本日 233 人 - 昨日 609 人 - 累計 642429 人
  • 記事検索

RSS

渋谷区の水道水セシウム測定

0PPM-RO浄水システムをご使用頂いている東京都渋谷区のお客様が約1年使用したDIフィルターをカットし中身のイオン交換樹脂を320g取り出し、iFKR-ZIP-Aでセシウム検査を行いました。

DIshibuya112-4h
セシウム総量(Cs-134、Cs-137)で3.5Bq/kgです。



RO(逆浸透)の心臓部分であるメンブレンフィルターは99%除去タイプを使用しておりますが除去率は100%ではありません。
除去出来なかった約1%のセシウムを更に除去する為にDIフィルターがオプション設定されております。
その除去出来なかった約1%のセシウムをDIフィルターをカットし中身のイオン交換樹脂を320g取り出し測定した数値です。

IMG_3404
交換時TDSメーター値7ppm

交換時のTDSメーター値によりバラツキはありますが都内では測定したすべてのDIフィルターから福島第一原発事故由来のセシウムが検出されています。
現在、オプション設定されているDIフィルターは都内では必須と考えます。

練馬区の水道水、5.6Bq/kg
葛飾区の水道水、4.2Bq/kg
中央区の水道水、12Bq/kg

現在、販売されている浄水器でセシウム、ストロンチウム、ウラン系、ヨウ素などの放射性物質を除去出来るのはRO(逆浸透)方式の浄水器のみです。

DIフィルターはメンブレンフィルターと違い中身のイオン交換樹脂にセシウムを吸着させて除去します。
DIフィルターはオプションを追加頂くとTDSメーター値で0ppmになり安全性を更に高めます。
*オプション設定なしの場合はTDSメーター値はおおむね4~6ppm程度、地域により異なります。

DIフィルターのおおよその交換時期の目安はTDSメーターで4〜6ppm程度が適当ではないかと考えます。

0PPM-RO浄水システム


次回は横浜市のお客様のDIフィルター測定結果をお知らせ致します。

| 17:34 | 未分類
次の記事