本日 307 人 - 昨日 714 人 - 累計 939544 人
  • 記事検索

  • 更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
RSS

埼玉県産茶葉の測定

今週の水曜日の夜に埼玉県産茶葉の検体をご持参頂きましたので、早速測定してみました。

検体の正味期限は2020年12月30日で新茶、さやま茶のミックスです。


IMG_4645

C.精密検査 測定下限値1Bq/kg 16時間検査を行いました。
検体重量は170gで規定の320gではありませんので検出下限値は約
1.88Bq/kgとなります。


詳しくは放射能測定検査をご欄下さい!

お茶埼玉ミックス529-16h
表示Cs-134 0.8Bq/kg Cs-137 1.8Bq/kg
Cs-134+Cs-137 2.6Bq/kg

重量換算参考値 4.88Bq/kg

Cs-134のピークも明確な事から福島第一原子力発電所由来のセシウム汚染です。

使用放射能測定器:iFKR-ZIP-A
測定時間:57,600秒
測定者:鈴木優彰
測定日:2020年5月29日(終了時)
BG(=バックグラウンド)はコンプトン散乱の影響を排除する為に
K40が含まれるBGを20時間取得しました。

放射能測定器であるiFKR-ZIP-Aの基本検体量は320g(2つの部屋に別れているのでそれぞれ160g)です。
その基本検体量に満たない場合は重量換算で1kgあたりのベクレル値を出しています。
つまり本来320g必要である検体量が今回は130gなので表記の数値に2.46倍すると1kgあたりの数値が出てきます。
この重量換算値につきましては実際に濃度がわかった試料で検証をしております。


詳しくは換算値について

規定の320gの重量がない検体の場合もお気軽にご相談下さい。

2020年6月11日までお得なキャンペーン中です!

セシウム検査 割引キャンペーン!

気になる検体をこの機会に測定してみませんか?

ご質問等ございましたらお気軽にご連絡を!!

電話でのお問い合わせもお気軽に!!!


担当:鈴木まで


☎03-5629-6977

| 10:27 | 未分類