本日 411 人 - 昨日 426 人 - 累計 704443 人
  • 記事検索

RSS

水道水検査につきまして

S.精密検査の水道水の測定依頼が最近少しずつ増えてきています。
検体量によりまして検出下限値が異なる為により詳しく説明させて頂きます。

検体量と検出下限に関しまして

水道水(井戸水など)などの検査の場合の検体量は基本的に1L以上5Lまでとさせて頂きます。
作業時間の関係上、こちらで前処理を行う場合は5Lまで同料金になります。
検体量により検出下限値が違いますので下記を目安にして下さい。

セシウム総量(Cs-134、Cs-137)

1Lの場合  0.3Bq/kg

2Lの場合 0.16Bq/kg

3Lの場合 0.1Bq/kg

4Lの場合 0.08Bq/kg

5Lの場合 0.06Bq/kg


*ご用意頂く検体量が多い程、より精密な検査が可能です。
それ5L以上の検体量で測定をご希望の方はご相談下さい。
例えばTDSメーターなどをお持ちの方はお客様で10L以上で前処理を行って頂く事も可能です。
前処理法など詳しく説明させて頂きますのでまずはご相談下さい。
*前処理を行って頂く場合はTDSメーターが必要です。(通販などで3,000円程度で購入可能です。)


尿の場合は前処理の関係上、検体量は800ccまでとさせて頂いております。

詳しくはこちらをご欄下さい。

放射能測定検査

その他、ご質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい

電話でのお問い合わせもお気軽に!


☎03-5629-6977

| 10:39 | 未分類