ2倍に悪化している事がわかったからです。(1)東京都葛飾区の水道水のセシウム汚染推移<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2300835">緊急報告、葛飾区の水道水セシウム汚染は前回の場合以上に悪化</a>カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)通水量40,000L2018.2.7〜2018.5.18セシウム総量(Cs-134+Cs-137)367.68Bq/Kg通水量40,000L2018.5.18〜2018.9.16セシウム総量(Cs-134+Cs-137)739.52Bq/Kg1Lあたりのセシウム値(Cs-134+Cs-137)通水量40,000L2018.2.7〜2018.5.181Lあたりのセシウム値(Cs-134+Cs-137)0.0091Bq通水量40,000L2018.5.18〜2018.9.161Lあたりのセシウム値(Cs-134+Cs-137)0.0184Bq(2)千葉県千葉市の水道水のセシウム汚染推移<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2308447">緊急報告(2)千葉県千葉市の水道水セシウム汚染は前回の倍に悪化</a>カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)通水量32,487L(2018年4月27日測定)セシウム総量(Cs-134+Cs-137)668.64Bq/Kg通水量34,618L(2018年9月25日測定)セシウム総量(Cs-134+Cs-137)1,401.36Bq/Kg通水量32,487L(2018年4月27日測定)1Lあたりのセシウム値(Cs-134+Cs-137)0.0206Bq通水量34,618L(2018年9月25日測定)1Lあたりのセシウム値(Cs-134+Cs-137)0.04Bq水道水の測定は前処理に大変時間がかかる為に測定データが決定的に不足しています。今回、たまたま測定した2地域でセシウム汚染が倍になっていましが測定していない地域がほとんどである事は本当に憂うべき事態だと思います。水に含まれたセシウムを測定する場合、特定のセシウムを吸着しやすい物質に吸着させそれを測定する必要があります。セシウムを吸着しやすいイオン交換樹脂を何種類も試し一番効率的に吸着するイオン交換樹脂を選択し『イオン交換樹脂吸着法による前処理』で水のセシウム測定を行ってきました。具体的には2Lのペットボトルにイオン交換樹脂を320g投入し、そこに1.5Lの蛇口水を入れ、ボトルをTDSメーターで0ppmになる撹拌させる為に振る必要があります。この方法だと1.5Lの水を処理するのに最低2~3分かかります。100Lを処理する為には同じ動作を67回も繰り返す必要がありました。それでも吸着率は100%にはならずイオン交換樹脂吸着法による前処理の吸着率は実際は96%でした。参考記事<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1061121">イオン交換樹脂吸着率(3)2015年10月6日</a>この時の葛飾区の水道水のセシウム汚染は1Lあたり、0.0129Bq。参考記事<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1057566">水道水中のセシウム精密測定(2)2015年10月2日)</a>測定時期が違う為に単純比較は出来ませんが、2017年9月26日にセシウムを選択的に吸着する人工ゼオライトに吸着させ、測定した1Lあたりのセシウム値は0.011Bq同時期の行政発表の値からしますと約131%の除去率。実際には100%以上の除去率はありえませんのでほぼ99%程度は除去出来る驚異的な吸着率です。参考記事<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1908503">人工ゼオライトによる測定2017年9月26日</a>人工ゼオライトを採用した<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01</a>の専用カートリッジの内部構造はおおまかに言うとカートリッジ内は2つの部屋に別れています。最初に人工ゼオライトに水が通過し、次に天然ゼオライトと活性炭に水を通過させる構造になっています。[蛍光]人工ゼオライトはセシウムの粒子より少しだけ大きな孔があいており、セシウムを選択的に吸着する特殊なゼオライトです。ゼオライトは種類も多くいろいろなゼオライトを試しましたがこれだけセシウムを選択的に吸着する人工ゼオライトは他にありませんでした。高価ですが、この人工ゼオライトを採用した最大の理由はセシウムの吸着率が最も高く、粒子がほぼ同サイズのストロンチウムの吸着も期待出来るからです。実はセシウムより危惧しているのはストロンチウム汚染です。チェルノブイリ事故1年後のここ葛飾区の水道水はCs-137に対してSr-90は8倍もの値になっていた驚愕の事実があるからです。[/蛍光]<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01</a>を実際に使用して頂いて無用な被ばくを避ける目的はもちろんですが、この高い吸着率は水道水中のセシウムを測定する上でも大きなアドバンテージになります。今迄、沢山の時間を費やして前述の『イオン交換樹脂吸着法による前処理』で水道水の測定を行ってきました。例えば100Lの水道水に吸着させる為には2、3分の作業を67回、時間にして撹拌作業だけで134分~201分。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01</a>を利用すれば1分間に約10Lの水が処理が出来ますのでたった10分です。これ程効率良く、しかも被ばく対策にもなる為に多くの方に利用頂き、様々な地域の水道水中のセシウムの測定を実際に行ってきました。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1713790">CDSW-01各地の水道水のセシウム値</a>50名近いユーザーの方からの回収して使用済みカートッジのセシウム測定データがありますが、通水量が正確な流量メーターを利用したデータはたった6例しかありません。大まかな通水量からのデータはユーザーの方にとりカートリッジ交換時期の大切な目安にはなりますが、やはり正確なデータを多く集めたいと考えております。*カートリッジにセシウム総量(Cs-134+Cs-137)が500Bq/kgを越えたものは吸着率が約60%程度低下する事がわかっていますので安心して安全にご使用頂く為には大まかな通水量のデータも大切です。交換時期の目安になる為に経済的に安心して使用して頂く事が大切だと考えているからです。しかし出来るだけ正確な全国の水道水中のセシウム濃度の推移を知る事は大変重要です。その為、<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1920608">全国の水道水セシウム測定プロジェクト</a>に詳しく書いてありますが、流量メーターの設置を一人でも多くの方にお願い出来れば幸いです。こちらは私が実際に使用しているメーターですが、調べた範囲では価格もリーズナブルで一番安いです。もちろん流量がわかればこのメーターに限りません。どうか重要なライフラインである水道水の福島第一原子力発電所事故由来のセシウム(Cs-134+Cs-137)汚染が深刻化している事を真剣に考え、そして出来る対策を一人でも多くの方にして頂きたいと切に願っております。今、あなたが動かなければこの国の子供達に待っているのは地獄だけです。考えないようにしようとそこに水道水の福島第一原子力発電所事故由来のセシウム(Cs-134+Cs-137)汚染が実際にあるのですから、それを毎日摂取したり、風呂やシャワーで浴び続ければ近い将来後悔するのはあなた自身です。決して人ごとではありません。飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free737482">0ppm-RO浄水システム</a>を是非、ご検討下さい☆放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。*画像はクリックで拡大します。最近の一番人気は我が家でも最近導入しました最新型のJPN-1です。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1247337">新製品JPN-1</a>最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。(フィルター等の消耗品を除く)そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1421796">JPN-mini</a>初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)*翌々月から自動引落し、オプションは別。現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話でのお問い合わせもお気軽に☆担当:鈴木☎03-5629-6977 CDSW-01セシウム除去用シャワー浄水器につきまして重要なお知らせ http://cdcreation.grupo.jp/blog/2309364 セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01は元々シャワー用に開発された製品ですが、洗濯機用とトイレなどに設置してご使用頂いている方もいらっしゃいます。実際に私も使用しております。洗濯機とトイレでご使用のお客様、2名様から水漏れがするとの報告を頂き現物を仕入先に送り調べてもらいました。突起物の付け根あたりにクラックがあります。その結果、シャワーの場合は圧力的に問題がないのですが、洗濯機とトイレの場合はフィルターの先でのバルブ開閉で圧が急にかかりフタの上部にクラックが入りそこから水が漏れる事がある事がわかりました。元々の設計がシャワー専用の為に洗濯機用とトイレ用でご使用頂きますと特に水道水の圧力が強い地区では水漏れの可能性があります。その為、洗濯機用とトイレ用としての販売を一時見合わせさせて頂きます。HPに記載されている洗濯機用オプションパーツの販売も見合わせさせて頂きます。大変申し訳ございませんが何卒ご了承をお願い致します。本来のシャワー浄水器としての販売は当然問題がありません。既に洗濯機、トイレでご使用中の方は万が一の水漏れをを考えて蛇口を全開ではなく出来るだけ水量を少なめにしてご使用頂きたくお願い致します。それでもご心配な方は水漏れセンサーなどで対策をお願い致します。<ahref="https://www.amazon.co.jp/Myoffice-%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3-%E6%B0%B4%E3%82%82%E3%82%8C%E5%A0%B1%E7%9F%A5%E5%99%A8-%E6%B0%B4%E6%BC%8F%E3%82%8C%E9%98%B2%E6%AD%A2-%E6%BC%8F%E6%B0%B4%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC/dp/B074LFGH9P/ref=pd_lpo_vtph_201_lp_tr_t_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=QGMWDFY9TFMKGNZ5JQJ7">センサーリーク検出</a>安価で販売しております。