本日 8484 人 - 昨日 1480 人 - 累計 511726 人
  • 記事検索

RSS

山形県寒河江市の水道水のセシウム汚染

CDSW-01 セシウム除去用シャワー浄水器をご使用頂いている山形県寒河江市のユーザー様分の測定を行いました。


今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト約50g+活性炭約30gです。

CDSW-01img_c

フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。

ユーザー様からご申告の通水量は約216,000Lです。
首都圏などと比べ汚染度は低いものと判断しそれぞれ16時間の測定を行いました。


(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム


人工ゼオライト約50gの測定を16時間行いました。

NZYamagataF620-16h
表示はCs-All −0.3Bq/kg
*スペクトルを見てCs-137 662Kev近辺のピークもない事からND定量下限値未満と判断しました。


*バックグラウンド(=BG)は無汚染の人工ゼオライト50gで72,000秒測定して取得した直近のものと比較。

バックグランドとは自然界や測定器そのものに、天然の放射性物質がありますので通常は検査室に検体を入れない空の状態と検体を入れた状態で比較して、正味の放射能濃度を計算する為に取得します。

(2)天然ゼオライトと活性炭が吸着したセシウム

そしてカートリッジの2つ目の部屋に入れたあった使用済みの天然ゼオライト50gと活性炭30gをやはり16時間測定しました。

Z50K30gYamagataF621-16h
表示はCs-All 0.7Bq/kg

*バックグラウンド(=BG)は無汚染の天然ゼオライト50gと活性炭30gを20時間測定して取得しました。
こちらもCs-137近辺には明確なピークはなく662Kev近辺には多くの天然核種もある為にこのスペクトルでは検出とは言えません。

今回は通水量は通水量もある程度ありNDでした。
数日前に測定した同じ山形県寒河江市のデータもNDだった事から寒河江市の水道水汚染はかなり少ないと推測出来ます。

参考記事

ここのとろこ福島県と隣接する東北地方の宮城県と山形県のカートリッジ測定を
行いましたが、いずれも福島県から距離が離れている東京、千葉などの関東と比べて水道水に関してはセシウム汚染が少ない事がわかりました。

東京都の最新のデータでは前回の数値と比べると約145%でまったく同じ通水量で同じ場所にも関わらず大幅に汚染は進行しています。

カートリッジ別Cs値
40,000Lでカートリッジが吸着したセシウム値の比較

1.2017.5.5〜2017.8.22 (109日)Cs-All 516.72Bq/Kg

2.2017.9.26〜2018.1.14(111日)Cs-All 268.72Bq/kg

3.2018.2.7〜20.18.5.18(101日)Cs-All 367.68Bq/kg


それぞれ1Lあたりに換算すると

1.2017.5.5〜2017.8.22 (109日)0.0129Bq/L

2.2017.9.26〜2018.1.14(111日)0.0067Bq/L

3.2018.2.7〜20.18.5.18(101日)0.0091Bq/L


Bq.L


水道水は大切なライフラインです。
汚染の進行の推移を把握する事は大変重要です。
水がめである貯水池、ダム湖などの底に沈殿している粒子状のセシウムがバクテリアなどに分解されいつ水溶性になるのかは検証し続けなければわかりません。
現にチェルノブイリ事故13年後に川の汚染度が急激に高くなった事例があります。

全国の水道水セシウム測定プロジェクトを立ち上げた最大の理由は行政による測定が決定的に不足しているからです。

また東京都水道局の測定は測定下限値が高い為に検査したという既成事実を作る為の測定であり、都民の命を守る為の測定ではありません。
原子力規制委員会は平成28年度以降、毎年6月に環境放射能水準調査と同一の地点において、蛇口水を採取、測定しデータを公表しています。
東京都は同じ葛飾区のデータを公表していますのでグラフで比較してみました。

葛飾区水道水2018
作成:川根 眞也様

例え微量でも毎日、猛毒であるセシウムを摂取し続ければ人体に蓄積していきます。
子供でも考えればわかる事です。
東京都だけの問題ではありません。

今年測定した通水量が明確な千葉県千葉市の水道水のセシウム汚染は更に深刻です。


32,487Lでカートリッジに吸着した福島第一原子力発電所事故由来のセシウム総量は668.64Bq/kgにも達します。
1Lあたりに換算すると0.0206Bqのセシウム汚染です。


蛇口水千葉県比較

参考記事


水道水には確実に猛毒である福島第一原子力発電所事故由来のセシウムが含まれているので浴槽に貯めるお湯もシャワー浄水器を通したものを追い炊きして使用しています。
例えば一日平均浴槽とシャワーで500Lのお湯を使用すると1Lあたりの汚染が例え0.02ベクレルでも一日あたりセシウム10ベクレル/キロの汚染水を浴びる計算になります。
1年で3,650ベクレル、3年浴び続けれあ10,950ベクレルにもなります。


『シャワーの害に関するアメリカからのレポート』:http://heart.bird.to/shower/report.html

『汚染物質の20%~90%は、入浴中及びシャワー中に皮膚を通して、又は湯気を吸い込む事で、体内に吸収されています。』という恐ろしい記述もあります。
毎日の風呂やシャワーで仮に90%が人体に吸収される事が本当なら、3年浴びれば9,855ベクレル。
4人家族だと仮定すると一人約2,500ベクレルものセシウムが人体に吸収されてしまう事になります。
しばらくは何ともないかもしれませんが、汚染水を浴び続ければ人体に蓄積される猛毒のセシウムがその人の致死量に達する事は容易に想像がつきます。
だから例え微量でも毎日摂取する事は出来る限り避けなければならないと警告し続けてきました。


ご自身が実際にお使いの水道水のセシウム濃度をまずは知る事が大変重要です。
そして同時に被ばく対策をする事は更に重要です。

是非、ご協力をお願い致します。


詳しくは全国の水道水セシウム測定プロジェクトを是非ご欄下さい。
送料無料など特典もございます。


飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系など除去可能な0ppm-RO浄水システムを是非、ご検討下さい☆
放射性物質以外の危険物質も高い除去率です。


現在、ペットボトル等をご購入頂いている方は破棄の手間ももちろんですが、コスト面でも比較してみて下さい!


ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-6977

| 08:34 | 未分類
前の記事
次の記事