本日 455 人 - 昨日 755 人 - 累計 740320 人
  • 記事検索

RSS

荒川の汚泥のセシウム汚染(2)

去年に続き奥秩父に源を発する埼玉県及び東京都を流れ東京湾に注ぐ一級河川の荒川(葛飾区堀切)の汚泥を採取し、それを測定した。

東京湾の河口から約10km程度の汚泥のセシウム汚染調査。
採取した汚泥は干潮で普段は川底のものを2019年6月9日に採取。採取場所は去年とほぼ同じ場所で重量 321g (Net)

堀切橋



ArakawaOdei610-10h

Cs-134 5.2Bq/kg、Cs-137 39.3Bq/kg、Cs-All 44.5Bq/kg


去年、同月に測定した値とほぼ変化がない。東京湾河口域の汚泥から比べると汚染度は低く感じられるかもしれないが、中流域の汚泥にも蓄積している。

荒川の汚泥のセシウム汚染、2018年6月

放射能汚染問題の一番恐ろしいところは目に見えず無味無臭であると言う事。
水道水はほぼ透明、皮膚の汚れを落す為に人々は日々、シャワーやお風呂に入る。
しかしその毎日浴びている見た目はキレイな水道水中に福島第一原子力発電所由来のセシウムがある事を今一度、自覚する必要がある。


お湯に含まれる汚染物質の20%〜90%は、入浴中及びシャワー中に皮膚を通して、又は湯気を吸い込む事で、体内に吸収されています。
著者 IS THIS YOUR CHILD  ドリス・Jラップ女史ニューヨーク州立大学臨床小児科助教授医学博士


これらの人々はシャワーとお風呂から『飲料水の6倍〜100倍の有害物質』を浴びている。
ニューサイエンティスト イーアン・アンダーソン


『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』
http://heart.bird.to/shower/report.html


セシウム汚染は目には見えないが、測定すれば数値はわかります。
セシウム除去用シャワー浄水器 CDSW-01各地の水道水中のセシウム値

風呂やシャワーまで気にしていたら切りがないと感情で否定せずに、現実を見て是非出来る対策をして欲しいと思います。

手軽に低価格で出来る対策もあります。
材料させ揃えばわずか5分で対策出来ます!


image1 (

風呂とシャワーの水対策


ご自身が実際にお使いの水道水のセシウム濃度をまずは知る事が大変重要です。
そして同時に被ばく対策をする事は更に重要です。
それはセシウムの300倍危険と言われているストロンチウムなど他の原発から放出された核種を考慮する必要があるからです。

是非、ご協力をお願い致します。


詳しくは全国の水道水セシウム測定プロジェクトを是非ご欄下さい。
送料無料など特典もございます。


飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な0ppm-RO浄水システムを是非、ご検討下さい☆
放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。

ペットボトル1

現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!


ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-6977

| 09:52 | 未分類