ユーザーの方は上記センサーで対策して頂ければカートリッジ交換時にその分の費用を負担させて頂きます。水が漏れるような場合はお手数ですがご連絡をお願い致します。ご質問等ございましたらご連絡をお願い致します。今後共宜しくお願い申し上げます。電話でのお問い合わせもお気軽にお願い致します。☎03-5629-6977 2018-09-26T14:56:00+09:00 セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01は元々シャワー用に開発された製品ですが、洗濯機用とトイレなどに設置してご使用頂いている方もいらっしゃいます。実際に私も使用しております。洗濯機とトイレでご使用のお客様、2名様から水漏れがするとの報告を頂き現物を仕入先に送り調べてもらいました。突起物の付け根あたりにクラックがあります。その結果、シャワーの場合は圧力的に問題がないのですが、洗濯機とトイレの場合はフィルターの先でのバルブ開閉で圧が急にかかりフタの上部にクラックが入りそこから水が漏れる事がある事がわかりました。元々の設計がシャワー専用の為に洗濯機用とトイレ用でご使用頂きますと特に水道水の圧力が強い地区では水漏れの可能性があります。その為、洗濯機用とトイレ用としての販売を一時見合わせさせて頂きます。HPに記載されている洗濯機用オプションパーツの販売も見合わせさせて頂きます。大変申し訳ございませんが何卒ご了承をお願い致します。本来のシャワー浄水器としての販売は当然問題がありません。既に洗濯機、トイレでご使用中の方は万が一の水漏れをを考えて蛇口を全開ではなく出来るだけ水量を少なめにしてご使用頂きたくお願い致します。それでもご心配な方は水漏れセンサーなどで対策をお願い致します。<ahref="https://www.amazon.co.jp/Myoffice-%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3-%E6%B0%B4%E3%82%82%E3%82%8C%E5%A0%B1%E7%9F%A5%E5%99%A8-%E6%B0%B4%E6%BC%8F%E3%82%8C%E9%98%B2%E6%AD%A2-%E6%BC%8F%E6%B0%B4%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC/dp/B074LFGH9P/ref=pd_lpo_vtph_201_lp_tr_t_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=QGMWDFY9TFMKGNZ5JQJ7">センサーリーク検出</a>安価で販売しております。ユーザーの方は上記センサーで対策して頂ければカートリッジ交換時にその分の費用を負担させて頂きます。水が漏れるような場合はお手数ですがご連絡をお願い致します。ご質問等ございましたらご連絡をお願い致します。今後共宜しくお願い申し上げます。電話でのお問い合わせもお気軽にお願い致します。☎03-5629-6977 緊急報告(2)千葉県千葉市の水道水中のセシウム値は前回の倍に推移 http://cdcreation.grupo.jp/blog/2308447 水道水のセシウム除去に特化したセシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01をご使用頂いている千葉県千葉市稲毛区にお住まいのユーザー様がお送り頂いたご使用済みのカートリッジの中身を取り出し測定を行いました。上部に入っている人工ゼオライト(50g)及び下部に入っている天然ゼオライト+活性炭(50g+30g)のそれぞれの測定を行いました。カートリッジの内部構造は下記をご参照下さい。フィルター1を通過したお湯は人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に天然ゼオライト、活性炭が入った2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。今回測定させて頂いたユーザー様は流量メーターを設置して頂いているユーザー様で通水量は約34,618Lです。(表示67,105L、交換時4月24日32,487L)交換日は2018年9月16日です。正確なデータは大切ですので、メーター設置がまだの方は取付けをご検討頂ければ幸いです。出来るだけ多くの皆様と多くの情報を共有したいと存じます。詳しくは<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1920608">全国の水道水セシウム測定プロジェクト</a>を是非ご欄下さい。(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム人工ゼオライト約50gの測定を2018年9月25日に2時間行いました。表示はCs-All141.9Bq/kg換算値はCs-All908.16Bq/kg*放射能測定器のiFKR-ZIP-A基本検体量は320gですので、6.4倍が換算値です。(2)天然ゼオライトと活性炭が吸着したセシウム天然ゼオライト約50g+活性炭約30gの測定を2時間の測定を2018年9月25日に行いました。表示はCs-All123.3Bq/kg換算値はCs-All493.2Bq/kg*放射能測定器のiFKR-ZIP-Aは基本検体量は320gですので、4倍が換算値です。カートリッジが吸着したセシウム総量はCs-All1,401.36Bq/kg<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1533263">換算値について</a>1Lあたりに換算すると0.04Bqです。こちらのユーザー様の前回数値は1Lあたりで0.0206Bqですので汚染は倍程度に深刻化しています。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2149362">前回記事</a>前回の記事で緊急報告させて頂きましたが東京都葛飾区の水道水中のセシウム汚染は前回測定時と比べ倍以上に推移していました。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2300835">緊急報告、葛飾区の水道水セシウム汚染は前回の倍以上に推移</a>今回はまったく同水量ではありませんが、千葉県千葉市の水道水中の福島第一原子力発電所由来のセシウム汚染が深刻化している事は大変憂うべき事態です。東京都葛飾区とは水源が違うにも関わらず同じように倍近くにセシウム汚染が深刻化している事態を重く受け止め対策を強化すべきです。約5ヶ月使用したシャワー浄水器CDSW-01のカートリッジで1,400Bq/kg以上のセシウムが吸着していると言う事は実際にはこの数倍の汚染である可能性も高いからです。カートリッジにセシウム500Bq/kg程度吸着した時点から吸着率が約6割も減少する事が過去の事例からもわかっている為です。何度も書きますが、今年は公園で水を飲む子供達を多くみかけました。飲み水はもちろんですが、風呂とシャワーの水にも気をつけなければならない理由は海水の塩分濃度は約3%で人間の塩分濃度は約0.85%です。人が海に入った場合、海水のが塩分濃度は高いので身体の不純物を排出する作用があります。しかし風呂は塩分濃度がほぼ0%なのでも人間の身体に逆に不純物などを吸収してしまう作用があります。身体の表面積は大きいのでその影響は測り知れません。『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』で多くの学者なども警告しているように[蛍光]『シャワーやお風呂を通して、被曝する化学物質の量、あ水道水を飲むより6倍〜100倍多い』[/蛍光]との記述もあります。参照『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』http://heart.bird.to/shower/report.htmlリスクは出来るだけ避けるべきです。放射能汚染にこれなら安全と言う閾値はないからです。例え、微量でもそこに福島第一原子力発電所由来のセシウム汚染がある以上、カートリッジには吸着して人体には吸着しないと言う保証はどこにもありません。首都圏で飲み水を気にされている方は一定数いますが、風呂やシャワーの水まで気にされている方はほぼいないに等しい。飲み水は気にしても風呂やシャワーまで気にしていたらきりがないと感情で物ごとを判断する方が多いからだと思います。真剣に考え出来る対策をして欲しいと願います。いつも一番の被害者は何も知るすべがない小さな子供達です。大人が真剣に考え対策をしないと取り返しがつかなくなります。今迄測定した<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1713790">『CDSW-01各地の水道水のセシウム値』</a>をご欄頂き現在お住まいの地域のセシウム汚染度を知る事は大変重要だと思います。誰でも簡単に安価で出来るセルフフィルターの作り方も書いてあります。放射能汚染問題だけは感情で判断せず、冷静に考えて一人でも多くの方に対策をして頂く事を切に望みます。詳しくは<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1920053">全国の水道水セシウム測定プロジェクト</a>を是非ご欄下さい。送料無料など特典もあります。是非、セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01を取付けて頂き、被ばく対策をしながらあなたが実際にお使いの水道水の汚染の推移を監視していきましょう。飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free737482">[蛍光]0ppm-RO浄水システム[/蛍光]</a>を是非、ご検討下さい☆放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。電気を使わない最新型のJPN-1かJPN-12WPをご購入の方にもれなくPikariお試しセットをプレゼント中です!2018年9月末日迄現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話でのお問い合わせもお気軽に☆☎03-5629-6977 2018-09-25T18:19:00+09:00 水道水のセシウム除去に特化したセシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01をご使用頂いている千葉県千葉市稲毛区にお住まいのユーザー様がお送り頂いたご使用済みのカートリッジの中身を取り出し測定を行いました。上部に入っている人工ゼオライト(50g)及び下部に入っている天然ゼオライト+活性炭(50g+30g)のそれぞれの測定を行いました。カートリッジの内部構造は下記をご参照下さい。フィルター1を通過したお湯は人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に天然ゼオライト、活性炭が入った2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。今回測定させて頂いたユーザー様は流量メーターを設置して頂いているユーザー様で通水量は約34,618Lです。(表示67,105L、交換時4月24日32,487L)交換日は2018年9月16日です。正確なデータは大切ですので、メーター設置がまだの方は取付けをご検討頂ければ幸いです。出来るだけ多くの皆様と多くの情報を共有したいと存じます。