本日 67 人 - 昨日 614 人 - 累計 769295 人
  • 記事検索

RSS

液体の測定(3)

放射能測定検査で先週の木曜日に尿の検体を持ち込んで下さったので、測定を行いました。
持ち込んで下さった時はバックグランド(=BG)取得中でしたので、それが終わってからの測定です。

金曜日から土曜日にかけて16時間測定したものが下記のデータです。

E.S.620r-16h


Csのピークもハッキリ出ています。
こちらの検体はお持ち込み頂いたご本人のものではなく、お母様のものだと言う事です。
ご自身は普段から極力、食材、水、マスクを着用されるなど、気をつけていらっしゃいます。
最近、測定されたご自身と娘さんは定量下限値未満(1Bq/kg)でした。
お母様は普段の食事は千葉県産等のブレンドされたお米を食べ、おかずもまかないもので産地は関東産と思われるとの事でした。
お水は浄水器(RO逆浸透ではない)を通した水道水を飲んでいて、牛乳に関しても無関心だったので九州産にするように言って最近、変えたそうです。


今迄、数多くの検体の測定を行ってきて、公表して下さった方の尿の数値としては2番目に高い数値でした。
ピークはハッキリ出ていますが、Cs-134とCs-137の比率が逆転しているので念の為、日曜日に雨が小雨になってから月曜日にかけて再測定しました。

ES622-16H

今度はCsの比率も改善されておりますが、数値としては少し低く出ましたが、Csのピークがハッキリしている事から検出と判断しました。


過去の公表の測定値専用掲示板にアップして下さった方での尿の最高値は1.77Bq/kgでした。
食事、水には気をつけているが外食が多い方とのコメントでした。

液体中のセシウムの測定は特に難しいです。
液体の場合は試料も液体で検証する必要があります。

液体中のセシウムの測定

液体中のセシウムの測定(2)

上記も参考にしてみて下さい。


最近、来社頂く方もまた増えてきています。
検体のお持ち込みも大歓迎です。

放射能測定検査


まずはご相談下さい。
電話でのお問い合わせもお気軽に☆

☎03-5629-6977

| 09:20 | 未分類