本日 102 人 - 昨日 337 人 - 累計 263139 人 [サイトマップ]
  • 記事検索

RSS

洗濯機に設置のカートリッジの測定

洗濯機は一度に大量の水を使うので毎日着る下着やタオル、洋服などを洗う時に、出来ればセシウムが含まれてない水で洗いたいものです。

画像


前回、30日データではセシウム総量は35.2Bq/kgでした。

30日ごとに測定を行う筈でしたが、他の測定などで遅れてしまい使用開始した2016年12月1日から2017年2月13日の74日目で再度測定を行ってみました。


カートリッジ中身の人工ゼオライト約50g(水分が含まれている為に50gを超えています)を取り出し3時間の測定を行いました。

画像


測定器のiFKR-ZIP-Aは必要な試料量は320gです。
今回、50gの測定を行いましたので出てきた数値を6.4倍すると1kgあたりの換算値です。

換算値については詳しくはこちらをご欄下さい。

画像

Cs-134+Cs-137の合計は14Bq/kg表示ですので、それの6.4倍が参考換算値です。

セシウム総量89.6Bq/kgです。

水の使用量は日によって違うので正確には把握出来ませんが、平均すると一日あたりのセシウムは約1.2Bq/kgです。

シャワーと違い、洗濯機の浄水の場合は、皮膚や呼吸器から人体に直接吸収する事はありませんが毎日どの程度、下着やタオル、洋服などに付着しているかは、わかりません。
Cs-134の存在も明確である以上、他の測定されてない核種は考慮すべきかもしれません。

洗濯物など気になる方はお試し下さい。


詳細は洗濯機取付け例(CDSW-01)でご確認下さい。

画像

安価で出来る簡易フィルターの作り方を写真付きで説明した記事も是非ご欄下さい。
この簡易フィルターを工夫して利用する事も可能かもしれません。

風呂とシャワーのセシウム対策

飲料水はセシウム、ストロンチウム、ヨウ素など除去可能な0ppm-RO浄水システムを是非、ご検討下さい☆

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-6977

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
| 16:21 | 未分類 | Comments:0

前の記事 次の記事