詳しくは<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1920608">全国の水道水セシウム測定プロジェクト</a>を是非ご欄下さい。(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム人工ゼオライト約50gの測定を2018年9月25日に2時間行いました。表示はCs-All141.9Bq/kg換算値はCs-All908.16Bq/kg*放射能測定器のiFKR-ZIP-A基本検体量は320gですので、6.4倍が換算値です。(2)天然ゼオライトと活性炭が吸着したセシウム天然ゼオライト約50g+活性炭約30gの測定を2時間の測定を2018年9月25日に行いました。表示はCs-All123.3Bq/kg換算値はCs-All493.2Bq/kg*放射能測定器のiFKR-ZIP-Aは基本検体量は320gですので、4倍が換算値です。カートリッジが吸着したセシウム総量はCs-All1,401.36Bq/kg<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1533263">換算値について</a>1Lあたりに換算すると0.04Bqです。こちらのユーザー様の前回数値は1Lあたりで0.0206Bqですので汚染は倍程度に深刻化しています。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2149362">前回記事</a>前回の記事で緊急報告させて頂きましたが東京都葛飾区の水道水中のセシウム汚染は前回測定時と比べ倍以上に推移していました。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2300835">緊急報告、葛飾区の水道水セシウム汚染は前回の倍以上に推移</a>今回はまったく同水量ではありませんが、千葉県千葉市の水道水中の福島第一原子力発電所由来のセシウム汚染が深刻化している事は大変憂うべき事態です。東京都葛飾区とは水源が違うにも関わらず同じように倍近くにセシウム汚染が深刻化している事態を重く受け止め対策を強化すべきです。約5ヶ月使用したシャワー浄水器CDSW-01のカートリッジで1,400Bq/kg以上のセシウムが吸着していると言う事は実際にはこの数倍の汚染である可能性も高いからです。カートリッジにセシウム500Bq/kg程度吸着した時点から吸着率が約6割も減少する事が過去の事例からもわかっている為です。何度も書きますが、今年は公園で水を飲む子供達を多くみかけました。飲み水はもちろんですが、風呂とシャワーの水にも気をつけなければならない理由は海水の塩分濃度は約3%で人間の塩分濃度は約0.85%です。人が海に入った場合、海水のが塩分濃度は高いので身体の不純物を排出する作用があります。しかし風呂は塩分濃度がほぼ0%なのでも人間の身体に逆に不純物などを吸収してしまう作用があります。身体の表面積は大きいのでその影響は測り知れません。『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』で多くの学者なども警告しているように[蛍光]『シャワーやお風呂を通して、被曝する化学物質の量、あ水道水を飲むより6倍〜100倍多い』[/蛍光]との記述もあります。参照『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』http://heart.bird.to/shower/report.htmlリスクは出来るだけ避けるべきです。放射能汚染にこれなら安全と言う閾値はないからです。例え、微量でもそこに福島第一原子力発電所由来のセシウム汚染がある以上、カートリッジには吸着して人体には吸着しないと言う保証はどこにもありません。首都圏で飲み水を気にされている方は一定数いますが、風呂やシャワーの水まで気にされている方はほぼいないに等しい。飲み水は気にしても風呂やシャワーまで気にしていたらきりがないと感情で物ごとを判断する方が多いからだと思います。真剣に考え出来る対策をして欲しいと願います。いつも一番の被害者は何も知るすべがない小さな子供達です。大人が真剣に考え対策をしないと取り返しがつかなくなります。今迄測定した<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1713790">『CDSW-01各地の水道水のセシウム値』</a>をご欄頂き現在お住まいの地域のセシウム汚染度を知る事は大変重要だと思います。誰でも簡単に安価で出来るセルフフィルターの作り方も書いてあります。放射能汚染問題だけは感情で判断せず、冷静に考えて一人でも多くの方に対策をして頂く事を切に望みます。詳しくは<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1920053">全国の水道水セシウム測定プロジェクト</a>を是非ご欄下さい。送料無料など特典もあります。是非、セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01を取付けて頂き、被ばく対策をしながらあなたが実際にお使いの水道水の汚染の推移を監視していきましょう。飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free737482">[蛍光]0ppm-RO浄水システム[/蛍光]</a>を是非、ご検討下さい☆放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。電気を使わない最新型のJPN-1かJPN-12WPをご購入の方にもれなくPikariお試しセットをプレゼント中です!2018年9月末日迄現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話でのお問い合わせもお気軽に☆☎03-5629-6977 緊急報告、葛飾区の水道水セシウム汚染は前回の倍以上に推移 http://cdcreation.grupo.jp/blog/2300835 セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01を継続的に使用し、定期的に東京都葛飾区の水道水中のセシウム濃度の推移をチェックしています。水量を正確に測るために、流量計を設置しています。カートリッジ交換後に40,000Lを通水させたので測定を行いました。*表示は190,000Lになっていますが、前回カートリッジ交換時は150,000Lです。使用期間:2018年5月19日~2018年9月16日(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム人工ゼオライト約50gの測定を2時間行いました。表示Cs-All74.3Bq/kg換算値475.52Bq/kg(2)天然ゼオライト約50g及び活性炭約30gが吸着したセシウム2時間の測定表示Cs-All66Bq/kg換算値264Bq/kgカートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は739.52Bq/kg<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1533263">換算値について</a>前回の測定は2018年2月7日~2018年5月18日で、同じく40,000Lでカートリッジが吸着したセシウム総量は367.68Bq/kg<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2170827">参考記事</a>前回の数値と比べると2倍以上もフクイチ由来のセシウム汚染は深刻化しています。まったく同じ通水量で同じ場所にも関わらず汚染は大幅に進行しています。1Lあたりに換算すると0.0184Bqです。1Lに換算するとたいした汚染ではないと勘違いされるかもしれませんが、毎日の蓄積が問題です。知らずに飲み続けたり、風呂やシャワーで汚染水を浴び続けたりすれば蓄積されます。4ヶ月程度使った浄水器のフィルターで約740Bq/kgもの福島第一原子力発電所由来の猛毒のセシウムが蓄積しています。カートリッジのフィルターに蓄積して人体に蓄積しない筈がありません。是非、一人でも多くの方に真剣に考えてもらいたい。今年の夏は暑かったせいか公園などで水を飲む子供達を沢山見かけました。大人が真剣に考え対策しないと何も知らない子供達は今後も摂取し続けます。東京都だけの問題ではありません。通水量が明確な千葉県千葉市の水道水のセシウム汚染は更に深刻です。32,487Lでカートリッジに吸着した福島第一原子力発電所事故由来のセシウム総量は668.64Bq/kgにも達します。1Lあたりに換算すると0.0206Bqのセシウム汚染です。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2149362">参考記事</a>事故から時間が経過して多くの人は汚染は少なくなるものだと思い込んでいます。水道水の汚染に関しては少なくても2回連続で前回より汚染が悪化している現実を真剣に考えて欲しい。青酸カリの2,000倍の毒性と言われているセシウムだけじゃなく、そのセシウムの300倍危険だと言われているストロンチウムなど他の物質も考慮すべきです。測定下限値以下だから安全は明らかに間違いです。そもそもその測定下限値が高く設定されていてはお話になりません。例え微量でもそこに福島第一原子力発電所事故由来の放射性物質が存在すると言う事を真剣に考えて下さい。あたり前の話しですが、これなら安全と言う閾値は残念ながらありません。ご自身が実際にお使いの水道水のセシウム濃度をまずは知る事が大変重要です。そして同時に被ばく対策をする事は更に重要です。是非、ご協力をお願い致します。詳しくは<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1920053">全国の水道水セシウム測定プロジェクト</a>を是非ご欄下さい。送料無料など特典もあります。是非、セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01を取付けて頂き、被ばく対策をしながらあなたが実際にお使いの水道水の汚染の推移を監視していきましょう。飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free737482">[蛍光]0ppm-RO浄水システム[/蛍光]</a>を是非、ご検討下さい☆放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。電気を使わない最新型のJPN-1かJPN-12WPをご購入の方にもれなくPikariお試しセットをプレゼント中です!2018年9月末日迄現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話でのお問い合わせもお気軽に☆☎03-5629-6977 2018-09-18T07:43:00+09:00 セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01を継続的に使用し、定期的に東京都葛飾区の水道水中のセシウム濃度の推移をチェックしています。水量を正確に測るために、流量計を設置しています。カートリッジ交換後に40,000Lを通水させたので測定を行いました。*表示は190,000Lになっていますが、前回カートリッジ交換時は150,000Lです。使用期間:2018年5月19日~2018年9月16日(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム人工ゼオライト約50gの測定を2時間行いました。