本日 508 人 - 昨日 381 人 - 累計 377137 人 ショッピングカート サイトマップ
  • 記事検索

RSS

宮城県仙台市の水道水のセシウム汚染

2016年11月に水道水のセシウム除去に特化したセシウム除去用シャワー浄水器を2016年12月からご使用頂いているユーザー様分の測定を行いました。
今回、測定したゼオライトはカートリッジ内の上部に入っている約50gの人工ゼオライト及び下部に入っている天然ゼオライト+活性炭です。

画像

フィルター1を通過したお湯はまず人工ゼオライトを通り、フィルター2を通過後に更に天然ゼオライト50gと活性炭30gがまざった2つ目の部屋を通過する2層構造になっています。

今回測定させて頂いたユーザー様の情報によりますと
ご使用された期間は2016年12月13日~2017年8月15日(246日)、通水量は約120,000Lとの事です。



(1)人工ゼオライトが吸着したセシウム



人工ゼオライト約50gの測定を3時間行いました。

画像

表示はCs-All 20Bq/kg
*バックグラウンド(=BG)は無汚染の人工ゼオライト50gで取得したものと比較。
バックグラウンド(=BG)はより正確性を担保する為に直近のデータを使用しました。
バックグランドとは自然界や測定器そのものに、天然の放射性物質がありますので
検査室に検体を入れない空の状態と検体を入れた状態で比較して、正味の放射能濃度を計算する為に取得します。
iFKR-ZIP-Aは検体量が320gあるとして、数値が出されます。この場合、人工ゼオライトは50gですから、6.4倍に換算する必要があります。

セシウム総量128Bq/kg

(2)天然ゼオライトと活性炭が吸着したセシウム

そしてカートリッジの2つ目の部屋に入れたあった使用済みの天然ゼオライト50gと活性炭30gを4時間測定しました。

画像
表示はCs-All 10.7Bq/kg

*バックグラウンド(=BG)は無汚染の天然ゼオライト50gと活性炭30gを20時間測定して取得しました。
こちらは合計で80g使用しましたので換算値は4倍で計算しますと42.8Bq/kg

カートリッジが吸着したセシウム総量 170.8Bq/kg

通水量から計算すると1リットルあたりのセシウムは0.00142Bqです。
汚染源の福島県から距離的には東京に比べて近いですが、東京の汚染より一桁低い事がわかりました。
数ある人工ゼオライトを試しましたがこれだけ セシウムを吸着するものはありませんでした。
イオン交換樹脂も度重なるテストで吸着率は高い事はわかっていますが、吸着させる為に液体の検体を撹拌する必要があります。
通水させるだけでは吸着率は極端に落ちる事が実験からわかっています。

参考:イオン交換樹脂吸着法による微量放射能測定の可能性について


セシウム除去用シャワー浄水器に採用している人工ゼオライトは水道水中の微量のセシウム除去はもちろんの事、定量にも有効だと思います。


原発から流出した核種はセシウムだけではありません。
その300倍危険だと言われているストロンチウムは原子炉内ではセシウムと1:1の比率で存在します。
例え微量でも毎日呼吸器から肺に吸収してしまう事を真剣に考え、そして対策して欲しいと思います。


*参考 シャワーの害に関するアメリカからのレポート:http://heart.bird.to/shower/report.html

水道水のセシウム除去に特化したセシウム除去用シャワー浄水器


ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-6977

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
| 08:26 | 未分類

前の記事 次の記事