本日 31 人 - 昨日 355 人 - 累計 287903 人 ショッピングカート サイトマップ
  • 記事検索

RSS

新しい人工ゼオライトの吸着テスト

先月に協力者が持ち込んでくれた新しい人工ゼオライトのテストを行いました。

画像

画像上の茶色の球形のものですが、突起物が付いている独特な形状です。
天然ゼオライトに比べると価格も10倍以上しますが、現在使用している人工ゼオライトに比べると遥かに安価ですので、吸着率に期待して10日間のテストを行いました。

カートリッジ上下に約200gを入れ、予め無汚染のこの人工ゼオライト200gのBGを20時間取得して比較しました。

画像

K-40のピークがあり、ゼオライト以外のものも多く含まれているスペクトルです。
Cs-137はありそうですが、明確なピークはありません。
重量換算値は6.56Bq/kgなのでいずれにしても現在採用している人工ゼオライトに吸着率は及びません。

人工ゼオライトは3種類試しましたが、やはり現在採用しているものがベストです。

画像

こちらのスペクトルは採用している人工ゼオライトです。
スペクトルの形状が上と比較するとまったく違い、Cs-137とCs-134のピークもキレイに出ています。


原発から流出した核種はセシウムだけではありません。
その300倍危険だと言われているストロンチウムは原子炉内ではセシウムと1:1の比率で存在します。
毎日大量に呼吸器や皮膚から吸収してしまう事を真剣に考え、そして対策して欲しいと思います。


*参考 シャワーの害に関するアメリカからのレポート:http://heart.bird.to/shower/report.html


簡単に自作出来る簡易フィルターでも、毎日浴槽にためる水を浄水させるだけでもセシウム除去効果は確実にある事が実験からわかっています。
実際に240ℓの水を毎日通過させ、200日で総通水量約48,000ℓでセシウム325.2Bq/kgを除去しました。

何もしないより遥かに安全なのは間違いありませんので、特に小さいお子さんがいる首都圏の家庭では是非対策して欲しいと思います。

画像

詳しくは2016年7月26日記事をご参照下さい。

手軽に作れる簡易フィルターの作り方を写真付きで説明した記事も是非ご欄下さい。

風呂とシャワーのセシウム対策



Cs-137やSr-90は半減期が30年、300年経っても完全には消えません。
特に、東北、関東地方の水道水を利用している方には是非使って頂きたいと願います。

セシウム除去に特化したシャワー浄水器も是非、ご検討下さい☆

セシウム除去用シャワー浄水器、CDSW-01

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせもお気軽に☆


☎03-5629-6977

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
| 22:04 | 未分類 | Comments:0

前の記事 次の記事