表示Cs-All74.3Bq/kg換算値475.52Bq/kg(2)天然ゼオライト約50g及び活性炭約30gが吸着したセシウム2時間の測定表示Cs-All66Bq/kg換算値264Bq/kgカートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は739.52Bq/kg<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1533263">換算値について</a>前回の測定は2018年2月7日~2018年5月18日で、同じく40,000Lでカートリッジが吸着したセシウム総量は367.68Bq/kg<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2170827">参考記事</a>前回の数値と比べると2倍以上もフクイチ由来のセシウム汚染は深刻化しています。まったく同じ通水量で同じ場所にも関わらず汚染は大幅に進行しています。1Lあたりに換算すると0.0184Bqです。1Lに換算するとたいした汚染ではないと勘違いされるかもしれませんが、毎日の蓄積が問題です。知らずに飲み続けたり、風呂やシャワーで汚染水を浴び続けたりすれば蓄積されます。4ヶ月程度使った浄水器のフィルターで約740Bq/kgもの福島第一原子力発電所由来の猛毒のセシウムが蓄積しています。カートリッジのフィルターに蓄積して人体に蓄積しない筈がありません。是非、一人でも多くの方に真剣に考えてもらいたい。今年の夏は暑かったせいか公園などで水を飲む子供達を沢山見かけました。大人が真剣に考え対策しないと何も知らない子供達は今後も摂取し続けます。東京都だけの問題ではありません。通水量が明確な千葉県千葉市の水道水のセシウム汚染は更に深刻です。32,487Lでカートリッジに吸着した福島第一原子力発電所事故由来のセシウム総量は668.64Bq/kgにも達します。1Lあたりに換算すると0.0206Bqのセシウム汚染です。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2149362">参考記事</a>事故から時間が経過して多くの人は汚染は少なくなるものだと思い込んでいます。水道水の汚染に関しては少なくても2回連続で前回より汚染が悪化している現実を真剣に考えて欲しい。青酸カリの2,000倍の毒性と言われているセシウムだけじゃなく、そのセシウムの300倍危険だと言われているストロンチウムなど他の物質も考慮すべきです。測定下限値以下だから安全は明らかに間違いです。そもそもその測定下限値が高く設定されていてはお話になりません。例え微量でもそこに福島第一原子力発電所事故由来の放射性物質が存在すると言う事を真剣に考えて下さい。あたり前の話しですが、これなら安全と言う閾値は残念ながらありません。ご自身が実際にお使いの水道水のセシウム濃度をまずは知る事が大変重要です。そして同時に被ばく対策をする事は更に重要です。是非、ご協力をお願い致します。詳しくは<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1920053">全国の水道水セシウム測定プロジェクト</a>を是非ご欄下さい。送料無料など特典もあります。是非、セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01を取付けて頂き、被ばく対策をしながらあなたが実際にお使いの水道水の汚染の推移を監視していきましょう。飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free737482">[蛍光]0ppm-RO浄水システム[/蛍光]</a>を是非、ご検討下さい☆放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。電気を使わない最新型のJPN-1かJPN-12WPをご購入の方にもれなくPikariお試しセットをプレゼント中です!2018年9月末日迄現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話でのお問い合わせもお気軽に☆☎03-5629-6977 千葉県浦安市の水道水のセシウム汚染 http://cdcreation.grupo.jp/blog/2284185 セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01を2017年8月から約1年お使い頂いているユーザー様のカートリッジの中身を取り出し測定を行いました。今回測定させて頂いたのは千葉県浦安市のユーザー様です。今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。ユーザー様の使用データは以下のとうりです。ご使用期間2017年8月下旬〜2018年8月下旬計約365日一日の平均ご使用時間は10分で約100L×365日=36,500Lです。(1)人口ゼオライト(約50g)が吸着したセシウム(2時間測定)表記はCs-All51.2Bq/kg測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので6.4倍の327.68Bq/kg(2)天然ゼオライト約50gと活性炭約30gが吸着したセシウム(2時間測定)表記はCs-All30.6Bq/kg換算値は4倍の122.4Bq/kg測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので、4倍が換算値です。カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は450.08Bq/kg<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1533263">換算値について</a>1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は0.012Bqです。今回のカートッジの交換時期は結果的に適切だったと思います。ご注意頂きたいのは実際にカートリッジが吸着したセシウム総量が400〜500Bq/kg程度になったあたりから吸着率は約60%程度低下する事が過去のデータからわかっています。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2109779">カートリッジの吸着率について</a>最も大切なライフラインである水道水の首都圏の汚染の実態を知る事は大変重要です。過去何度も記事にしましたがすべての方にもっと関心を持って頂きたいと願っております。微量でもそこに福島第一原子力発電所由来の核汚染があり、毎日それを摂取し続ければ確実に被ばくし人体に深刻な影響があるからです。測定しているのは比較的測定が容易なセシウム(Cs-134+Cs-137)で原子炉内ではストロンチウムとほぼ1対1の比率で存在しますが、東京の水道水の1987年のデータではCs-137に対してSr-90が8倍になっている事も留意すべきです。<ahref="http://geiger.grupo.jp/blog/1844418">参考データ</a>ストロンチウム90の生物学的半減期は約50年、一度取り込むとほぼ一生涯排出されません。だから行政発表の数値を安全だと鵜呑みにせず、<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1991154">水道水の検出下限について</a>ついて真剣に考え、対策する必要があります。セシウムの毒性は青酸カリの2,000倍だと言われています。致死量は2,000分の1と言う事です。毎日摂取していてもしばらくは何ともないかもしれませんが日々の蓄積すればやがて致死量に達します。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1920608">『全国の水道水セシウム測定プロジェクト』</a>を2017年秋に立ち上げた最大の理由はすべての人にもっと関心を持って頂き行政により厳しい対応を迫る必要があります。実際に行政の方々も国の指針に従うだけで、汚染の深刻さを知りません。被ばく対策して頂く事はもちろん最も大切な事ですが、現実的にある首都圏の水道水中の福島第一原子力発電所由来のセシウム汚染の実態を知る事も大変重要だと考えます。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01</a>多くの人に水道水汚染の実態を知って頂き、行政に本気で対策してもらう事為にも多くの人が声を上げる必要があります。まずは大切なライフラインである水道水対策を強化する必要があります。それにはまず汚染の実態を知らなければなりません。例えそれが深刻なデータであっても正確に全国民が知る権利があります。東京都水道局では安全で美味しい水として東京の水道水を使用した『東京水』と言うブランドでペットボトルとして販売を行い安全性をアピールしています。何万人にもアンケートを取り、ミネラルウォーターと味比べをしています。↓クリック!<ahref="https://www.youtube.com/watch?v=myqOGYSynos">[蛍光]☆外国人×利き水☆水道水VSミネラルウォーター[/蛍光]</a><ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1924454">全国の水道水のセシウム測定プロジェクトにつきまして</a><ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1985944">全国の水道水セシウム測定プロジェクト(結果報告1)</a>測定毎に下記のページに更新していきます。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1713790">CDSW-01各地の水道水のセシウム値</a>飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free737482">0ppm-RO浄水システム</a>を是非、ご検討下さい☆放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。*画像はクリックで拡大します。首都圏にお住まいの方にはオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターの設置をお薦めしております。RO(逆浸透)方式の浄水器は放射性物質除去に特化しておりますが完全ではありません。飲み水に関しましては放射能を測定するものではありませんが、TDSメーターと言う不純物濃度を測定する安価なメーターがございます。そのメーターで0ppmの水を飲用される事をお薦めしております。ご自身でお使いの水はTDSメーターで数値を管理する事が大切だと考えております。最近の一番人気は我が家でも最近導入しました最新型のJPN-1です。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1247337">新製品JPN-1</a>最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。(フィルター等の消耗品を除く)そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1421796">JPN-mini</a>初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)*翌々月から自動引落し、オプションは別。