本日 49 人 - 昨日 501 人 - 累計 368749 人 ショッピングカート サイトマップ
  • 記事検索

RSS

iFKR-254

スペクトルサーベイメーターは本来、放射線量を測定するものですが、iFKR-254の最大の特徴はスペクトル表示を見てセシウム(Cs-134、Cs-137)の有無を確認出来る事です。

iFKR-254はFindモードでセシウムを確定させる秘密兵器があります。

このiFKR-254で測定すると室内の線量は概ね0.04~0.05μSv/h程度です。

当然、BGにより違いがありますがどの程度の放射能濃度の検体を測定出来るかの検証をしてみました。


それぞれ、1,000秒の測定でFindモード表示です。

BG

画像

傘のビニール部分約81gでiFKR-ZIP-AでCs-All 表示47.2Bq

画像

東京で使用の1本のビニール傘から180Bq/kg超

土壌150gで同じくiFKR-ZIP-AでCs-All 表示 384.5Bq/kg


画像
*ZIP-Aデータ
画像


Cs-137のチップ線源に鉛を巻いて遮蔽して約10,800Bqに調整したもの



画像
*ZIP-Aデータ
画像


iFKR-254の感度は26,000cpm μSv/hでサーベイメーターとしては高感度です。
更に高感度なiFKR-508は感度 100,000cpm μSv/hもありますが、やはり微量な汚染の食品などを測定するには不向きです。


傘のビニールの例で説明させて頂きます。
例えば1Kgあたり180Bq/kgのタケノコを81g測定したと仮定した場合、やっと検出出来るレベルです。
しかも測定した場所のBGによりますので必ず検出出来るとも限りません。

微量に汚染した食品を測定する場合は必ず検体を遮蔽する事が必要です。

iFKR-254Optionでおおむね10Bq/kg程度まで測定可能ですが、微量の放射能測定は専用の下記の放射能測定器をお薦め致します。

mFKR測定下限値 3Bq/kg(メーカー公表値、必要検体量/200g)

iFKR-ZIP-A測定下限値 1Bq/kg(メーカー公表値、必要検体量/320g)

iFKR-ZIP-Pro測定下限値 0.5Bq/kg(メーカー公表値、必要検体量/100g)

*測定方法により0.0XBq/kg以下可能
液体中に含まれる微量のセシウム測定方法参照

現在、SMTX社製のFKRシリーズご予約の方に特典をご用意しております。

測定器に興味がある方はお気軽に質問頂ければ幸いです。

電話でのお問い合わせもお気軽に!


☎03-5629-6977

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
| 17:47 | 未分類

前の記事 次の記事