現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話でのお問い合わせもお気軽に☆担当:鈴木☎03-5629-6977 2018-08-31T20:11:00+09:00 セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01を2017年8月から約1年お使い頂いているユーザー様のカートリッジの中身を取り出し測定を行いました。今回測定させて頂いたのは千葉県浦安市のユーザー様です。今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。ユーザー様の使用データは以下のとうりです。ご使用期間2017年8月下旬〜2018年8月下旬計約365日一日の平均ご使用時間は10分で約100L×365日=36,500Lです。(1)人口ゼオライト(約50g)が吸着したセシウム(2時間測定)表記はCs-All51.2Bq/kg測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので6.4倍の327.68Bq/kg(2)天然ゼオライト約50gと活性炭約30gが吸着したセシウム(2時間測定)表記はCs-All30.6Bq/kg換算値は4倍の122.4Bq/kg測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので、4倍が換算値です。カートリッジが吸着したセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は450.08Bq/kg<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1533263">換算値について</a>1Lあたりのセシウム総量(Cs-134+Cs-137)は0.012Bqです。今回のカートッジの交換時期は結果的に適切だったと思います。ご注意頂きたいのは実際にカートリッジが吸着したセシウム総量が400〜500Bq/kg程度になったあたりから吸着率は約60%程度低下する事が過去のデータからわかっています。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2109779">カートリッジの吸着率について</a>最も大切なライフラインである水道水の首都圏の汚染の実態を知る事は大変重要です。過去何度も記事にしましたがすべての方にもっと関心を持って頂きたいと願っております。微量でもそこに福島第一原子力発電所由来の核汚染があり、毎日それを摂取し続ければ確実に被ばくし人体に深刻な影響があるからです。測定しているのは比較的測定が容易なセシウム(Cs-134+Cs-137)で原子炉内ではストロンチウムとほぼ1対1の比率で存在しますが、東京の水道水の1987年のデータではCs-137に対してSr-90が8倍になっている事も留意すべきです。<ahref="http://geiger.grupo.jp/blog/1844418">参考データ</a>ストロンチウム90の生物学的半減期は約50年、一度取り込むとほぼ一生涯排出されません。だから行政発表の数値を安全だと鵜呑みにせず、<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1991154">水道水の検出下限について</a>ついて真剣に考え、対策する必要があります。セシウムの毒性は青酸カリの2,000倍だと言われています。致死量は2,000分の1と言う事です。毎日摂取していてもしばらくは何ともないかもしれませんが日々の蓄積すればやがて致死量に達します。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1920608">『全国の水道水セシウム測定プロジェクト』</a>を2017年秋に立ち上げた最大の理由はすべての人にもっと関心を持って頂き行政により厳しい対応を迫る必要があります。実際に行政の方々も国の指針に従うだけで、汚染の深刻さを知りません。被ばく対策して頂く事はもちろん最も大切な事ですが、現実的にある首都圏の水道水中の福島第一原子力発電所由来のセシウム汚染の実態を知る事も大変重要だと考えます。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01</a>多くの人に水道水汚染の実態を知って頂き、行政に本気で対策してもらう事為にも多くの人が声を上げる必要があります。まずは大切なライフラインである水道水対策を強化する必要があります。それにはまず汚染の実態を知らなければなりません。例えそれが深刻なデータであっても正確に全国民が知る権利があります。東京都水道局では安全で美味しい水として東京の水道水を使用した『東京水』と言うブランドでペットボトルとして販売を行い安全性をアピールしています。何万人にもアンケートを取り、ミネラルウォーターと味比べをしています。↓クリック!<ahref="https://www.youtube.com/watch?v=myqOGYSynos">[蛍光]☆外国人×利き水☆水道水VSミネラルウォーター[/蛍光]</a><ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1924454">全国の水道水のセシウム測定プロジェクトにつきまして</a><ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1985944">全国の水道水セシウム測定プロジェクト(結果報告1)</a>測定毎に下記のページに更新していきます。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1713790">CDSW-01各地の水道水のセシウム値</a>飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free737482">0ppm-RO浄水システム</a>を是非、ご検討下さい☆放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。*画像はクリックで拡大します。首都圏にお住まいの方にはオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターの設置をお薦めしております。RO(逆浸透)方式の浄水器は放射性物質除去に特化しておりますが完全ではありません。飲み水に関しましては放射能を測定するものではありませんが、TDSメーターと言う不純物濃度を測定する安価なメーターがございます。そのメーターで0ppmの水を飲用される事をお薦めしております。ご自身でお使いの水はTDSメーターで数値を管理する事が大切だと考えております。最近の一番人気は我が家でも最近導入しました最新型のJPN-1です。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1247337">新製品JPN-1</a>最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。(フィルター等の消耗品を除く)そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1421796">JPN-mini</a>初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)*翌々月から自動引落し、オプションは別。現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話でのお問い合わせもお気軽に☆担当:鈴木☎03-5629-6977 愛知県稲沢市の水道水中のセシウム http://cdcreation.grupo.jp/blog/2266286 <ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器</a>を2017年からご使用頂いている愛知県稲沢市のユーザー様分の測定を行いました。今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。ユーザー様から情報は以下になります。使用期間2017年10月20日〜2018年8月12日(297日)一日平均約400Lで計118,800L。セシウム汚染に関してはあっても極微量と判断したので、16時間の測定を行いました。(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム人工ゼオライト約50gの測定茶色のバックグラウンド(=BG)に比べ赤の検体はエネルギーが低いほうから高いほう全体に持上がってしまっている事がわかります。Cs-137のピークもまったくない事から定量下限値未満と判断しました。測定器iFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gなので換算値は6.4倍です。*バックグラウンド(=BG)は無汚染の人工ゼオライト50gで取得した直近のものと比較。バックグランドとは自然界や測定器そのものに、天然の放射性物質がありますので通常は検査室に検体を入れない空の状態と検体を入れた状態で比較して、正味の放射能濃度を計算する為に取得します。(2)天然ゼオライトと活性炭が吸着したセシウムそしてカートリッジの2つ目の部屋に入れたあった使用済みの天然ゼオライト50gと活性炭30gを16時間測定しました。*バックグラウンド(=BG)は無汚染の天然ゼオライト50gと活性炭30gで取得しました。こちらも茶色のバックグラウンド(=BG)に比べ赤の検体はエネルギーが低いほうから高いほう全体に持上がってしまっている事がわかります。Cs-137のピークもまったくない事から定量下限値未満と判断しました。こちらも定量下限値未満です。下記は人工ゼオライト50gの生データです。エネルギーが低いほうから見ますとPb214の242、295、352Kev辺りとBi214の609、1120、1764Kev近辺にもピークが確認出来ますので自然由来のウラン系列であり、Bi214の609Kevあたりにピークがあり、そのピークの肩の部分に位置するCs-137の662Kevあたりにもピークはまったく見えない事からセシウムはほぼ含まれてない、もしくは含まれていたとしても極微量であると判断出来ます。出来るだけ正確なデータを蓄積して現実的にある水道水中のフクイチ由来のセシウム汚染の現実を一人でも多くの方に知って頂き対策して欲しいと心から願っています。特に小さい子供達は影響を受けやすく幼稚園、小学校などの水道水汚染の対策は急を要します。夏場はプールなどでも皮膚から体内に吸収してしまいます。飲み水の対策はもちろん、毎日の風呂やシャワーなどまで気にする方はほとんどいないのが現状です。しかしシャワーの害に関するアメリカからのレポートを読めば危険性がわかると思います。*お湯に含まれる汚染物質の20%~90%は、入浴中及びシャワー中に皮膚を通して、又は湯気を吸い込む事で、体内に吸収されています。著者ISTHISYOURCHILDドリス・Jラップ女史ニューヨーク州立大学臨床小児科助教授医学博士*ピッツバーグ大学の水質科学の教授は、『シャワーやお風呂を通して、被曝する化学物質の量は、水道水を飲むより6~100倍多い』サイエンスニューズ130号ジャネット・ラルフ*これらの人々はシャワーとお風呂から『飲料水の6倍~100倍の有害物質』を浴びている。ニューサイエンシストイーアン・アンダーソン参照『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』http://heart.bird.to/shower/report.html1年かけて開発したセシウム除去に特化したシャワー浄水器<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">CDSW-01</a>は風呂やシャワーからの被ばく対策に自信をもってお薦め致します。実際にどの程度セシウムを吸着してくれるのか多くのデータもあります。地域により汚染度の違いがありますので、あなたが暮らす町の水道水のセシウム汚染を是非チェックしてみて下さい。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1713790">CDSW-01各地の水道水のセシウム値</a>流量メーターを付けて正確な水量を測定したデータをもっと増やしたいと思います。流量さえわかればどんなメーターでもOKです。ちなみに私が使っているメーターは<ahref="https://www.amazon.co.jp/dp/B01N4KAR0O/ref=sr_1_1?s=home&ie=UTF8&qid=1491793248&sr=1-1&keywords=%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E5%93%81%20%E5%8D%98%E4%B8%80%E6%B5%81%E3%82%8C%E3%80%80%20%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%80%80%20%E5%86%B7%E6%B0%B4%E8%A1%A8%2015mm%20%E5%BA%AD%E5%9C%92%20%E5%AE%B6%20%E6%B0%B4%E9%87%8F%E8%A8%88%20%E7%B6%99%E6%89%8B%E4%BB%98%E3%81%8D">こちら</a>シャワー浄水器<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">CDSW-01</a>を設置頂き、流量メーターを付けて頂ける方は期間限定特別価格としまして、本体価格15,000円(税抜)とさせて頂きます。私が使用している流量メーターの本日の価格は3,270円(税込、関東への送料は無料です。)ですので実質のご負担額は500円程度です。2018年8月末日まで、限定10名様限定とさせて頂きますので、是非この機会にシャワー浄水器と流量メーターの設置をご検討お願い致します。[蛍光]RO(逆浸透)浄水器でも2018年8月末日までキャンペーン中です![/蛍光]電気を使わないJPN-1及びJPN-12WPをご購入の方には<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01</a>本体を一台プレゼント中です!詳しくは下記をご欄下さい。0PPM-RO浄水システム<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1247337">新製品JPN-1</a>最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。(フィルター等の消耗品を除く)そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1421796">JPN-mini</a>初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)*翌々月から自動引落し、オプションは別。現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!ご質問等はお気軽にお問い合わせ下さい。メールでの対応は24時間365日です!電話でのお問い合わせもお気軽に☆☎03-5629-6977 2018-08-17T10:06:00+09:00 <ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器</a>を2017年からご使用頂いている愛知県稲沢市のユーザー様分の測定を行いました。今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。ユーザー様から情報は以下になります。使用期間2017年10月20日〜2018年8月12日(297日)一日平均約400Lで計118,800L。セシウム汚染に関してはあっても極微量と判断したので、16時間の測定を行いました。(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム人工ゼオライト約50gの測定茶色のバックグラウンド(=BG)に比べ赤の検体はエネルギーが低いほうから高いほう全体に持上がってしまっている事がわかります。Cs-137のピークもまったくない事から定量下限値未満と判断しました。測定器iFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gなので換算値は6.4倍です。*バックグラウンド(=BG)は無汚染の人工ゼオライト50gで取得した直近のものと比較。バックグランドとは自然界や測定器そのものに、天然の放射性物質がありますので通常は検査室に検体を入れない空の状態と検体を入れた状態で比較して、正味の放射能濃度を計算する為に取得します。(2)天然ゼオライトと活性炭が吸着したセシウムそしてカートリッジの2つ目の部屋に入れたあった使用済みの天然ゼオライト50gと活性炭30gを16時間測定しました。*バックグラウンド(=BG)は無汚染の天然ゼオライト50gと活性炭30gで取得しました。こちらも茶色のバックグラウンド(=BG)に比べ赤の検体はエネルギーが低いほうから高いほう全体に持上がってしまっている事がわかります。Cs-137のピークもまったくない事から定量下限値未満と判断しました。こちらも定量下限値未満です。下記は人工ゼオライト50gの生データです。エネルギーが低いほうから見ますとPb214の242、295、352Kev辺りとBi214の609、1120、1764Kev近辺にもピークが確認出来ますので自然由来のウラン系列であり、Bi214の609Kevあたりにピークがあり、そのピークの肩の部分に位置するCs-137の662Kevあたりにもピークはまったく見えない事からセシウムはほぼ含まれてない、もしくは含まれていたとしても極微量であると判断出来ます。出来るだけ正確なデータを蓄積して現実的にある水道水中のフクイチ由来のセシウム汚染の現実を一人でも多くの方に知って頂き対策して欲しいと心から願っています。特に小さい子供達は影響を受けやすく幼稚園、小学校などの水道水汚染の対策は急を要します。夏場はプールなどでも皮膚から体内に吸収してしまいます。飲み水の対策はもちろん、毎日の風呂やシャワーなどまで気にする方はほとんどいないのが現状です。しかしシャワーの害に関するアメリカからのレポートを読めば危険性がわかると思います。*お湯に含まれる汚染物質の20%~90%は、入浴中及びシャワー中に皮膚を通して、又は湯気を吸い込む事で、体内に吸収されています。著者ISTHISYOURCHILDドリス・Jラップ女史ニューヨーク州立大学臨床小児科助教授医学博士*ピッツバーグ大学の水質科学の教授は、『シャワーやお風呂を通して、被曝する化学物質の量は、水道水を飲むより6~100倍多い』サイエンスニューズ130号ジャネット・ラルフ*これらの人々はシャワーとお風呂から『飲料水の6倍~100倍の有害物質』を浴びている。ニューサイエンシストイーアン・アンダーソン参照『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』http://heart.bird.to/shower/report.html1年かけて開発したセシウム除去に特化したシャワー浄水器<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">CDSW-01</a>は風呂やシャワーからの被ばく対策に自信をもってお薦め致します。実際にどの程度セシウムを吸着してくれるのか多くのデータもあります。地域により汚染度の違いがありますので、あなたが暮らす町の水道水のセシウム汚染を是非チェックしてみて下さい。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1713790">CDSW-01各地の水道水のセシウム値</a>流量メーターを付けて正確な水量を測定したデータをもっと増やしたいと思います。流量さえわかればどんなメーターでもOKです。ちなみに私が使っているメーターは<ahref="https://www.amazon.co.jp/dp/B01N4KAR0O/ref=sr_1_1?s=home&ie=UTF8&qid=1491793248&sr=1-1&keywords=%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E5%93%81%20%E5%8D%98%E4%B8%80%E6%B5%81%E3%82%8C%E3%80%80%20%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%80%80%20%E5%86%B7%E6%B0%B4%E8%A1%A8%2015mm%20%E5%BA%AD%E5%9C%92%20%E5%AE%B6%20%E6%B0%B4%E9%87%8F%E8%A8%88%20%E7%B6%99%E6%89%8B%E4%BB%98%E3%81%8D">こちら</a>シャワー浄水器<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">CDSW-01</a>を設置頂き、流量メーターを付けて頂ける方は期間限定特別価格としまして、本体価格15,000円(税抜)とさせて頂きます。私が使用している流量メーターの本日の価格は3,270円(税込、関東への送料は無料です。)ですので実質のご負担額は500円程度です。2018年8月末日まで、限定10名様限定とさせて頂きますので、是非この機会にシャワー浄水器と流量メーターの設置をご検討お願い致します。[蛍光]RO(逆浸透)浄水器でも2018年8月末日までキャンペーン中です![/蛍光]電気を使わないJPN-1及びJPN-12WPをご購入の方には<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01</a>本体を一台プレゼント中です!詳しくは下記をご欄下さい。0PPM-RO浄水システム<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1247337">新製品JPN-1</a>最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。(フィルター等の消耗品を除く)そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1421796">JPN-mini</a>初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)*翌々月から自動引落し、オプションは別。現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!ご質問等はお気軽にお問い合わせ下さい。メールでの対応は24時間365日です!電話でのお問い合わせもお気軽に☆☎03-5629-6977 CDSW-01セシウム除去用シャワー浄水器ご使用レビュー http://cdcreation.grupo.jp/blog/2254604 おかげさまでセシウム除去に特化したシャワー浄水器<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">CDSW-01</a>のユーザーの方も着実に増えてきています。テストしたなかで最も高価な人工ゼオライトを採用した一番の理由は一度捕獲したセシウムを逃しずらい構造になっている事。具体的にはセシウムの粒子(0.0006μ)より少しだけ大きな孔があけてある。ストロンチウムは測定をしている訳ではないが粒子サイズがほぼセシウムと同じ0.0006μである事を考えると吸着が期待出来るからです。効果を実感出来るかは人により違いますが、最近導入してくれた方から嬉しいメールを頂き許可を頂いたので、匿名で原文にて紹介したいと思います。以下、原文です。☆☆効果と言っても、しばらくは使い続けないとわからないだろうと気長に構えていたのですが、使用2日目から髪がゴワゴワしなくなり肌にマイルドであるのが実感できました。5月に突然でた蕁麻疹がなかなか治まらずにいたのですが、今日は薬が切れる時間になっても、蕁麻疹がほとんど出なくなってきました。それが、治りかけであったからなのか、浄水器のおかげなのかは判定が難しいですが。蕁麻疹(と猛烈なかゆみ)が手首から先が最もひどかったことから空気か水のせいかと思っていました。(その両方かもしれませんが)家にいるときは、顔や手もシャワーで洗うようにしてみようと思います。手を洗う、調理や茶碗を洗うときには水を使う頻度がとても多いです。(飲料水は今の所ペットボトル水でまかなっていますが)今後はゴム手袋をなるべく忘れずに使うようにしようと思っています。家では、濡れ雑巾をつけたモップで拭き掃除していますが、2〜3ヶ月すると布地がボロボロになって取り替えます。濡れていることの多い台ふきんも同じようなことになります。(洗濯ものも洗う頻度の高いタオルなどはボロボロになってきます)やはり、水がダメなのだと思っています。体の内部も雑巾と同じようになるはずですよね。怖くない人は知らないだけ、考えたくないだけとしか思えません。普通の主婦なら、何かいままでと違うと思う機会は生活の中でたくさんあります。それから、確認ですが、シャワーの仕様書にはCs除去とありました。他の核種については除去はされていないということでしょうか。それでも、使用感が明らかに今までと違うことが短期間で実感できています。流量計までつけたい気持ちは山々ですが、家族は「放射能」を意識していると感じるだけで拒絶反応ですので、今は無理かと思っています。半年後計測していただけたら、ありがたいです。☆☆引用終わり各地の水道水のセシウム汚染の実態も少しずつデータが増えつつあります。地域が明確な流量メーターなしのデータは現在、45例ですが、水量が明確な流量メーターを設置したデータはまだ4例しかありません。詳しくは下記をご参照下さい。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1713790">CDSW-01各地の水道水のセシウム値</a>[蛍光]2016年に<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1557002">『風呂とシャワーの水対策』</a>と言うタイトルの記事を書きましたが天然ゼオライトでも<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">CDSW-01</a>と比較して4割程度の効果が期待できます![/蛍光]風呂に入ると肌がびりびりしていたに改善されたなどの報告も頂いています!<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2242167">被ばく対策!そして水道水のセシウム測定プロジェクトに是非ご協力下さい!!</a>[蛍光]RO(逆浸透)浄水器でも2018年8月末日までキャンペーン中です![/蛍光]電気を使わないJPN-1及びJPN-12WPをご購入の方には<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01</a>本体を一台プレゼント中です!詳しくは下記をご欄下さい。[蛍光]0PPM-RO浄水システム[/蛍光]<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1247337">新製品JPN-1</a>最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。(フィルター等の消耗品を除く)そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1421796">JPN-mini</a>初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)*翌々月から自動引落し、オプションは別。[MARK]現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい![/MARK]ご質問等はお気軽にお問い合わせ下さい。メールでのお問い合わせはもちろん電話でのお問い合わせもお気軽に☆☎03-5629-6977 2018-08-07T15:11:00+09:00 おかげさまでセシウム除去に特化したシャワー浄水器<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">CDSW-01</a>のユーザーの方も着実に増えてきています。テストしたなかで最も高価な人工ゼオライトを採用した一番の理由は一度捕獲したセシウムを逃しずらい構造になっている事。具体的にはセシウムの粒子(0.0006μ)より少しだけ大きな孔があけてある。ストロンチウムは測定をしている訳ではないが粒子サイズがほぼセシウムと同じ0.0006μである事を考えると吸着が期待出来るからです。効果を実感出来るかは人により違いますが、最近導入してくれた方から嬉しいメールを頂き許可を頂いたので、匿名で原文にて紹介したいと思います。以下、原文です。☆☆効果と言っても、しばらくは使い続けないとわからないだろうと気長に構えていたのですが、使用2日目から髪がゴワゴワしなくなり肌にマイルドであるのが実感できました。5月に突然でた蕁麻疹がなかなか治まらずにいたのですが、今日は薬が切れる時間になっても、蕁麻疹がほとんど出なくなってきました。それが、治りかけであったからなのか、浄水器のおかげなのかは判定が難しいですが。蕁麻疹(と猛烈なかゆみ)が手首から先が最もひどかったことから空気か水のせいかと思っていました。(その両方かもしれませんが)家にいるときは、顔や手もシャワーで洗うようにしてみようと思います。手を洗う、調理や茶碗を洗うときには水を使う頻度がとても多いです。(飲料水は今の所ペットボトル水でまかなっていますが)今後はゴム手袋をなるべく忘れずに使うようにしようと思っています。家では、濡れ雑巾をつけたモップで拭き掃除していますが、2〜3ヶ月すると布地がボロボロになって取り替えます。濡れていることの多い台ふきんも同じようなことになります。(洗濯ものも洗う頻度の高いタオルなどはボロボロになってきます)やはり、水がダメなのだと思っています。体の内部も雑巾と同じようになるはずですよね。怖くない人は知らないだけ、考えたくないだけとしか思えません。普通の主婦なら、何かいままでと違うと思う機会は生活の中でたくさんあります。それから、確認ですが、シャワーの仕様書にはCs除去とありました。他の核種については除去はされていないということでしょうか。それでも、使用感が明らかに今までと違うことが短期間で実感できています。流量計までつけたい気持ちは山々ですが、家族は「放射能」を意識していると感じるだけで拒絶反応ですので、今は無理かと思っています。半年後計測していただけたら、ありがたいです。☆☆引用終わり各地の水道水のセシウム汚染の実態も少しずつデータが増えつつあります。地域が明確な流量メーターなしのデータは現在、45例ですが、水量が明確な流量メーターを設置したデータはまだ4例しかありません。詳しくは下記をご参照下さい。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1713790">CDSW-01各地の水道水のセシウム値</a>[蛍光]2016年に<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1557002">『風呂とシャワーの水対策』</a>と言うタイトルの記事を書きましたが天然ゼオライトでも<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">CDSW-01</a>と比較して4割程度の効果が期待できます![/蛍光]風呂に入ると肌がびりびりしていたに改善されたなどの報告も頂いています!<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/2242167">被ばく対策!そして水道水のセシウム測定プロジェクトに是非ご協力下さい!!</a>[蛍光]RO(逆浸透)浄水器でも2018年8月末日までキャンペーン中です![/蛍光]電気を使わないJPN-1及びJPN-12WPをご購入の方には<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01</a>本体を一台プレゼント中です!詳しくは下記をご欄下さい。[蛍光]0PPM-RO浄水システム[/蛍光]<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1247337">新製品JPN-1</a>最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。(フィルター等の消耗品を除く)そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1421796">JPN-mini</a>初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)*翌々月から自動引落し、オプションは別。[MARK]現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい![/MARK]ご質問等はお気軽にお問い合わせ下さい。メールでのお問い合わせはもちろん電話でのお問い合わせもお気軽に☆☎03-5629-6977 北海道旭川市の地下水のセシウム http://cdcreation.grupo.jp/blog/2250900 <ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器</a>をご使用頂いている北海道旭川市のユーザー様分の測定を行いました。今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。ユーザー様から情報は以下になります。使用期間2018年4月6日〜2018年7月25日(111日)一日平均約1,200Lで計133,200L今回測定したのは水道水を通過させたものではなく、地下50mからの地下水です。セシウム汚染に関してはあっても極微量と判断したので、40時間の測定を行いました。(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム人工ゼオライト約50gの測定*取り出した約50gの人工ゼオライトCs-137662kev近辺に微妙なピークはあるもののこれでは検出とは言えません。定量下限値未満と判断しました。測定器iFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gなので換算値は6.4倍です。*バックグラウンド(=BG)は無汚染の人工ゼオライト50gで取得した直近のものと比較。バックグランドとは自然界や測定器そのものに、天然の放射性物質がありますので通常は検査室に検体を入れない空の状態と検体を入れた状態で比較して、正味の放射能濃度を計算する為に取得します。(2)天然ゼオライトと活性炭が吸着したセシウムそしてカートリッジの2つ目の部屋に入れたあった使用済みの天然ゼオライト50gと活性炭30gを40時間測定しました。*バックグラウンド(=BG)は無汚染の天然ゼオライト50gと活性炭30gで取得しました。こちらも定量下限値未満です。これだけの通水量で40時間測定してNDである事はセシウム汚染に関してはほとんど心配しなくても良いレベルだと考えます。こちらのユーザー様は畑に散水する水で使われているそうです。飲み水に関しましては<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free737482">0PPM-RO浄水システム</a>をご利用頂いております。初回カートリッジ交換時に無料測定をご利用頂ければ、交換時期の目安をご自身で決めて頂けます。また、多くの人に水道水に福島第一原発事故由来のセシウムの汚染度を知って頂き対策して頂く事は無用な被ばく回避の観点からも非常に重要だと考えます。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1920053">全国の水道水セシウム測定プロジェクト</a>セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01を設置して頂きそれを無料で測定させて頂きます。取付は簡単で、被ばく回避も同時に出来ます。是非、ご協力下さい。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1713790">CDSW-01各地の水道水中のセシウム値</a>飲み水はもちろんの事ですが、毎日顔を洗う風呂やシャワーの水も首都圏では対策が必要なレベルの汚染。お米や野菜を洗う水、洗濯用の水なども出来ればセシウム除去した水を使ったほうが良いでしょう。その中でも特にお風呂やシャワーの水の対策を最優先して行う必要があります。理由はお湯に含まれる汚染物質の20%〜90%は、入浴中に皮膚を通して、又は湯気を吸い込む事で体内に吸収されています。最大飲料水の100倍の有害物質を浴びていると言う記述もあるからです。<ahref="http://heart.bird.to/shower/report.html">シャワーの害に関するアメリカからのレポート</a>葛飾区の蛇口水の1987年6月のデータを調べて驚愕する事実がわかりました。1987年はチェルノブイリ原発事故の翌年です。原子炉内ではセシウムとストロンチウムは1対1の比率で存在すると言われていますが、ストロンチウム(Sr-90)の値はセシウム(Cs-137)の8倍もの値でした。*参考記事http://geiger.grupo.jp/blog/1844418ストロンチウムはセシウムの300倍危険だと言われている核種で体内半減期は50年、つまり一度吸収するとほぼ生涯排出されません。毎日の風呂やシャワーのお湯で呼吸器から肺に確実に吸収し、蓄積していくのは明らかです。感情で否定してもそこに毒が存在する以上、確実に被ばくしますのでまだな方は是非対策をして下さい。<ahref="http://geiger.grupo.jp/blog/1947725">子供達にはもう時間がありません。</a>飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free737482">0ppm-RO浄水システム</a>を是非、ご検討下さい☆放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。首都圏にお住まいの方にはオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターの設置をお薦めしております。RO(逆浸透)方式の浄水器は放射性物質除去に特化しておりますが完全ではありません。飲み水に関しましては放射能を測定するものではありませんが、TDSメーターと言う不純物濃度を測定する安価なメーターがございます。そのメーターで0ppmの水を飲用される事をお薦めしております。ご自身でお使いの水はTDSメーターで数値を管理する事が大切だと考えております。最近の一番人気は我が家でも最近導入しました電気を使用しない最新型のJPN-1です。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1247337">新製品JPN-1</a>最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。(フィルター等の消耗品を除く)そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1421796">JPN-mini</a>初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)*翌々月から自動引落し、オプションは別。現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。メールでのお問い合わせはもちろん電話でのお問い合わせもお気軽に☆☎03-5629-6977 2018-08-04T10:06:00+09:00 <ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1512096">セシウム除去用シャワー浄水器</a>をご使用頂いている北海道旭川市のユーザー様分の測定を行いました。今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。ユーザー様から情報は以下になります。使用期間2018年4月6日〜2018年7月25日(111日)一日平均約1,200Lで計133,200L今回測定したのは水道水を通過させたものではなく、地下50mからの地下水です。セシウム汚染に関してはあっても極微量と判断したので、40時間の測定を行いました。(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム人工ゼオライト約50gの測定*取り出した約50gの人工ゼオライトCs-137662kev近辺に微妙なピークはあるもののこれでは検出とは言えません。定量下限値未満と判断しました。測定器iFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gなので換算値は6.4倍です。*バックグラウンド(=BG)は無汚染の人工ゼオライト50gで取得した直近のものと比較。バックグランドとは自然界や測定器そのものに、天然の放射性物質がありますので通常は検査室に検体を入れない空の状態と検体を入れた状態で比較して、正味の放射能濃度を計算する為に取得します。(2)天然ゼオライトと活性炭が吸着したセシウムそしてカートリッジの2つ目の部屋に入れたあった使用済みの天然ゼオライト50gと活性炭30gを40時間測定しました。*バックグラウンド(=BG)は無汚染の天然ゼオライト50gと活性炭30gで取得しました。こちらも定量下限値未満です。これだけの通水量で40時間測定してNDである事はセシウム汚染に関してはほとんど心配しなくても良いレベルだと考えます。こちらのユーザー様は畑に散水する水で使われているそうです。飲み水に関しましては<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free737482">0PPM-RO浄水システム</a>をご利用頂いております。初回カートリッジ交換時に無料測定をご利用頂ければ、交換時期の目安をご自身で決めて頂けます。また、多くの人に水道水に福島第一原発事故由来のセシウムの汚染度を知って頂き対策して頂く事は無用な被ばく回避の観点からも非常に重要だと考えます。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1920053">全国の水道水セシウム測定プロジェクト</a>セシウム除去用シャワー浄水器CDSW-01を設置して頂きそれを無料で測定させて頂きます。取付は簡単で、被ばく回避も同時に出来ます。是非、ご協力下さい。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free1713790">CDSW-01各地の水道水中のセシウム値</a>飲み水はもちろんの事ですが、毎日顔を洗う風呂やシャワーの水も首都圏では対策が必要なレベルの汚染。お米や野菜を洗う水、洗濯用の水なども出来ればセシウム除去した水を使ったほうが良いでしょう。その中でも特にお風呂やシャワーの水の対策を最優先して行う必要があります。理由はお湯に含まれる汚染物質の20%〜90%は、入浴中に皮膚を通して、又は湯気を吸い込む事で体内に吸収されています。最大飲料水の100倍の有害物質を浴びていると言う記述もあるからです。<ahref="http://heart.bird.to/shower/report.html">シャワーの害に関するアメリカからのレポート</a>葛飾区の蛇口水の1987年6月のデータを調べて驚愕する事実がわかりました。1987年はチェルノブイリ原発事故の翌年です。原子炉内ではセシウムとストロンチウムは1対1の比率で存在すると言われていますが、ストロンチウム(Sr-90)の値はセシウム(Cs-137)の8倍もの値でした。*参考記事http://geiger.grupo.jp/blog/1844418ストロンチウムはセシウムの300倍危険だと言われている核種で体内半減期は50年、つまり一度吸収するとほぼ生涯排出されません。毎日の風呂やシャワーのお湯で呼吸器から肺に確実に吸収し、蓄積していくのは明らかです。感情で否定してもそこに毒が存在する以上、確実に被ばくしますのでまだな方は是非対策をして下さい。<ahref="http://geiger.grupo.jp/blog/1947725">子供達にはもう時間がありません。</a>飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/free737482">0ppm-RO浄水システム</a>を是非、ご検討下さい☆放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。首都圏にお住まいの方にはオプションのDI(イオン交換樹脂)フィルターの設置をお薦めしております。RO(逆浸透)方式の浄水器は放射性物質除去に特化しておりますが完全ではありません。飲み水に関しましては放射能を測定するものではありませんが、TDSメーターと言う不純物濃度を測定する安価なメーターがございます。そのメーターで0ppmの水を飲用される事をお薦めしております。ご自身でお使いの水はTDSメーターで数値を管理する事が大切だと考えております。最近の一番人気は我が家でも最近導入しました電気を使用しない最新型のJPN-1です。<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1247337">新製品JPN-1</a>最大の特徴は従来のRO浄水器と違い、電気を使わずに水を造れる事です。そして長期の5年保証、各部のパーツの耐久性が大幅にアップしています。(フィルター等の消耗品を除く)そしてレンタル1番人気はレンタル専用モデルのこちら!<ahref="http://cdcreation.grupo.jp/blog/1421796">JPN-mini</a>初回設置時に10,000円(税別)月々4,800円(税込)*翌々月から自動引落し、オプションは別。現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。メールでのお問い合わせはもちろん電話でのお問い合わせもお気軽に☆☎03-5629-6977